2015年09月24日 (木)

熱くてクールな「プロフェッショナル」!

manabe_motoki2S.png 本木雅弘さんが、役に対する取り組みにおいてひたすら誠実でストイックなことは、
NHKの中でも伝説のようになっています。構想10年、3年がかりで放送されたドラマ『坂の上の雲』で
海軍軍人・秋山真之を演じたときは、その間、他の役をすべて断ってひとつの役に集中したのだとか。
司馬遼太郎の原作は言うにおよばず旧仮名遣いの読みにくい文献に至るまで繰り返し目を通し、
現場でも持ち歩いて、「秋山真之」という人物について考え続けていたといいます。
剣道や古式泳法などを徹底して身につけたのはもちろん、学生時代から海軍で鍛え上げていく過程を
演じるのに合わせて、体格じたいをがっちり変えていった、とも。

 そんな本木さんから、「番組の担当者とちゃんと打ち合わせがしたい」というお話があったときは、
「番組担当者としてどのくらいちゃんと考えているか試されるのでは・・・」「アーティスティックな、
神経質でピリピリした方なのでは・・・」と、大変緊張したものです。

 ところがお迎えしてびっくり。そういう威圧感とか、神経質そうな感じは一切なく、実に気さくで愉快な方なのです。
しばしば自虐やボヤキも交えつつ、どうしてメディアアーティストの真鍋大度さんに興味を持ったか、
どんなことを聞いてみたいと思っているか、あれやこれやと話してくれました。
真鍋さんの手がけた作品やインタビュー記事などは、すでにネット上で一通りリサーチずみの様子。

 「でも、プログラミングとかアルゴリズムとか、詳しい説明は僕にはきっと理解できないと思うので(笑)、
逆に僕の顔とか体とかを素材にして、何か実験をやっていただくとか?」「映画の撮影も終わっていて、
僕の“仕事の現場”というのがなかなか難しいから、いっそ真っ白なスタジオに真鍋さんの作品や
僕の出演作なんかを映写するようなことができないかな」などなど、次々にアイディアを出してくださいます。
楽しく和やかな中にも、あらためてスタッフ全員が「頑張ろう!」という気持ちになり、
なるほど、「モックンはすばらしい人だ!」と皆が口をそろえて言うのはこういうことなのか、
とその場にいた全員が納得したのでした。

 いっぽうの真鍋大度さん。今ふうの、おしゃれでとんがった風貌、某ドキュメンタリー番組では
テーブルを囲んだスタッフがパソコン上で会話する「会議」のようすが紹介されていたりして、
「目を見て話してもらえないのでは?」「面と向かっても“パソコンで話しましょう”なんて言われちゃうかも?」
などと、やはり緊張しながらお目にかかりました(笑)。ところがこちらもまったくの杞憂でした。
理系の方らしく(?)余計なことは一切言わないけれど、「本木さんの顔とか体を使った“実験”ができないか」
「ドローン(無人小型飛行機)を使ったデモンストレーションも見たい」「本木さんの映像を使った“作品”を
作ってもらえないか」といったこちらの漠然としたリクエスト(そもそも納期も含めてありえないほどのムチャぶり)
に対しても、瞬時に意図を読み取り、「・・・やってみましょう」。

 そして!NHK最大の101スタジオに、あっと驚く“作品”が出現したのです。収録当日の朝になっても、
真鍋さんの会社のスタッフによると「まだ(製作を)やってますよ」とのこと!きっと徹夜で仕上げてくださった
のだと思いますが、そんな疲れをみじんも見せず、本木さんとの話は弾みました。帰り際、ただただ恐縮しつつ
お礼を言う私たちに、「ムチャぶり、大歓迎ですから」と力強くうなづいて次の現場へと去って行った真鍋さん。
とにかく、熱くクールでカッコいい、二人のプロフェッショナル。
だからこそのすばらしい作品の数々も含め、どうぞご堪能ください!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:27


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー


RSS

page top