2018年12月10日 (月)

駆け抜ける情念

YABEMINE.JPG

何度も胸が熱くなりました。周りを見ると、他のスタッフも同じ表情をしています。「いいなあ」と無言で共感しあいました。

 渋谷のライブハウスと、事務所の打合せ室で行われた、カラテカの矢部太郎さんと、銀杏BOYZの峯田和伸さんの「SWITCHインタビュー達人達」。ともに41歳、静と動、一見正反対のキャラクターながら、20年も前から互いのことを認め、リスペクトしていたという間柄です。ちなみに峯田さんのこの番組での肩書きは「歌手」。ご本人の申し出によるものです。アーティスト、ミュージシャン、バンドマン・・・いろいろある中で、峯田さんの指定は「歌手」でした。

収録は終始打ち解けた雰囲気の中で進み、峯田さんはバンドのこと、故郷である山形県のこと、女の子のことを語り、矢部さんは相方の入江さんのこと、今年大ヒットした漫画「大家さんと僕」のこと、そしてこれから漫画を描くことについて・・・。

お二人の話の中には10代、20代、30代、それぞれの時の心がまだしっかり生きていて、だからその場にいた歳がバラバラのスタッフ全員の胸が熱くなったのかもしれません。

もちろん、それは峯田さん、銀杏BOYZ(そしてゴイステ)のファンや、矢部さん、カラテカのファンの皆さんの“熱さ”と比較できるものではないのですが、テレビをご覧になる皆さん、誰の胸にも届く普遍的なものがあったように感じます。

 ところで、収録が終わると、我々はそれを文字に起こして編集作業を進めていきます。その文字になった紙を見たときに、「あれっ?」と思いました。もちろん毎回文字にすれば感じ方は変わるのですが、それにしても違うのです。「ひょっとして錯覚だったのかも・・・」と、恐る恐る編集された映像を見たのですが、映像と音声に接すれば、瞬時にあの時の熱さがよみがえってきました。歌手である峯田さんは当然のことですが、矢部さんもひょうひょうとなさっているようで、その語り口に思い、感情、情念が詰まっていて、言葉では伝えきれないものも伝えているのです。「大家さんと僕」について語るところ、峯田さんが矢部さんに贈ったことばも含めて今回の見どころです。

 とてもエモーショナルな、情念に満ちた「SWITCHインタビュー達人達」、ぜひご覧ください。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:14


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top