2018年11月26日

2018年11月26日 (月)

2018年、記憶に残る朝

YOKOOSEKO.JPG

建設が進む新国立競技場を見ながら立ち話をする2人、横尾忠則さんと瀬古利彦さん。すごい組み合わせだと思いませんか?実はふだんあまりテレビをご覧にならないという横尾さんがお好きなのがスポーツ番組で、特にマラソンが大好きということから、今回の企画が実現しました。あの横尾さんがマラソン好き、というのも少し意外な気がしましたが、収録でのお話を聞いて深く納得。いずれにせよ、ご本人にお話を伺わない限り、決して思いつくことのない組み合わせでした。

そして瀬古利彦さん。現役時代は無類の強さを誇り、その後も大学や実業団などで指導の手腕を振るっている、まさに日本マラソン界のレジェンド。全くの分野違いの横尾さんに、どう切り込んでいくのか、こちらも全く想像はつきませんでした。

互いにリスペクトは表しながら、重い雰囲気になるのでは・・・という心配は、いい意味で、そして思い切り覆されることになります。とにかく瀬古さん、すごいです。ストレートな質問をズバズバと連発。それがとても自然体なので、横尾さんもリラックスしてお答えになっているように見えました。朝の太陽が差し込むカフェで、水を飲みながら談笑するお二人の姿は、とてもとても貴重なものでした。

 そんな雰囲気の中、お二人から印象的な言葉が次々に飛び出したのですが、その中から二つ。

「努力すると結果しか考えない、それはつらい」

これ、瀬古さんの発言ではなく、横尾さんの発言です。ご自身のことを「努力は嫌い」「怠けるのが専門」と言う横尾さんの奥底にある考えが、ほんの少し見えた気がしました。

 「ランニングハイというのは5分10分しかないが、本当に調子がいいとずっと続く」

これはもちろん瀬古さんの発言。これぞ超一流の人の口からしか出てこない言葉だと思います。何せあの42.195キロをランニングハイで走り続けるって?想像も妄想も出来ないぐらい次元の違う話です。

 収録の最後、冒頭でもご紹介した、神宮外苑を散策するシーンがあるのですが、気持ち良い秋の午前中の収録だったこともあり、お二人ともリラックスされて、いつまでも立ったままでお話を続けていました。その脇を走り抜けていく、たくさんの市民ランナー。2020年の2年前にそんな光景があったのだと、記憶にとどめたい朝でした。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14:44 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top