2017年06月22日 (木)

「笑い」をマジメに考える

WATAMURO.JPG

7月1日の放送は今やワールドツアーも実現!ドラマやファッションショーにも登場と大活躍のお笑い芸人・渡辺直美さんが出演!トークのお相手は、こちらもドラマ・舞台からコントまで幅広く活躍を続けるムロツヨシさん!

 番組前半の舞台は、なんと都内の能楽堂。実はムロさん、去年ここで主演・演出、時に脚本まで手がける舞台を上演しました。渡辺さんも舞台に上がり、2人で能楽堂の舞台を体感するところからトークは始まります。なぜ能楽堂を選んだのか?そこにはどんな思いがこめられていたのか?ムロさんの深い思いが明かされる・・・のかと思いきや、話は意外な方向へ!?トークはスタートから波乱の展開です(笑)お笑い芸人と喜劇役者、ということで中心となるテーマはやはり「笑い」。ムロさんの「笑いの演技」にずっと注目してきたという渡辺さんが、見る人にインパクトを与えるムロさんの演技を支える役作りの秘密や、「喜劇役者」と名乗るようになった原点である幼少期からの「笑い」への思いに迫ります。さらにトークだけでなく、ムロさんがここ数年毎年上演しライフワークとしている舞台の様子や、大人気のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』収録の舞台裏もご紹介!ムロ・ワールドがたっぷり楽しめます。

 番組後半の舞台は、渡辺さんが所属する事務所の東京本部。もともと小学校だった建物を活用したもので、対談場所も片側に大きな鏡を張りダンス・レッスンができるように改築した元・教室。渡辺さん、早速ムロさんにダンスを披露して下さいました!トークで明かされるのは渡辺さんの驚異の仕事ぶり!ビヨンセやレディー・ガガのものまねで、アメリカ人も真っ青の完コピ振り付けを見せてくれる渡辺さんですが、超多忙な中で、時にはわずか2時間で1曲の振り付けをマスターしてしまうのだとか!(これにはムロさんも驚愕!の表情でした。)そして、ムロさんのインタビューに渡辺さんも率直に答えて下さり、生まれ故郷・台湾で「笑い」に目覚めた幼少時代の思い出から、「ビヨンセのものまね」で大ブレイクするも実は内面に抱えていた苦しい思い、人気芸人として活動中に突然NY留学した理由、さらには多忙な中で自分を保つ方法まで、明かして下さいます。

 今をときめく人気のお2人が、普段はめったに明かさない「笑い」に対する熱くマジメな思いを語り合う『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』、放送は7月1日(土)22:00、Eテレです。チェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:24


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top