2018年12月17日 (月)

クールにキメて

YAGIRA.JPG

「僕の舞台は世界なので」。都内のカフェでの打合せ、柳楽優弥さんの口からごく自然に、クールに発せられたこの言葉から、番組は立ち上がりました。それはまるで「明日は木曜日なので」などと言うのと同じような、サラリとした言葉でした。14歳にしてカンヌ映画祭で受賞され、世界の映画人と交わってきた柳楽さん。それゆえの苦労もあったとのことですが、世界中の観客、映画人にアピールしたいという思いは、常に胸の内にあるそうです。しかしそれを声を大きくすることなく、変にテレもせず、“平熱”で話す姿、これこそ「クール」(カッコいいという意味も含めて)。

 そしてもう一人の藤田貴大さん。もう「クール」という言葉を立体化したら藤田さんになるのではないかと言うほど、まずカッコいい、そしてキレキレ、さらに物静か。そんな藤田さんの演劇の話、これがまた・・・。「CDアルバムみたいな演劇になればいいんじゃないかな」「演劇は面白いものだけが残っていけばいい」とまあ、It’s so cool! そんな藤田さんに「自分ではクールだと思いますか?熱いと思いますか?」と、ド直球の質問を投げていますので、その答えもご期待ください。

 さて、今回の収録は埼玉県にある「彩の国さいたま芸術劇場」で行われました。こちらは大小のホールや稽古場がいくつも整備され、とても広々としており、建築を見るだけでも楽しい施設になっています。2006年からはあの蜷川幸雄さんが芸術監督をつとめ、世界に向けて作品を発信していました。

実は今回ご出演の柳楽優弥さん、藤田貴大さん、ともに蜷川さんとゆかりの深い方です。どのようなゆかりがあるかは番組をご覧になっていただきたいと思いますが、あの「熱い」蜷川さんの魂を、とても間近で感じてきた2人なのです。若く才能にあふれたお二人が偉大な先人について語る姿は、へりくだるのでもなく、いきりたつのでもなく、とても誠実な姿だったと思います。どこまでもカッコ良く、クールにキメていただいたお二人でした。

 では、番組を見る側も、寒くなってきたこのごろですから、ホットワインに苦みのあるチーズでクールにキメてご覧ください・・・・ってなことはありません。緑茶にようかん、ビールに煮込み、何でも結構です。楽しくご覧ください!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:54


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top