2017年6月

2017年06月22日 (木)

「笑い」をマジメに考える

WATAMURO.JPG

7月1日の放送は今やワールドツアーも実現!ドラマやファッションショーにも登場と大活躍のお笑い芸人・渡辺直美さんが出演!トークのお相手は、こちらもドラマ・舞台からコントまで幅広く活躍を続けるムロツヨシさん!

 番組前半の舞台は、なんと都内の能楽堂。実はムロさん、去年ここで主演・演出、時に脚本まで手がける舞台を上演しました。渡辺さんも舞台に上がり、2人で能楽堂の舞台を体感するところからトークは始まります。なぜ能楽堂を選んだのか?そこにはどんな思いがこめられていたのか?ムロさんの深い思いが明かされる・・・のかと思いきや、話は意外な方向へ!?トークはスタートから波乱の展開です(笑)お笑い芸人と喜劇役者、ということで中心となるテーマはやはり「笑い」。ムロさんの「笑いの演技」にずっと注目してきたという渡辺さんが、見る人にインパクトを与えるムロさんの演技を支える役作りの秘密や、「喜劇役者」と名乗るようになった原点である幼少期からの「笑い」への思いに迫ります。さらにトークだけでなく、ムロさんがここ数年毎年上演しライフワークとしている舞台の様子や、大人気のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』収録の舞台裏もご紹介!ムロ・ワールドがたっぷり楽しめます。

 番組後半の舞台は、渡辺さんが所属する事務所の東京本部。もともと小学校だった建物を活用したもので、対談場所も片側に大きな鏡を張りダンス・レッスンができるように改築した元・教室。渡辺さん、早速ムロさんにダンスを披露して下さいました!トークで明かされるのは渡辺さんの驚異の仕事ぶり!ビヨンセやレディー・ガガのものまねで、アメリカ人も真っ青の完コピ振り付けを見せてくれる渡辺さんですが、超多忙な中で、時にはわずか2時間で1曲の振り付けをマスターしてしまうのだとか!(これにはムロさんも驚愕!の表情でした。)そして、ムロさんのインタビューに渡辺さんも率直に答えて下さり、生まれ故郷・台湾で「笑い」に目覚めた幼少時代の思い出から、「ビヨンセのものまね」で大ブレイクするも実は内面に抱えていた苦しい思い、人気芸人として活動中に突然NY留学した理由、さらには多忙な中で自分を保つ方法まで、明かして下さいます。

 今をときめく人気のお2人が、普段はめったに明かさない「笑い」に対する熱くマジメな思いを語り合う『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』、放送は7月1日(土)22:00、Eテレです。チェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:24 | カテゴリ: | 固定リンク


2017年06月13日 (火)

時間を撮る・境界を越える

SUGIISHI.PNG

今週は女優・監督・プロデューサーとして映画の世界でマルチな活躍を続ける杉野希妃さんが登場。トークのお相手は古いアパートや廃虚、人の体に残された傷痕、そして自分の母親の遺品などを撮った独特の作品で世界的にも知られる写真家の石内都さん!

 番組前半の舞台は、石内さんのご自宅兼仕事場でした。その作品内容から「どんなハードな方なのか…」と思わず身構えてしまいましたが(石内さんスミマセン!)、暗室に骸骨グッズをぶら下げてあったり「ファンだった」というデヴィッド・ボウイのポスターを貼ってあったりと、なかなかお茶目な側面を見せて下さいます。トークでは「お母様の遺品を撮ろうと思ったきっかけは?」という杉野さんの問いかけに答える中で石内さん、「私が一番撮りたいものは時間なの」といきなり本質論を語って下さいました。自分は「時間のあらわれ」として遺品や傷痕の写真を撮っており、「人が生きているというのはいとおしい」という感覚が、写真に写るのだ、と。トーク後半では、石内さんが近年ライフワークのようにされている広島の被爆者の遺品撮影についても語って下さいました。なぜ、石内さんはここ10年、毎年のように広島に通い写真を撮り続けるのか?杉野さんのインタビューにより、石内さんの広島への思いが明らかになってゆきます。

