2017年11月27日 (月)

ジーン・・・

ISHIYANA.JPG

皆さんは、最近「ジーン」と来たことありますか?

泣くことや笑うことはあっても、「ジーン」と来ることって、なかなか無いものですよね?

未来のネコ型ロボット(やや青い)の話の中に、どんな内容でも心にジーンと来るマイクが出てきましたが、そんな一品が「ぜひ欲しい」と願うあなたに!今週の石井竜也さんと柳澤寿男さんの「SWITCHインタビュー達人達」をオススメします。

 米米CLUBのヴォーカリストであり、ソロとしても多彩な活躍をしている石井さん。音楽活動に加えて、チャリティ活動も熱心に続けていらっしゃいます。そして、そこにも石井さんらしいこだわりがありました。「俺は○○でいいと思っている」、思わぬ発言に衝撃を受けました。そして次第にその真意がわかるにつれて「ジ-ン」と来ました。石井さんが作る美しいメロディー、刺激的なアート作品、そこにもきっと同様のピュアな思いがあるのだろうと想像すると、また新しい石井さんの魅力が見つかります。

 そして、指揮者である柳澤寿男さん。激しい内戦が続いたコソボで活動を続け、オーケストラを立ち上げました。対立していた民族の楽団員が共に音楽を奏でる「バルカン室内管弦楽団」です。「音楽は人をつなげる」とは、よく言われる言葉です。しかし、実際に戦いがあった所で、憎しみや悲しみを抱えて生きる人たちに、そんな言葉が通用するだろうか?番組ではオーケストラがリハーサルを行っている場面が紹介されます。そこで柳澤さんが楽団員に向けてやさしく語りかける言葉。思わず言葉を失うほど「ジーン」と来ます。

そして、さらに「ジーン」とさせたのが、そんな柳澤さんの活動に対して、石井さんが贈った「柳澤さんは一枚の絵を描いているんだよね」というひとことでした。この言葉がどんな意味を持っているのか、なぜ「ジーン」と来るのか、それは是非番組を見てお感じになってください。少々手前味噌ではありますが、お互いにリスペクトを持った者同士で語り合う「SWITCHインタビュー」ならではの瞬間だったと思います。

 ネコ型ロボット(やや丸い)がいない世界でも、私たちは「ジーン」と出来るのです。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:24


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top