2017年9月

2017年09月05日 (火)

アニメとスイーツをつなぐもの

TSUJIYONE.PNG

今週は、宮崎駿監督の数々の映画でアニメーションの作画をつとめたのち独立、この夏話題の映画『メアリと魔女の花』を監督したアニメーション映画監督の米林宏昌さんが登場!トークのお相手はスイーツの世界的コンテストで何度も1位を獲得し、「パティシエ」という言葉を日本に浸透させた洋菓子界の第一人者・辻口博啓さんです!

 お2人はともに石川県出身。今回は米林さんが「ジャンルは違うけれど、モノを作っているということは同じなので、なにか作るときの心構えや葛藤について聞いてみたい」と同郷の先輩・辻口さんとのトークを熱望、この組み合わせとなりました。ということで、番組前半は、石川県七尾市にある辻口さんのお菓子によるアートを展示する美術館(!)からスタート。世界をうならせた辻口さんの「スイーツ芸術(?)」を堪能した後、海に面したテラスでケーキを食べながらのトークと相成りました!青い空・青い海という絶景をバックにこれも美術品のようなスイーツを食べながらという、なんともぜいたくな瞬間。米林さんの顔も自然とほころびます。でも米林さん、もちろんただ食べているばかりではありません。若き日の苦労から万人を喜ばせる味を作る難しさ、そして名声を獲得した後もなお世界的コンテストに挑戦し続ける理由など、辻口さんの苦難の人生、抱え続ける葛藤、そしてそれを乗り越えてゆく「辻口哲学」ともいうべき攻めの姿勢を、数々の質問によって浮き彫りにしてゆきます。

 一方、番組後半は米林さんが『メアリと魔女の花』を制作したアニメスタジオを辻口さんが訪問。アニメーション制作の仕事の一端を見せてもらいながら、米林さんの仕事哲学に迫ってゆきます。アニメの仕事との意外に遅い出会いから、スタジオジブリに入社後のアニメーターとしての修業時代、そして宮崎監督らから「監督をやってみないか」といわれた時のとまどいなど、辻口さんの質問に率直に答えていく米林さん。そして番組終盤には「チームで仕事をすることの大切さと難しさ」、そして何よりも「誰のために作品(アニメ映画もスイーツも)を作るのか」という、ベーシックにして超難問について2人が語り合い、アニメとスイーツという全く異なるジャンルのお2人が「つながる」、とてもSWITCHらしい瞬間が見られます!

 誰のために作り、何のために表現するのか?モノづくりに関わるすべての人が直面する永遠の疑問に達人2人が迫る『SWITCHインタビュー』、放送は9月9日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:18 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top