2018年12月28日 (金)

家族写真

WADAHIRAMA.JPG

もちろん相手があの和田アキ子さんですから、緊張は当然です。しかし収録に向かう写真家・平間至さんの緊張ぶりは、ちょっと心配になるぐらいでした。平間さんといえば、日本を代表する多くのミュージシャンたちから絶大な信用を集める大物写真家、和田さんとも長年お仕事を一緒になさっているので、「なぜ?」という感じはありました。しかし、収録が始まると、その訳がわかりました。平間さんは、和田さんの内面の奥深くまで、礼儀正しく迫っていきます。相手に立ち入ったことを聞く以上、生半可な気持ちでは出来ない。そのような思いの表れだったのだと思います。

 和田さんは、どのような質問も遮ることなく、時にユーモアを交えて、時に心をこめて答えていらっしゃいました。本当はいろいろとお話しして頂いたので全部ご紹介したいのですが、今回は「歌手・和田アキ子」としての思いを中心に構成させていただきました。言うまでもありませんが、そのプロフェショナルとしての意識の高さには圧倒されます。和田さんと言えば、日曜のお昼などなど、いつも側にいたと感じるぐらい身近な存在でもありますが、まだまだ知らない和田さんの顔が、たくさんあるんだなと感じました。

 そして後半は平間さんの写真館で収録。この写真館に行ってみてまず驚かされるのは、壁一面に貼られた「家族写真」です。ミュージシャンの躍動的な写真の数々で知られる平間さんのイメージとは、一見かけ離れたような和やかな家族写真。実はそこには一篇のストーリーがあり、大変に感動的なものでした。(上手く説明できないので映画化希望!)詳しくは番組をご覧になって頂きたいのですが、そこには「写真」というものが人々の記憶を残すことの意義、重みがありました。

 映画で家族が写真を撮るシーンが出てきたら、それはその後の別れを暗示するシーンだという話を聞いたことがあります。普段いっしょにいるけど、いつまでも一緒にいることは出来ない家族。けれども、その時間を1枚の写真の中に固定することで、記憶は永遠のものになる・・・。

みなさんは家族写真、撮っていますか?

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07:45


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top