2018年06月19日 (火)

そこにある時間

FUJIKO.JPG

ピアニストのフジコ・ヘミングさんと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さん。この回については言葉での説明は不要だと思います。フジコさんの音楽に聴きほれ、田川さんのビーズ刺繍にうっとりし、おふたりの話に耳を傾ける・・・番組をご覧になる皆様が、そうなっていただく事がわたしたちの願いです。

 ・・・なのですが、もうひとつだけ。

現在、フジコ・ヘミングさんのドキュメンタリー映画「フジコ・ヘミングの時間」(小松莊一良監督)が公開されています。私はこのタイトルから、フジコさんの中で時はどのように刻まれているのだろうか、フジコさんの音楽を鑑賞する時間は何と豊かな贈り物だろうか、などいろいろな「時間」を想像しました。

田川さんの作品にも、さまざまな「時間」が流れています。すべて手作業という膨大な時間の蓄積、インドなど世界各国で技が磨かれてきた歴史という時間、田川さんによって作品となったビーズはいつまでもキラキラ光るだろうという未来への時間。

 今回のおふたりの話の中にも、想像力にあふれた希有な時間が流れています。そんな時間をお楽しみください。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:02 | 固定リンク


  
2018年06月04日 (月)

スウィングしなけりゃプロレスじゃない

CHONO3.JPG

東京六本木、ピアノが置かれたステージに現れた、男性と女性の出演者。服装、たたずまい、スキがありません。ジャズピアニスト大西順子さん、そしてプロレスラー蝶野正洋さん。「磨き上げられた大人」の2人です。そして蝶野さん以外、誰もお客さんがいない静寂な空間で大西さんがピアノを奏でる。ぜいたくとはこういう事を言うのでしょう。仕事とはいえ、そのおこぼれに預かることが出来る我々も、本当に幸せ者です・・・

 さかのぼること1か月前。「SWITCHインタビュー達人達」の企画会議では、組み合わせについて一番時間をかけて検討します。お話をする2人の関係が近すぎても遠すぎても上手くいかない・・・。しかし「蝶野正洋さん×大西順子さん」は、全員一致、まさに即決でした。もちろんお二人は過去一緒にお仕事をなさった等の接点はありません。大西さんはある程度プロレスのファンだったようですが、蝶野さんはジャズに関しては完全に“白紙”の状態。でも、なぜか「面白くなる」という直感を、スタッフ全員が瞬時に感じたのです。

 そして迎えた本番。同世代で、育った地域も近かった事もあって、話はスムーズに進んでいきます。プロレスに関わる人あこがれの後楽園ホールでは、何と蝶野さんが大西さんに「あの」技を!(マネージャーさん曰く、めったにそのような事はなさらないそうです)

そして迎えたのが、冒頭に記した後半の収録でした。

 ここで、「プロレスとジャズの共通点」という話題になり、トークがさらに“スウィング”していきます。2人の達人による解説は明快で独創的。蝶野さんの振りを大西さんが巧みに受けて大技を繰り出す、あるいは大西さんの“ソロ”に、蝶野さんも“ソロ”で応酬する・・・事前の直感を上回る面白い展開になっていきました。

そして最後、これからの目標は?という話題になった時です。蝶野さんから必殺のフレーズが飛び出しました。「〇〇で最後の試合がしたい」(たぶん皆さんの予想とは違う内容です)。あれだけ大勢のファンを熱狂させたからこそ出てきた言葉、そこに込められたプロレスへの愛、59分間を締めくくるにふさわしい美しいメロディーでした。

この日は偶然にも大西さんの誕生日。収録が終わって花束を贈る蝶野さんと受け取る大西さん、背景には東京の夜景。

キマりすぎるのがバッチリ似合う、最強のタッグでした。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:45 | 固定リンク


  
2018年05月28日 (月)

Eテレ PM10時

MASUDA.PNG

今回は、収録の模様をスポーツ実況風にご紹介。

こちらは快晴の都内陸上グラウンドです。あ、元宝塚トップスター、早霧せいなさんがやってきました。ランニング・ウェアに身を包んだ早霧さん、スタイル抜群似合ってる、そして朝7時にも関わらずハイテンションです!

