2015年8月

2015年08月18日 (火)

海を越えて出会ったふたり

blog_fumi_madoka.jpg20歳にして主演作があいつぐ若手実力派女優の二階堂ふみさん(20)は、実は大のファッションフリーク。
ファッション雑誌でスタイリングの連載を持つほどで、
今回の収録用のミニワンピや、映画の舞台挨拶で着用したドレス、インタビュー取材を受けるときのワンピースは、
何とすべて自分でセレクトしたものなのだとか。

 

nikaido1.jpgnikaido2.jpgnikaido3.jpg

 

そんな二階堂さんが「世界で活躍している同世代の表現者と語り合いたい」と
名前を挙げたのが、同じ1994年生まれのバレエダンサー・菅井円加(21)さん。

現在ドイツの名門ハンブルクバレエ団に所属している菅井さんは、
「 二階堂さんから名前を挙げてもらえるなんて、信じられない!
とても嬉しいです!」と大喜び。
7月の一時帰国のさいに収録を、ということになりました。

二階堂さんと菅井さんのスケジュールが一致したのは、帰国の翌日1日のみ。
朝6時の飛行機で成田に到着、お昼ごろに神奈川県にあるご自宅に戻り、
午後は理学療法士のもとで、2月に手術した左足の治療を受けたとのこと。

そして翌日。菅井さんは朝からなんとお昼も食べずに、みっちり5時間の
レッスン(!)。夕方4時にバレエスタジオにやってきた二階堂さんと、
初対面トークが始まりました。

 

二階堂さんは最初に、サプライズの花束をとりだし、
「誕生日おめでとうございます!」
収録は菅井さんの誕生日の直後だったため、
あらかじめ何がいいかとあれこれ考え、最終的に菅井さんのイメージに合わせてひまわりの花束を選んだのだとか。


収録は、菅井さんを育てたバレエスタジオの先生、現役の生徒さんたち、
そして菅井さんがバレエを習うきっかけになったお姉さんとバレエ生活を支えてくれたお母さんに見守られ、
温かい雰囲気の中で行われました。
二人とも、この日を待っていた!とばかりに、ガールズトークに花が咲きます。
後半は映画の試写室に場所を移して、結局夜9時過ぎまで収録は続きました。

2人は、収録が終わるやいなや連絡先を交換。
「今度はカメラの前ではできない話をしましょう!」と、プライベートで会う約束も交わしていました。
20歳と21歳のみずみずしいトーク、
二階堂さんの衣装や菅井さんのバレエコスチュームも必見です!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:44 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top