2019年01月28日 (月)

ことばが生まれる

ITOI.JPG

「おれは(わたしは)もう子どもじゃないんだ!(ないの!)」っていう場面、最近あまり見なくなりましたよね。でも私たちが今回最初にぶつかった壁はこの問題でした。

14歳は子どもでしょうか、大人でしょうか? 未成年なので大人ではないだろうけど、たいていの場合小児料金は適用されないし、子どもとも断言できない。

では、芦田愛菜さん(14歳)は子どもでしょうか、大人でしょうか、これはさらに難問です。どちらの顔も併せ持ち、ドラマや映画の役柄によって演じ分ける芦田さん。今回の相手、糸井重里さんとの年齢差は「56」で、それがキーになると思ったのですが、これは「大人と子ども」の組み合わせなのか「大人と大人」の組み合わせなのか、答えが見えないままに収録の日を迎えた訳です。

結果から言うと、私たちはいろいろ間違っていました。文字通り初対面のお二人、糸井さんのオフィスを案内するところから始まり、インタビュー場所へ。そこまではある種「ほほえましい」風景だったのですが、対話が始まると変わりました。

まず糸井さん、もちろん大人であることに違いないのですが、決して“年長者が年の離れた人に話しかける感じ”になりません。あくまで“糸井重里が芦田愛菜と話す”以外の何物でもない。そして芦田さん、もちろん年上の糸井さんへの礼節は守っているのですが、決して“自分を演じて年上の人と話す感じ”になりません。やはり“芦田愛菜が糸井重里と話す”なのです。

 こんなお二人が語りあったのは「ことば」のことでした。自分の中に「気持ち」はあるのに、それをどんな言葉にしても100%伝えることができない、という体験、皆さんもお持ちでしょうし、芦田愛菜さんも持っていて、それを糸井さんに伝えました。そこで糸井さんが語ったのは、「言いたいのに言えない、そんなときに言葉は生まれる」ということ、そして「言いたいのに言えない、その思いを忘れないこと」ということでした。なんと力強いメッセージでしょうか。「言いたいのに言えない」体験は、悩ましいだけではなく、いつか自分の心と身体を温めてくれる体験なんだと、私は解釈しました。たぶん聞く人によって、それぞれの解釈が出てくると思います。

 今回の放送が「糸井重里×芦田愛菜」以外の何物でもないものになったのは、「言葉で発していない言葉」で、お二人が通じ合っていたからもしれません。59分間ぶんの言葉に加え、そんな言葉も味わいながらご覧ください。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:27


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー


RSS

page top