さあ最初の撮影は、マラソン解説でもおなじみ、増田明美さんと出会いのシーンですが・・・

おっと早霧さんいきなりダッシュ。「増田さんを見つけたら小走りに駆け寄って・・・」という打合せだったのに、速い速い、速すぎる。カメラマンと音声マンが遅れ始めた、プロデューサーは頭を抱えている、大丈夫なのか今回の収録~!?

 読みにくいので実況風はここまでとしますが、収録は本当にこの通りに始まりました。

宝塚の舞台で鍛え上げられた早霧さん、身体能力もすごいです。

このシーン、第一生命女子陸上部さんと、監督の山下佐知子さんのご協力を得て撮影されました。有り難うございました。世界陸上で銀メダルを獲得した山下監督、現役時代と変わらぬ姿で元気いっぱい。そして撮影の間練習をしている選手たちのスピードたるや。これまたすごかったです。

 そして後半は舞台が変わって、早霧さんが舞台の稽古を行っている都内のスタジオへ。稽古の合間に、増田さんは早速取材開始。共演の俳優さんや演出スタッフに、早霧さんについて聞き込みです。もし舞台の実況中継があったら・・・

 (増田)「主役の早霧さんはですね、毎朝〇〇を3つも食べてくるんですよ」「子どもの頃は人見知りで、妹さんに頼りっきりだったそうです」(※内容はフィクションです)

 なんて事になったのでしょうか。それにしても、初対面の人ばかりなのに、すっと相手の懐に入る増田さんはスゴイです。ランナーとして天才なのは言うまでもありませんが、取材者としても天才じゃないかと、感じさせられました。

 肝心の収録ですが、話が弾む弾む。休憩時間の間も、ずっとお話ししていました。増田さんはもちろんですが、早霧さんの相手の話を正面で受け止めて、常に明るく進めていくトーク術にも感服しました。新しい魅力いっぱいの59分になっています!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:31 | 固定リンク


  
2018年05月14日 (月)

やわな体じゃ語れない

REIJI.JPG

文楽、ぶんらく、 BUNRAKU。どう表記してもちょっと身構えてしまう、そんな方は、実際に生で文楽をご覧になるとイメージが変わると思います。

今回ご出演いただいた文楽太夫、六代目竹本織太夫さん。その語りを間近で見ると、体が破裂してしまうのではないかと思うぐらいの熱演。それで長いときには90分近く語ることもあるというから驚きです。といっても40代、50代はまだ「若手」と呼ばれるというこの世界、単に「体力がある」という訳ではありません。体から発せられる熱量というのでしょうか、「体の芯」が強い、という感じなのです。

 そして対談相手は、「帝京ボ~ル」など数々のモノマネでもおなじみの漫才コンビ中川家の礼二さん。礼二さんがモノマネするのは、ラグビーのレフリー、駅員、入国審査の職員、普通のおっちゃん、いずれも市井の人ばかりですが、なぜか「あるある、いるいる」と思ってしまいます。今回、「デパートの駐車場で整理をする人」のモノマネを披露していただいたのですが、これよく見ると、体の動きのキレが異常に良い!リズミカルで指の先まで動きにムダが無い、それが面白さの秘密なのか?と感じてしまいました。

 この語りの名手のお二人が、口をそろえて大事だとおっしゃっていたのが「横にならない」。ん?どういうこと?って思いますよね。納得のいく「語り」をするために、体のコンディションを整える、実にプロフェッショナルな意味が込められているので、ぜひお楽しみにしてください。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:28 | 固定リンク


  
2018年05月08日 (火)

「幻のマドンナ」と巨匠のトーク!

AOI.JPG

今回のSWITCHは、巨匠・山田洋次監督が登場!御年86歳となった今も次々と新作を撮り、家族を通して日本人を見つめ続けています。対するは女優・蒼井優さん!実力派としてこちらも数々の映画に出演し続け、今年の日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を受賞しました。蒼井さんはすで5本の山田作品に参加していますが、監督曰く「こういう風にいかめしく」じっくりと話すのは初めて、とのこと。さらに「寅さんが生きている頃に彼女も一人前の女優であれば、当然マドンナになってもらったと思う」とも!「幻のマドンナ」と巨匠のトークはどうなるのか?期待に胸ふくらませ収録にうかがいました。

