2014年11月28日 (金)

「大阿闍梨」と「探検家」のイメージは・・・?

blog_kakuhata_shionuma03.jpg

いったいどんな方なんだろう、きっと仙人のような方に違いないーーー
というのが、塩沼亮潤さんに会う前のイメージでした。

大峯山千日回峰行を成し遂げた塩沼さんの称号は、「大峯千日回峰行大行満大阿闍梨」。
何しろ、標高差1300m往復48㎞の山道を1日で行って帰ってくる、というのを千日間、台風だろうが高熱を出していようが1日たりとも休んではならない、という壮絶な行です。塩沼さんはさらに「四無行」という、9日間「飲まず食わず眠らず横にならず」を続ける行をも達成。普通はそんなことをすれば死んでしまうわけですから、まさに命がけの行といえます。
それを乗り越えてきた方なのだからさぞかし・・・という予想は、見事に裏切られました。

「東京に用があって来てたものですから」と作務衣姿でひょっこり現れた塩沼さん。
まず何よりお若い!!40代ですから当然かもしれませんが、ニコニコとお話し下さる姿はとても気さくで、「高僧」然とした威圧感はまったくありません。
たまにカクッとくるようなダジャレ(つまりオヤジギャグ)も飛び出して、こちらはしょっちゅう吹き出したり爆笑したり。
実に楽しくお話が続くのです。
もちろん接しているうちに、その突き抜けた朗らかさは、やはり非凡なものだ、というのが実感されるようになるのですが・・・・。

そして探検家の角幡唯介さん。
著書の表紙の写真は、北極で真っ黒に雪焼けし、ひげが真っ白に凍り付いている壮絶なもの。
きっと、熊みたいな、むくつけき大男に違いないーーーー
という予想は、見事に裏切られました。

思ったよりお若い!というのが第一印象。澄んだ目が印象的で、どこか少年のような、純粋さ漂う方なのです。
この人が、北極を自分でソリを引きながら徒歩で1600㎞旅したり、世界最後の秘境といわれるチベットの峡谷を這いずり回ったりするのだろうか、と、意外の念に打たれたことを覚えています。

その混じりけのない情熱にふれるうちに、「探検家になるべくしてなる人って、いるんだな」「私たち凡人は、自分ができない代わりに、こういう人が挑戦する冒険を見守り、胸躍らせたりしばし日常を忘れたりするんだな」などと思い巡らせたことでした。
大阿闍梨と探検家、異色のふたりが生と死をめぐって、ふたりにしかできない対話を繰り広げます。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:30


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top