2018年01月15日 (月)

100%は美しい

MATSUKO.JPG

超多忙のマツコ・デラックスさんと、現在はハワイにお住まいのつんく♂さん。ということで収録はNHKのスタジオで行われました。いつもは前半と後半で場所が変わるので、自然に“SWITCH”しますが、今回はどうやって前半と後半を“SWITCH”しようかと悩んでいた我々。それを見たマツコさんから「前半はコレ、後半はコレって、いかにもNHKね」とキツーイ一発を浴びたところから収録が始まりました。

ご存じのようにつんく♂さんは、喉頭がんの手術のため、会話はパソコンを使って行われます。従ってつんく♂さんのトーク中は「カタカタカタ・・・」というパソコンのキーボードを叩く音がスタジオに流れることになります。その音は、収録を見守る我々を強烈に引きつけました。つんく♂さんの話し声を思い出すというより、その行為をごく自然につんく♂さんのトークとして受け入れられるのです。文字になってもユーモアと機知に富む「つんく♂節」は全く変わらず健在、本当にすごい方です。

 このお二人ですから、見ている我々も笑いっぱなしになる楽しい収録だったのですが、このブログでお伝えしたいのは、その「笑い」以外の部分です。

ハロープロジェクトの大ファンとして知られるマツコさん。収録でもかなり熱心に、ハロプロについてつんく♂さんに尋ねていました。ストレートに「大好き」という気持ちが伝わってくるマツコさんのトーク。コレってすごくないですか?マツコさんほど、見識が広くてトークも巧みで、もちろん「成熟した大人」である方が、純粋に心から、「好きだ!」って言えるのってすごいと思うのです。

収録の終盤、つんく♂さんがマツコさんの事を「100%仕事をしている感じが美しい」と評しました。マツコさんの人気については、あらゆる方がその秘密を分析していますが、私はこの言葉が一番響きました。その言葉はつんく♂さんご自身にもピッタリと当てはまります。メガヒット連発のプロデューサーでありながら、挑戦し続ける姿勢。声を失った今も、ノリノリで音楽活動を続けている姿、まさに「100%」です。

 超多忙なお二人ですが、収録は3時間以上にも及びました。お互いへのリスペクトにあふれた温かい時間でした。そして長時間いささかの緩みも見せない、プロフェッショナルな時間でした。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top