 番組前半の現場は葛飾区柴又・寅さん記念館。山田監督の代表作『男はつらいよ』シリーズでおなじみの団子屋さん「くるまや」が、実際に撮影で使用されていたセットを移設して再現されています。そのほかにも寅さんの小道具や監督が実際に使用していたメガホンなどが展示され、一歩足を踏み入れれば気分はフーテンの寅。そして「くるまや」のセットに入った蒼井さんは、本当に「男はつらいよ」のマドンナのよう。対面した山田監督も思わず、「また寅さん撮りたくなっちゃった」と一言。早くも映画女優と巨匠のオーラを感じます。

トークは「山田監督の映画はファンタジー要素がある」という蒼井さんの意外な一言で始まります。山田映画に描かれる家族は、自分の今生きている社会であまり見たことのない人間関係なのだ、と。この一言に山田監督も「そんな風に僕の映画言ってくれた人はいない」と応じ、そこから話は「家族」を撮り続けてきた山田監督の映画論・監督論、そして人間論へ。

そして後半の現場は、『寅さん記念館』に隣接する「山本亭」。大正末期に建てられた和洋折衷の由緒ある建築で、特に美しい日本庭園が有名です。その庭園に面した和室の縁側でお2人が並んで晩春の庭を見ながらトーク。今度はまさに小津安二郎の世界に入り込んでしまったかのような・・・。

ここでのトークのメインテーマはもちろん女優論。16歳でデビュー後、順調にキャリアを重ねてきたかに見える蒼井さんがぶつかっていた壁についてのお話や、女優としての世代論、そして今年の日本アカデミー賞の壇上でのスピーチにこめた思いなど、貴重なお話を語って下さいました。

 いつになくゆったりした雰囲気で終始和やかに進んだトーク。まるでそれ自体が1作のホームドラマのような。撮影が終わって家に帰った後も、もう一度お2人の言葉を反芻し、さらに山田作品を見返したくなるような、そんな味わい深い収録となりました。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:48 | 固定リンク


  
2018年04月30日 (月)

浅草の夜

NIGHTS.JPG

浅草の演芸場・・・何となくノスタルジックなイメージ、ビートたけしさんの名曲「浅草キッド」的な。でも今の浅草は外国人観光客であふれ、家族連れやカップルがいっぱい、実にナウい(死語)イマい(もっと死語)新しい街です。そんな活気あふれる浅草の夜、懐かしくて新しい音を奏でる夫婦デュオ・ハンバート  ハンバートと、「ヤホーで調べました」でおなじみの漫才コンビ・ナイツ、番組初めての2対2での収録が行われました。

 浅草がレトロのようで実は新しいのと同様、ハンバート  ハンバートの音楽、ナイツのお笑い、ともに正統派路線っぽいけれども、実は独自路線であるところが魅力です。ナイツの塙さんは「正統派って言われるけど、わけわかんない」とおっしゃっていました。ま、確かに延々とマニアックな野球の話をして、実はそれが全部伏線だったなんてネタ、正統派どころか、すごくアバンギャルドですもんね。

そして、ハンバート  ハンバート。その音楽性はもちろん、MCも人気と聞いていましたが、収録に立ち会って思い切り納得!作詞作曲をする夫の佐藤良成さん、ボーカルの佐野遊穂さん、このご夫婦の掛け合いが何とも絶妙なのです。歌詞も曲もとても洗練されていますが、お話は親近感たっぷり。途中から「何を話していても面白い」という状況になり、ナイツの二人も大爆笑されていました。

収録が終わり、ナイツのお二人はフラッと演芸場を後にしました(メガネを外した土屋さん、めっちゃイケメンです!)。気取らず、何てかっこいい大人なんだと思っていたら、ハンバート   ハンバートのお二人もスタッフの方々と楽しそうに談話しながら帰路につきました。これも、とても心和む光景でした。時刻は夜9時前、気持ちいい春の夜風が吹いています。煮込みにビールが欲しくなる・・・そんな浅草の夜でした。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:35 | 固定リンク


  
2018年04月16日 (月)

