2017年12月04日 (月)

見る前に跳ぶか、見てから跳ぶか、跳ばないという選択肢は無い

ISESUGA.JPG

「見る前に跳べ!」という有名な英語のことわざがありますが、今週は、文字通り「見る前に跳んだ」女性と「見たけど跳んだ」男性がトークをしました。ダンサーの菅原小春さんと「紛争解決請負人」と呼ばれる伊勢崎賢治さんです。

 今や世界にもファンの多い菅原小春さん。事前の打ち合わせの際、我々スタッフ1人1人の手をギュッと握りしめて、丁寧にご挨拶する姿がとてもカッコ良く印象的でした。話を始めると、とにかく話に引き込まれてしまう、謎の(?)吸引力。言葉の一つ一つが100%菅原さんご自身の言葉なので、ついつい聞きたくなってしまうのです。菅原さんは、高校卒業後、英語もほとんど話せなかったにも関わらずアメリカに渡り、さらに世界各国を回ってダンスのワークショップを開催し、ダンスと人柄の魅力で世界中の若者たちをとりこにしました。番組ではそんな「見る前に跳んだ」話が語られます。

 そして伊勢崎賢治さん。国連からアフガニスタンなど紛争地に派遣され、武装解除など困難な任務にあたり、「紛争解決請負人」と呼ばれるほどの方です。菅原さんとの対談で伊勢崎さんが語った紛争地の現実は、とてもひとことで表現できないものでした。正しいとか悪いとか、言葉で結論を出すことは難しいといいます。伊勢崎さんはそんな現実をしっかりと目をそむけず見つめたうえで、紛争を解決する努力を今も続けています。「見たけど跳ぶ」のはある意味「見る前に跳ぶ」より勇気がいることなのかもしれない、そう思わされました。

 今回、後半の収録が行われたのは東京・吉祥寺にあるライブハウスです。現在、大学で教鞭を取りつつ、プロのジャズマンである伊勢崎さんの演奏と、菅原さんのダンスのコラボもあります。そこでのおふたり、確実に“跳んで”います。お楽しみに!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:10


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top