2016年2月

2016年02月26日 (金)

七色ボイスと七変化ボディ

suzuki_kamiya.png体重を20kg落として結核を患う役を演じたかと思うと、
直後に30kg増量して男くさい高校生になりきるなど、
ストイックすぎる役づくりで話題の俳優・鈴木亮平さん。

子どもの頃から「人生の教科書」というほどハマった作品が、
ちょっとエッチな二枚目ガンマン・冴羽リョウが主人公の「シティハンター」なのだとか。
声を演じる神谷明さんに憧れ、一時は「声優になりたい!」と思っていたといいます。

神谷さんはキン肉マンや「北斗の拳」のケンシロウ、
「ドカベン」の美少年ピッチャー里中智、
「うる星やつら」の面堂終太郎に「名探偵コナン」の毛利小五郎(初代)などなど、
二枚目から三枚目までありとあらゆる当たり役を持つカリスマ声優。

実は「鶴瓶の家族に乾杯」に出演したときの鈴木さんを見て、
「とても感じがよくて印象に残る俳優さんだな」と気になっていたのだそうで、
37歳年下の鈴木さんからの熱烈ラブコールに、
喜んで応じて下さることになりました。

鈴木さんは番組企画書に「SWITCHインタビュー達人達  鈴木亮平×神谷明」と、
憧れの人と自分の名前が並んでいるのを見て、
信じられないくらい嬉しかったのだとか。

ついに対面がかなった瞬間、
「神谷さんと冴羽リョウ、2人に同時に会えた気がする・・・!」と声が上ずっていました(笑)

 

文字通り「7色の声」で演じられる、一世を風靡した名セリフの数々、
神谷さんならではの超絶テクニックの数々に、鈴木さんのみならずスタッフも大興奮!
鈴木さんはのどの状態チェック法やとっておきの声優トレーニング法などを、
熱心に教わっていました。

いっぽう神谷さんも、鈴木さんの人並み外れたまじめさ、真摯さに触れ、感心しきり。
鈴木さんの役作りノート(役や作品の背景などについて徹底的に調べてまとめた準備ノート)を見て、
「こういうものを作りなさいと言われても実際にやる人はほとんどいない。
“俳優かくあるべし”という姿を見せてもらった」とうなっていました。

現在、三島由紀夫の最後の戯曲「ライ王のテラス」の舞台稽古真っ最中の鈴木さん。
5時間ぶっ通しの稽古でも「休憩はなくて大丈夫です」。
トイレに行く時ですら、セリフを朗々と言いながら歩いているのです!
あ然とするスタッフに、マネージャーさんは平然と「あっこれ、いつもの光景です」。

神谷さんの7色ボイスに加え、鈴木さんのまぶしいほど純粋で真っ直ぐな人柄に、あなたも魅了されることうけあいです!

 

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:34 | カテゴリ:ここだけの話 | 固定リンク


2016年02月19日 (金)

ジャックナイフVS.匕首(あいくち)の、60分1本勝負!!

chihara_sakamoto.jpg千原ジュニアさんがNHKの西口玄関にスッと入ってこられたとき、
「・・・カッコいい!」と驚きました。
針金のように細身で長身、なんかめちゃくちゃオーラがあるんです。

吉本で新人オーディションに立ち会ったという方が、
「何十人もの新人がぞろぞろ出てきてステージに並んだけど、
千原ジュニアは一目見て「この子!」と思った」
・・・と話していたのを思い出しました。

マネージャーさんによれば、
千原さんは驚くべきことにTVに出るときも「ヘアメイクとか、いらんいらん」と、
「すっぴん」ノーメイクが基本なのだとか!
(スタジオ収録の場合は特に、男性でもファンデーションくらいは塗るのが普通です。)
確かに透き通るように色白できめ細かな肌、髪もサラッサラ(笑)。
世にも珍しい「すっぴんで勝負できる」男だったわけです。

そして阪本順治監督。
元ボクサーの赤井英和さんを俳優として開花させたデビュー作「どついたるねん」をはじめ、
「亡国のイージス」「KT」「新・仁義なき戦い」「座頭市」などなど、
男くさく骨太な映画を撮り続けるいっぽう、
藤山直美さん主演の「顔」など”女性映画”の一大傑作も撮っておられます。
吉永小百合さん主演の「北のカナリアたち」は、映画館で大号泣した記憶が・・・。

若い頃の阪本監督も眼光鋭く、
千原さんが「ジャックナイフ」だとしたら「匕首(あいくち)」みたいなイメージがあったのですが、
収録にいらっしゃるなり「いやー僕なんかが”達人”と言えるのか分からないけど」とボヤキの一言。
「監督の作品はほとんど映画館で見ています」とお伝えしたら、
「・・・今日は何にもおみやげ持ってきてないんですけどね」と、
大阪人らしく笑いで返してくれました(笑)。

