2019年2月

2019年02月12日 (火)

ビームフラッシュではなくて・・・

ONOMAHA.PNG

指、そして手の動きには人の心を動かす不思議な力があるようです。例えば「あなたは!」と指を指されるとドキっとしますよね。指先からビームは出なくても、感情のうねりのようなものが伝わってきます。

そんなことを感じた、今回の大野和士さんと原田マハさんの収録でした。世界的に活躍する指揮者、大野さんはお話しする際、時々手を振って指を動かします。すると周囲で見守っている私たちの視線は、たちまちそこに釘付けになるのです。ひょっとして大野さんに限っては目に見えないビームが出ているのではと思うほど、パワーを秘めていました。指の動きに魅せられている内に、話に引き込まれ、気づいたときにはすっかり“大野ワールド”の中へ。大野さんの「指振りトーク」、随所に出てきますので、お楽しみに! ちなみに誰でも指からビームを出せるのかというと、どうもそうではないようです。知らず知らずの内に、失礼な振る舞いになる恐れもあるので、くれぐれもご注意ください。

 そして原田マハさん。ニューヨーク近代美術館などにお勤めの後、小説家となり、絵画や画家をモチーフにした作品を多数発表されています。収録の中でも話題になったのですが、絵画を言葉で表現するって、難しいと思いません?「黒っぽい服を着て、少し微笑んでいる女性の絵画」と言われても話になりません。原田さんご自身「アートは言葉で表現する必要はないものなんです」とおっしゃられたのには驚きましたが、それをどう小説という表現にしているのか、注目してご覧ください。そして何と、大野さんが原田さんの小説を朗読するという、何とも贅沢な1シーンがあります。このとき、大野さんの口から発せられる原田さんの言葉からは、確実にビームが出ていました。そのビームによる光が集まって、一枚の絵画を再現される、そんなレアな体験をさせていただきました。

 ビームの使い手同士による「SWITCHインタビュー」。ただし、ビームフラッシュのように勝ち負けをつけるものではなく、互いをリスペクトしあう達人達のトークです。その光の魅惑、ご堪能ください。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:14 | カテゴリ: | 固定リンク


2019年02月04日 (月)

すぅ~

MIUCHI.JPG

ちょっと近寄りがたい、正直そんなイメージがありました。俳優の三上博史さんと漫画家の美内すずえさん。三上さんは人気ドラマから芸術性の高い映画まで、まさに俳優の中の俳優、プロの中のプロですし、美内さんは何といっても「ガラスの仮面」の作者、あの大作を描き続ける大家ですから、ちょっと緊張してしまう・・・そんな風に思っていました。

と書くと、「ああ、逆に気安い感じだったのね」と思われるでしょうが、そうではありません。やっぱりオーラはあるのです。でもそのオーラが人を寄せ付けないものでは決してなく、明るいというか、前向きなエネルギーを与えてくれるようなオーラなのです。

 NHKにやってきた三上さん、周りをスタッフに囲まれて・・・かと思ったら、お一人で館内を軽快に歩き、気がつけば楽屋まで案内するスタッフ(私です)が三上さんの後ろを歩いているという失態。しかし全く気にするそぶりも見せず、立ち止まって待っていてくださいました。ちなみに、三上さんのメイク・スタイリスト担当の方をご案内するときも、スタッフ(やっぱり私です)が部屋を間違えるという失態をおかしたのですが、皆さん笑顔で許してくださいました。皆様に深く感謝するとともに海より深く反省・・・。その後の打ち合わせでも、快活にお話しくださいました。

そして美内さん、事前の打ち合わせをカフェで行ったのですが、こちらの質問にとても丁寧に答えるとともに、時々笑みを浮かべながら、いろいろなエピソードを紹介していただきました。さぞアイディアをひねり出すのに大変なのでは・・・というこちらの想像を「発想はひねり出すものじゃないんです」とあっさり覆した後、創作の姿勢について語っていただきました。

 トーク収録は、そんなお二人のエネルギーとエネルギーが融合を起こして、すさまじいパワーとなりました。おそらくお話しになった内容を文字に起こすと、過去屈指の量になると思います。そんなお二人ですが、共通していたのは「自分をからにする」ということ。

前向きのエネルギーと矛盾するようですが、自分をからにすることで、いろいろなものを取り入れて、充填する。だから常にチャレンジを続けるエネルギーが生まれるということなのだと思います。息を大きく吸うためには、まずしっかり吐き出さないといけないように、自分をからにすることがエネルギーの源になることをお二人から学びました。他にも常に前向きでいられる秘けつを語っているので、ぜひご参考に。

では我々もまず出来ることからマネしましょう。「すぅ~~」。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:25 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー


RSS

page top