 番組後半の舞台は、杉野さんの映画のほとんどが上映されてきたという横浜市内のミニシアター。広島出身の杉野さんが故郷でロケをした最新監督・出演作『雪女』についての話題でトークはスタートしました。「異界の者との交流」や「疎外されるマイノリティー」が描かれた『雪女』。杉野さんはずっと「越境」や「マイノリティー」に興味をひかれ、映画を作り続けてきたといいます。男女の境界、国の境界、さらには人間と人間ならざる者の境界をテーマとし、自らも女優・監督・製作者の境界を自在に往復しながら精力的に活動する杉野さんの仕事術が、石内さんのインタビューで次々に明らかになってゆく様子は見物です!さらにトークの後半では、男性中心の社会で大きな仕事を成し遂げてきた杉野さんと石内さんからの痛烈な言葉が・・・。こちらもお聞き逃しなく!

アーティストお2人が、自らのテーマや仕事術について熱く、率直に語り合う『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』、放送は6月17日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:10 | カテゴリ: | 固定リンク


2017年06月05日 (月)

メディアの役割とは?

KOSAKATAHARA.jpg

去年、すい星のごとく登場し大ブレイクした「ピコ太郎」。今回はそのピコ太郎をプロデュースした芸人・古坂大魔王さんの登場です!トークのお相手は、30年続く『朝まで生テレビ!』の司会をはじめ、ジャーナリズムの最前線を走り続ける田原総一朗さん!

 まさにSWITCHならでは!という今回の組み合わせ。きっかけは『朝まで生テレビ!』の大ファンだという古坂さんのラブコールでした。古坂さんいわく田原さんの番組は「知識の格闘技」にして「エンターテインメント」。猛者ぞろいのパネリストを相手に、時に自分が悪者にさえなりながら番組を仕切っていく姿を見て、ひたすら憧れていたご様子。一方、田原さんは古坂さんのオファーに対し「本当に聞きたいことを聞く。で、自分も本音をしゃべる。建前は一切ない」と、早くもジャーナリスト魂あふれる真剣勝負モード。対談はかつて古坂さんが出演していたお笑いライブが行われていたライブハウス。そしてトークが始まってまもなく「ピコ太郎」に対する田原さんの率直な感想が!田原さんが何とおっしゃったかは、ぜひ番組をご覧下さい(笑)さらに古坂さんの「笑い」と「音楽」をミックスさせた活動への思いや、長い間古坂さんを励まし続けてくれた立川談志師匠との交流などが、田原さんの鋭い質問により次々に明かされてゆきます。

 番組後半の舞台は、田原さんのご自宅兼仕事場。やはり、というか何というか、すぐ目に入るのはうず高く積まれた本、本、本。机はもちろん、床の上にも本の山がいくつもできあがり、部屋に備え付けてあるテレビもよく見えないほどです。トークはもちろん、古坂さんが大好きな『朝まで生テレビ!』の話題から、本音を言わない相手に本音を言わせる技術、論客揃いのパネリストを仕切る心構えなど、田原さんの仕事術が明かされていきます。さらには、田原さんが民放テレビ局のディレクターだった時代の思い出話から、ドキュメンタリーについて、取材方法について、そしてジャーナリズムについての思いを語って下さいます。そして最後の最後、田原さんの感想と、それを受けて古坂さんから語られた本音が非常に印象的でした。お2人は何をおっしゃったのか?それはぜひ番組をご覧下さい。

 メディアの最前線に躍り出た古坂さんと、メディアの最前線を走ってきた田原さん、お2人の「メディア」への思いが聞ける『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』、放送は6月10日(土)22:00、Eテレです。チェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:49 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top