余談は一度まで

FUJII.JPG

「危ないよ~」と絶叫する芸人さんを乗せて、大型トレーラーを突破する車、そして爆破「どかーん」。

何故かなかなか捕まらなくてカーチェイスを繰り広げる犯人と刑事、でも正義は勝つのだ。スリップして大破する犯人の車、ゆっくりと近づく刑事。

そんなテレビの名場面に、その方はいました。高橋勝大さん、日本のスタントの伝説的存在、この世界で「ボス」と呼ばれるほどの人、本当に「男の夢」的な存在の方なのです。

(以下余談:すごく些細な事で「男の夢だ」と語る友人がいます。大盛り焼きそばを食べて「男の夢だ」、電車の先頭車両が空いていたら「男の夢だ」。高橋さんを形容する「男の夢」は当然そんなチンケなものではなく、本物の中の本物の「男の夢」です。余談終)

 今回の対談相手は、やはり高橋さんに「男の夢」を感じていた方でした。お笑い芸人の藤井隆さんです。最近は「真田丸」や「わろてんか」などでの俳優さんのイメージが強いのですが、番組で表示する肩書きを確認したところ「お笑い芸人、で」ということでした、カッコいい!

 でも藤井さんというと、どちらかといえば繊細でナイーブな印象がありますよね。高橋さんとどんな話になるか想像もつかなかったのですが、現場に現れた藤井さんは超ハイテンション。ノリノリでカースタント体験もしていただき、ホットホットな収録になったのでした。

そして高橋さんは大変こまやかな気遣いをされる方で、藤井さんに対しても終始丁寧な語り口。そりゃあ、チームにいる若い人からも「ボス」と慕われる訳です。そして安全確保に対しての厳しい意識は、まさにプロ中のプロでした。

ですが、藤井さんが高橋さんの指導で「ジェットコースター」と言われる、高低差のある段差を運転する場面。つい気がひるみそうになるところで、高橋さんが一声「アクセル踏んで!」。そんな時こそブレーキではなくアクセルを踏め、車は止めるためではなく走らせるためにあるのだ、いやあ「男の夢」ですねえ。

(以下余談:ところで「女の夢」という表現ってあまり見ませんよね。女性になった経験は無いので理由はわかりませんが・・・。「この人こそ女の夢だな!」と言いたくなる女性もとてもとてもカッコいいと思います。余談終)

 ああ、2つも余談を書いたせいで、三谷幸喜さんも登場する後半の収録に触れるスペースが無くなってしまいました。その模様はぜひテレビで!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:09 | 固定リンク


  
2018年04月09日 (月)

ご意見&リクエスト、ありがとうございます!

LOGO.JPG

このホームページでは、皆様からのご意見、リクエストを受け付けています。

たくさんのご意見をいただいているため、一通一通返信が出来ず、誠に申し訳ございません。でももちろん、スタッフ一同、じっくりと拝読しております。

 「こんな人に出てほしい!」というご意見については、「そうですよね、同感です!」と膝を打つことが度々なのですが、そういう方ほど、多忙などの事情で、出演が難しいケ-スが・・・実はこの「SWITCHインタビュー達人達」、出演の交渉を始めて1年以上かかって実現することもしばしばあります。1時間に及ぶインタビュー番組なので、出演していただく皆さんは、なみなみならぬ覚悟で収録に臨んでいただいているのです。

そんな訳で簡単にはいかないのですが、あきらめずにトライします、ぜひ今度ともご意見のほど、よろしくお願いします。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:42 | 固定リンク


  
2018年03月29日 (木)

SWITCH in London!!

HOTEI.JPEG

「SWITCHインタビュー 達人達」も、おかげさまで放送6年目に突入!

ということで、今回はロンドンからスペシャル・トークをお届けします。登場するのはギタリスト・布袋寅泰さんとバレエで世界最高の権威ある賞とも言われる「ブノワ賞」を日本人で初めて受賞したダンサーの木田真理子さん。ともに日本を飛び出し、ヨーロッパを中心に活動するお2人が、世界に挑むことの困難と楽しさを語り尽くします!

