2016年7月

記事投稿:瀬戸 秀夫

2016年07月26日山登り

 暑い時期は避けていますが、時々山登りを楽しみます。

2016072601.jpg

以前、四国最高峰の石鎚山に登ったこともあります。

広島では、30以上の山に登りましたが、中でも思い出に残るのが、瀬戸内の島での登山です。

2016072602.jpg

これは、江田島の“古鷹山”です。鷹が翼を広げた姿のように見えます。

標高394mほどなので、1時間半ほどで山頂に着き、山登り、というよりは、山歩き、ぐらいかもしれませんが、どんな山でも、登りでしんどい思いをしながら、「こなけりゃよかったかなあ」とぼやいています。しかし・・・山頂に到着したときの達成感といったら!いつも「やっぱり来てよかった!」と心がすっと晴れる思いです。

2016072603.jpg

この山も、山頂からの360度の展望をおおいに楽しめました。以前、山で出あった人が、「山頂からの風景は、がんばって登った自分へのごほうび」と言っていました。

2016072604.jpg

島の登山は、船で島に行って、そこから山に登るので、海も山も楽しめるのが魅力です。

秋になって涼しくなってきたら、香川の山にも登りたいと思っています。


投稿時間:10:27 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