そして始まった二人の対話。
まず驚いたのは、千原さんがめちゃくちゃまっすぐで真剣なこと。
お笑い芸人だからといって、意味なくボケたり、とりあえず笑いを取って流したり、といったことは一切なし。
監督もまた、「人の”顔”を見るのが商売だから」というだけあって、
静かに、しかしとことんしぶとく、千原さんに食い下がります。
千原さんも「この人相手にウソやごまかしは通用しないな」と思っている様子がありあり。
ある意味「居合い」を見ているような、緊張感のある時間が過ぎていきます。

収録を終えて口々に、
「普段は絶対しない話をいっぱいしてしまって恥ずかしい」(阪本監督)、
「芸人はこんな番組に出るもんじゃない(笑)」(千原さん)、
と語った2人。
「え!?そうだったの?」「へええー、実はそうだったんだ」と思う話が満載!
しかも、伝説のボクサー辰吉丈一郞さんも乱入する(千原さんには全くのサプライズで)という、前代未聞のおまけつき!
辰吉語録がまた、すごいんです。

真っ向勝負の、貴重な本音トーク。絶対に、お見逃しなく!

 

 


 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:ここだけの話 | 固定リンク


2016年02月05日 (金)

そうだったのか!日本語

「言葉の面白さ、奥深さをあらためて実感した!」と、
大きな反響を頂いた「厚切りジェイソン×金田一秀穂」。

いっぽう、「NHKそれもEテレなら、なぜ日本語に対する疑問を、言われっぱなしのまま放送するのか?」というご意見もいただきました。

言い訳させていただくと・・・
金田一先生も、「国語講座」「日本語講座」番組ではないので、
その場で逐一反論したり、正確な説明のために調べたりはなさらなかったし、
私たちもお二人の会話のテンポや勢いを大切にするために、
あえてひとつひとつ解説を入れたりはしなかったのです・・・

ということで、せっかくなのでこの場を借りていくつか解説させて頂きます!

●漢字の「狩」
ジェイソンさんが「“けものへん”に”守”るで「狩」る。・・・動物、守ってないよね!」とツッコんでいました。
確かに!と思いませんでした?

実はこの「狩」という字、けものへん「犭」は、「犬」の意味。
そして「守」は、「四方を守備する」という意味の「シウ」という音から来ているのだそうです。
つまり、「犬に四方を取り巻かせて猟をする」。
だから、「狩」だったんですねー。

●「かわいそう」
「おもしろい」ことをやっている人を見ると →「おもしろそう」
「おいしい」ものを食べている人を見ると  →「おいしそう」
なのになぜ、「かわいい」人を見たとき   →「かわいそう」 ・・・にならないのか?!

実は「かわいい」は「カワユイ」が転じたもので、
もともとは「いたわしい」「ふびんだ」「かわいそうだ」という意味だったんです。
(「広辞苑」の「かわいい」を見ると、この意味が一番最初に出ています!)
それがやがて、②「愛すべきである。深い愛情を感じる」、③「小さくて美しい」になっていったんですね。
「かわいい」は今や、特に女子の間では、さらに汎用性の高い形容詞となっていますが(笑)。

なので、「かわいい+そう」=「かわいそう」は、本来まったく問題ないんです。

●漢字の「豊」
収録の最後に「いろんな言葉を知れば豊かになる」と語った金田一さん。
ジェイソンさんがすかさず「曲がった豆で“豊”か?・・・ワケあり製品に過ぎないだろうが!」とツッコみます。
金田一先生は、「曲=メロディーかもしれないよ。豆畑のメロディー、すごく豊かじゃない!」と反論。
ジェイソンさんが「ボケ殺し・・・」と絶句して終了しました(笑)。

「豊」という漢字は、実は「豐」の略字。
「豈」は「たかつき(高坏)に食物を盛ってある形」を意味し、
「豐」の上の部分は、音符の「丰(ホウ)」を二つ並べたもので「充満」を意味することから、
「たかつき(高坏)に食物が充満している」=「豊」か、・・・ということだそう!
ワケあり製品じゃなくて、よかったよかった。

 

放送後、「久しぶりに漢和辞典や国語辞典を引っ張り出してきて、家族で盛り上がった」とか、
「漢字を機械的に丸暗記してきたけど、ジェイソンさんのように"何でこうなってんの?”とツッコミを入れながら覚えれば、楽しいし頭にも入りやすいと気づいた」
といった反響をいただき、うれしく思いました
今回の番組が、「あれ、そういえば何でだろう?」「言われてみれば、おかしいな?」と、
言葉に興味と関心を持つきっかけになってくれたとしたら、幸いです!

2S_03.jpg

 

 

 


 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:08 | カテゴリ:ここだけの話 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

バックナンバー


RSS

page top