 前半の舞台はロンドンのカフェ。初対面の木田さんと布袋さん、まずは優雅に握手。布袋さんというと、どうしてもステージで激しくギターを鳴らす「ハードな」イメージがありますが、木田さんを「ようこそロンドンへ!」と歓迎する目の前の布袋さんは、物静かな、まさに英国紳士そのもの。なんだか空気が一気にハイブローな雰囲気に・・・。

 一方、言葉を選びながらゆっくりとお話される木田さん。「(ダンスは)何回もやめようかと思った」「(ダンサーとして、自分は)“行ける“と思った瞬間はなかなかなくて・・・」と、なかなか自分のダンスに自信が持てなかったご様子。でも、どうしてどうして!世界的な巨匠振付家の演出作品に出演した時のエピソードや、ダンスに対する考え方を布袋さんが聞いていくうちに、一見おっとりと柔らかい木田さんの、内に秘めた芯の強さが浮かび上がります。木田さんの生き方がそのまま反映された仕事術、そしてそのあたりをジェントルに引き出していく布袋さんの見事なインタビュアーぶりにも、ご注目下さい!

後半は、布袋さんがライブを行ったというロンドン市内のライブハウスが舞台。日本でコンサートを行えば2万人近い大観衆を熱狂の渦にたたき込むパフォーマンスを見せる布袋さん。でも、50歳を機にロンドンへ移住、今はイギリスを中心にドイツやオランダなどヨーロッパのライブハウスやイベントを回り音楽活動を続けています。一大転換に至る心中とは?これまであまり語られることのなかった布袋さんの思いを、今回は率直に語って下さいました。そして、後半は木田さんのインタビュアーぶりにもご注目!布袋さんとお話を重ねられ、最初の緊張がほぐれたのか、木田さん、布袋さんに次々と率直な質問をぶつけていかれます。「なぜわざわざ、歌を自分で歌ってギターに入れようとしたんですか?」「布袋さんにとっての成功とは?」「引退とかは頭をよぎったことないですか?」――対する布袋さんも、質問にひとつひとつ率直に答えて行かれます。まさに“ともに一歩も引かない”感じ、「これぞSWITCH!」というトークでした。

世界を相手に身ひとつで戦うお2人のとっておきのトーク、是非お楽しみに!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:16 | 固定リンク


  
2018年03月19日 (月)

ネタバレなんかこわくない

SATOJIRO.JPG

放送5日前の月曜日に公開される、「ここだけの話」。当然放送を楽しんでいただくために、面白い部分は隠して、いわゆるネタバレしないように書いている訳です。

でも今週はネタバレ解禁!放送の中身をどんどん書いちゃいます。決してヤケクソじゃありません、ここでちょっとネタバレするくらいは平気の、とっても面白い回だからです。

それでは、いきま~す。

 「ぼくのお芝居が見られないのは、世の中の損だ」(佐藤二朗さん)

これ、子どものころから思っていたそうです。収録中も常に謙虚で、とってもご自分を客観的に見ておられる佐藤さんの心の中に、そんな思いがあったとは。でも、それぐらいの思いがないと、役者さんの道に進むのは、なかなか決意出来ないのでしょうね。ちなみにこの発言をされるときの佐藤さん、同性の者が言うのもナンですが、大変“キュート”です。

 「つまんないっていうのを見つけたら、しめたものです」(メイガスさん)

音楽でも、美術でも、文学でも、〇〇でも、普通は「面白いもの」を探しますよね。ところがメイガスさん、古今東西の手品の中から、つまらないものを見つけたときがチャンスだというのです。これはすごい、これは深い。「さすが」とうなること請け合いの発言、どこで飛び出すのか・・・はネタバレしません!

 (未放送)「LESS IS MORE」(少ないことは豊かなことだ) (メイガスさん)

時間の都合でカットになったのですが、これまた印象深い言葉でした。マジックをよりリアルにするには、余計な“賑やかし”は不要だという意味でおっしゃったのですが、それに対して佐藤さんも「演じすぎると、生っぽさが薄れる気がします」と返しました。じゃあ余分じゃないものって何だろう・・・など、いろいろ考えさせられるお話だったので。

 ★後半は、対談している部屋にも注目!★

最後にとっておきの情報。マジシャンであるメイガスさんが語る後半、もちろん華麗なマジックを披露していただきます。そのマジックをより楽しむために、もちろんお二人のトークをじっくり楽しんでいただくとともに、二人が語る部屋の中にも注目を。ひょっとすると、イイ事が発見できるかも・・・・!?

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:12 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top