2017年2月

2017年02月15日 (水)

「異端」は「革新」だ!

SHIDOMIHARA.JPG

今週は、本業の歌舞伎はもちろんのこと、ドラマからクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』まで幅広く出演し、国際的にも活躍する歌舞伎俳優・中村獅童さんが登場!お相手はミラノ・パリ・ロンドンなど世界のファッションショーで熱い視線を浴びるファッションデザイナーの三原康裕さんです!

お2人は同い年。そしてほかにも共通点があります。それは自分たちが「異端」であると意識し、そのことを誇りとしていることです。獅童さんはお父様が歌舞伎俳優を廃業したため、父や師匠がものをいう歌舞伎の世界では大変な苦労をされました。若い頃には「主役はできない」と関係者に告げられたこともあるといいます。一方の三原さんはキャリアのスタートが靴のデザイン。これもファッション業界ではあまり例のないことだそうです。それでも獅童さんは先日、自らが企画した新作歌舞伎『あらしのよるに』で主演をつとめ三原さんのデザインは海外のファッション関係者から「詩がきこえてくるようだ」と高く評価されるほどの確固たる地位を築いています。

 そんな、いわば「とんがった」お2人同士のトーク、前半は新作歌舞伎を上演した劇場の楽屋で、三原さんが獅童さんの歌舞伎への思いをじっくりと聞き、そして番組後半は三原さんの仕事場で、獅童さんが三原さんの発想の源を解き明かしてゆきます。お2人のトークから感じられたのは、最初から異端としてそれぞれの業界に入った者だからこそ、逆にあえて異端の道を歩き続け、異端だからこそできる革新をめざしてきたのだ、という強い思い。そして40代を迎えた今、年齢を感じながらも、さらに革新を目指していこうとする未来志向でした。「これくらいの年になると人生折り返し地点とか言うけれど、折り返してない全然!」という獅童さんの言葉がとても印象的でした。

 異端を目指してきたお2人の、反骨心をパワーに変える仕事術に迫る『SWITCHインタビュー』、放送は2月18日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:43 | カテゴリ: | 固定リンク


2017年02月07日 (火)

「丁々発止」から人生が学べる!

KUROKIYUKAWA.JPG

今週の『SWITCHインタビュー 達人達』は映画・ドラマなどで輝き続ける女優・黒木瞳さんが登場!トークのお相手は、ドラマ『家政婦のミタ』『魔女の条件』『純と愛』など話題作・問題作の脚本を次々と手がけ、ついに映画監督デビューも果たした遊川和彦さん!あの人気ドラマの舞台裏がたっぷり聞けます!

 これまで遊川さん脚本の映画に何作も出演されている黒木さん。お2人の出会いは18年前のドラマでしたが、この時の印象は、特に遊川さんにとって「最悪」で忘れられないものになったのだそう。というのも、最初の打ち合わせの時、黒木さんの役について自らの考えを説明していた遊川さん、話を聞いている黒木さんのある変化に気づきます。そして遊川さんの説明が終わった後、黒木さんが放った一言とは・・・。

 その後「誤解」がとけ、何度も一緒に仕事をするようになったお2人。遊川さんに少し先立つ形で黒木さんが映画監督デビューを飾っていたこともあり、改めてじっくりお話を、と今回のトークが実現しました。舞台は前半・後半ともに、お2人がそれぞれの監督作品を制作した撮影所。ともに女優として、脚本家としてキャリアを重ねてからの映画監督デビューということで、俳優への演技指導など独特の仕事術を明かしてくれます。

そして今回の見所は、お2人の丁々発止のやりとり!歯に衣着せぬ勢いで黒木さんに色々とツッコミを入れる遊川さん。そのツッコミを、時に優雅にかわし、時に反撃を加える黒木さん。軽妙なやりとりの中で『GTO』など大ヒットドラマの裏に秘められた遊川さんの苦闘や、女優でも監督でもない黒木さんのもう一つのライフワークなど、とっておきの秘話が次々に披露されます!

 仕事で人と対立した時の乗り越え方から直面した困難に対処する方法まで、人生の難問解決のヒントが爆笑エピソードとともに学べてしまう『SWITCHインタビュー』、放送は2月11日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:46 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

バックナンバー


RSS

page top