2018年10月16日 (火)

昭和30年から遠く離れて

TSUTSUMI.JPG

「1円硬貨発行」「洗濯機、冷蔵庫、テレビが三種の神器と呼ばれる」、まだ広場が原っぱで土管が転がっていたころ、今回の出演者、映画監督・演出家の堤幸彦さんと産科医の川鰭市郎さんは生まれました。1955年、昭和30年のことです。収録前、お二人とも相手が同じ年の生まれということに触れていました。年齢を重ねて同学年の人と話をする、というのも考えてみれば感慨深いものですよね。

お二人は単に同じ年に生まれた、というだけではありません。その時代のエネルギーを受け、その時代の挫折も知り、その上で自らのキャリアを築き上げてきた。それだけに思うことは様々なのではないでしょうか。番組には全ては収め切れていませんが、70年代のロック、カウンターカルチャー、若者達の夢と挫折、お二人の「昔話」は尽きることがないようでした。しかしそれは単なる昔話ではありません。今回の収録、その「昔話」が見事に伏線となって、後半の話にまでつながっているので、是非お楽しみに。

トーク収録の後半戦は、都内にある純喫茶で行われました。これが実にいい雰囲気のお店で、おいしそうなコーヒーの豊かな香りが漂う中で撮影が始まりました。堤監督、川鰭医師、自分の道を貫いて実績を築き上げた方がコーヒーを飲む姿というのは、実にカッコいいもので、純喫茶のようなお店がよく似合います。

「純喫茶が似合うオトナ」って、なんか良くないですか?(笑)年齢を重ねた落ち着きはありつつ、心の中でまだまだ燃えさかるパトスがある、そんなイメージです。お二人もまさにそんな方でしたが、同時にお二人が若いころ、喫茶店でどんな風にコーヒーを飲んでいたのかなとも想像してしまいました。仲間と熱く議論しながら、自分のことはどこか冷静に見つめているとか、勝手な妄想が広がる・・・。

 なお、この回の再放送は来月、11月9日深夜12時からになりますので、よろしくお願いします。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:25


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top