2018年08月16日 (木)

1時間10分

LOGO.JPG

いつも番組をご覧になっていただき有り難うございます。

「出口治明さん×美村里江さん」のアンコール放送(収録はすごく寒い時期に行われました)、次週が放送お休みとなりますので、ここで普段この番組がどのように収録されているのか、ご説明したいと思います。

 当日、2人のゲストが別々に収録場所にいらっしゃるのですが、ここでスタッフが気を付けるのは「2人をなるべく会わさないこと」。コミュニケーション能力に秀でた方が多いので、顔が会った瞬間に、もう「SWITCHインタビュー」が始まってしまうからです。

こうして、あえて少しぎこちなさも残して収録が始まります。よく「質問はスタッフが指示を出しているのですか?」と聞かれるのですが、ものすごく正直に申し上げますと、質問を書いたボード(よく言う“カンペ”)を数回出すことはあります。ただ、それを気にせず話す方、あるいは瞬時にその指示を自分の関心のあることに置き換えて質問する方、などなど、まるっきり指示通りに話す方はほとんどいらっしゃいません。時には、2人して「あんなカンペが出てるけど、そういうことじゃないですよね」と言って、話が盛り上がることもあります(笑)。

 こうしてトークが進む訳ですが、1時間10分くらい経過すると、不思議にどの回も話が自然に落ち着きます。人の生理として、それぐらい話すと、「だいだい話したいことは話したかな?」という感じになるようです。そこで聞き漏らしたことを確認して、さらに収録を少々続けて終了、そして「舞台をSWITCH!」ということになります。

1時間10分、不思議ですよね。

 「SWITCHインタビュー達人達」、年末まで続々と楽しみな方々が番組に登場していきます。ぜひ、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いします。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:22


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top