2017年02月15日 (水)

「異端」は「革新」だ!

SHIDOMIHARA.JPG

今週は、本業の歌舞伎はもちろんのこと、ドラマからクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』まで幅広く出演し、国際的にも活躍する歌舞伎俳優・中村獅童さんが登場!お相手はミラノ・パリ・ロンドンなど世界のファッションショーで熱い視線を浴びるファッションデザイナーの三原康裕さんです!

お2人は同い年。そしてほかにも共通点があります。それは自分たちが「異端」であると意識し、そのことを誇りとしていることです。獅童さんはお父様が歌舞伎俳優を廃業したため、父や師匠がものをいう歌舞伎の世界では大変な苦労をされました。若い頃には「主役はできない」と関係者に告げられたこともあるといいます。一方の三原さんはキャリアのスタートが靴のデザイン。これもファッション業界ではあまり例のないことだそうです。それでも獅童さんは先日、自らが企画した新作歌舞伎『あらしのよるに』で主演をつとめ三原さんのデザインは海外のファッション関係者から「詩がきこえてくるようだ」と高く評価されるほどの確固たる地位を築いています。

 そんな、いわば「とんがった」お2人同士のトーク、前半は新作歌舞伎を上演した劇場の楽屋で、三原さんが獅童さんの歌舞伎への思いをじっくりと聞き、そして番組後半は三原さんの仕事場で、獅童さんが三原さんの発想の源を解き明かしてゆきます。お2人のトークから感じられたのは、最初から異端としてそれぞれの業界に入った者だからこそ、逆にあえて異端の道を歩き続け、異端だからこそできる革新をめざしてきたのだ、という強い思い。そして40代を迎えた今、年齢を感じながらも、さらに革新を目指していこうとする未来志向でした。「これくらいの年になると人生折り返し地点とか言うけれど、折り返してない全然!」という獅童さんの言葉がとても印象的でした。

 異端を目指してきたお2人の、反骨心をパワーに変える仕事術に迫る『SWITCHインタビュー』、放送は2月18日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:43


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top