2017年10月16日 (月)

ロボットは仏像の夢を見るか

MYOUKEI.JPG

今週はロボット開発事業会社代表の林要さんと、大佛師の松本明慶さんの対談です。

人工知能ロボットの最先端を研究する林さんと、仏像という伝統世界の達人である明慶さんとの会話はどうなるのか?なかなかスリリングな企画でした。

対談に臨む林さんの意気込みはすごいものでした。対談前に明慶さんによる仏像が展示されてある美術館を訪ねたのですが、林さんから出る感想は、明快かつ鋭いものばかり。驚くと共に「松本さんに会う前にこれだけ“わかってしまっている”とトークは弾むだろうか」、そんな心配をしたぐらいでした。

でも!そんな心配は全く杞憂でした。まず二人が出会った明慶さんの作業場。上を見上げると、製作中の大仏様が宙に浮いている状態で、その周りで何人もの方が作業をしているという、これまで見たことがない、スケールの大きい光景だったのです。さらに対談を収録する部屋に行くと、そこは仏像にズラリと囲まれた神々しいとしか表現できない空間。林さんのテンションはさらにグッと上がり、対談が始まったのでした。松本明慶さんのお話は、深淵な仏像の世界を、とてもわかりやすく教えてくれるものばかり。しかも長年蓄積された技と体験に基づいているので、説得力がスゴいのです。明慶さんが語る仏像の魅力、必見です!

 林さんが目指されている、「人の心を癒やすロボット」。確かに仏像に通じる部分はあります。でもやはりロボットと仏像は違うものです。そのことを知り尽くしているお二人の対談がどんな風に進んだのか?というのはぜひ番組でご覧になっていただきたいのですが、私たちの目には、お二人とも、相手が作ろうとしているものに敬意を表し、理解しようと努めているように見えました。それは達人同士による“フェアプレー”を見ているようで、すがすがしささえ感じるものだったのです。

全ての収録が終了した後、お二人は「ここからはヒミツの話」とおっしゃって、部屋を出て行かれました。そこでどんな言葉のラリーが交わされたのでしょうか? 番組をご覧になっていただき、想像してみてはいかがでしょうか。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:33


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー


RSS

page top