2017年04月19日 (水)

「生きるとは」を問う

FUKUSHIMAYANAGISAWA.JPG

今週は9歳で視力を、18歳で聴力を失い、障害者をめぐる問題を当事者として研究する東京大学教授の福島智さんが登場します。お相手は、難病と闘いながら生命科学について考え、書き続けてきた柳澤桂子さんです。

今回のトーク収録は前半、後半とも柳澤さんのご自宅で行われました。とても暖かい春の日差しの中、命をめぐる対話が時に真剣に、時に笑いを交えて展開されていきます。収録で強く感じたのは福島さんのユーモア感覚でした。インタビューされる前半パートは、自分が主役ということでピンク色のおしゃれなシャツを着てきた福島さん。でもそんな自分の姿を「桜餅みたい」とたとえ、収録現場を和ませて下さいます。番組でも少し紹介されますが、大学で主催しているゼミでも今回の収録同様、盛んに冗談を飛ばされ笑いが絶えない様子で、ちょっと見ただけでも「ぜひ参加してみたい」と思わされる素敵なゼミでした!対する柳澤さんも、実はなかなかのユーモア感覚の持ち主。終始、福島さんのペースでトークが進むかと思いきや、収録の最後、柳澤さんが思わぬことをおっしゃり福島さんもタジタジ…。このあたりはぜひ、オンエアでご覧下さい!

 そしてもちろん楽しいだけではなく、今回の見所は生命や倫理をめぐるお2人の興味深いお話の数々。相模原障害者殺傷事件をめぐる福島さんのお話からは、障害者をめぐる問題だけに限定されない論点が浮かび上がります。また生命科学者の視点から「般若(はんにゃ)心経」を独特の視点で解釈した柳澤さんのお話は、人間は人間の理解を超えるものにどう向き合うかという問題を浮かび上がらせ、さらには科学と倫理をめぐるお2人の興味深い議論へとつながってゆきます。

 お2人がそれぞれの生き方からつかみとった思いを明かす『SWITCHインタビュー』、放送は4月22日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:43 | 固定リンク


  
2017年04月10日 (月)

年の差・半世紀の真剣勝負!

MATSUOKAKOMUAI.JPG

今週の『SWITCHインタビュー 達人達』はこれまで著作が80冊以上、科学から芸術まで、世の中の森羅万象を「編集」という視点から読み解き、情報あふれる現代社会と対峙する知恵として「編集工学」を提唱する松岡正剛さんが登場!トークのお相手はデビューから5年、一度聞いたら癖になる曲調や独特の歌詞で人気を集める音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイさんです!

たまたま動画サイトでコムアイさんのミュージックビデオを目にし、以来ずっと気になっていたという松岡さん。トーク収録の少し前には、コムアイさんたち「水曜日のカンパネラ」が初めて実現した日本武道館でのコンサートも聴きに行きました。1万人近い観客を沸かせ、コンサート自体は盛況に終わったのですが、松岡さんもコムアイさん自身もこの日のパフォーマンスにはいろいろ思うところがあったようで…。トークでは松岡さんのなかなか辛口な感想と、それを受けてのコムアイさんの思いが聞けます!

しかし全体としては、松岡さん73歳とコムアイさん24歳という年の差をものともせずお2人が互いに共感し合い、刺激し合う内容になりました。「ライブでは観客を異界へ誘うドアを探したい」と望むコムアイさんと「そのドアを上手に開けてるよ」と応じ、メディア論から古典芸能まで膨大な知識でコムアイさんの魅力を独自に分析する松岡さん。一方のコムアイさんも、物怖じすることなく松岡さんに対し、編集工学とは何か?編集工学を提唱するに至った経緯とは?といった質問を繰り出していきます。トークを聞いて「本当に通じ合う人同士は、年齢差や仕事のジャンルの違いなど軽々と飛び越えて共感できるものなのだなあ」と改めて思わされました。

1を聞いて10を知る、達人同士の魂の交歓に触れる『SWITCHインタビュー』、放送は4月15日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:46 | 固定リンク


  
2017年04月04日 (火)

一生ものの仕事とは?

HIRASUGIYAMA.JPG

今週は、大河ドラマ『真田丸』で悲運の武将・武田勝頼を演じ、わずか2話分の出演ながら強烈な印象を残した俳優・平岳大さんが登場!お相手は、メキシコの遺跡テオティワカンで長年調査を続け、巨大ピラミッドの発掘作業から古代都市の成立について大胆な仮説を発表、世界的に注目を集めた考古学者の杉山三郎さんです!

 「俳優」と「考古学者」という全く異なるジャンルで活躍されるお2人。しかし、たどってこられた人生には共通点がありました。それは最初からこの道に進んだのではない、ということ。アメリカの大学を卒業後、サラリーマン生活を経て27歳にして初舞台をふんだ平さん。そして20歳の時に日本を飛び出し世界各地を放浪する生活を送った後、35歳にしてアメリカに留学し本格的に考古学を学び直した杉山さん。でもお2人とも自分たちのたどってきた道は決して「回り道」ではない、と考えていらっしゃることが、トークからわかってきます。今の自分になるまでに経験したことは決して無駄ではなく、むしろ自分たちの内面を必ず豊かにしてくれているのだ、と。

 さらに驚かされるのは、お2人が現在の自分たちの職業を必ずしも「生涯の仕事」とは思っていない、ということ。平さんも杉山さんも今はたまたま自分たちが夢中になれるものを職業にしているが、今後さらに自分たちを惹きつけるものが現れれば、今の職業を捨ててもいい、と語り合います。何というポジティブ思考!何という柔軟さ!逆に自分の仕事にそこまで夢中になっているからこそ、お2人は「達人」になれたのかもしれません。

そうそう、「夢中になる」といえば、古代の謎が大好きだという平さんは今回、杉山さんにどうしても聞きたいことがありました。杉山さんの研究室で仕事術について色々と聞いた後、平さんはその質問を杉山さんにぶつけます。その質問とは何か?そして杉山さんのお答えは?平さんのお茶目な側面も見られますよ!

ロマンを追い続け、成功をつかんだお2人が、自分たちの経験から達人への道のヒントを明かす『SWITCHインタビュー』、放送は4月8日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:55 | 固定リンク


  
2017年03月21日 (火)

母は強し!

KIYOKAWANAGAYAMA.JPG

今週は、写真や本などに針と糸で刺しゅうを施した独特の作品で知られ、連続テレビ小説『べっぴんさん』のタイトルバックも手がけたアーティストの清川あさみさんが登場!お相手は、世界的ブランドショップの京都店や世界的芸術家・横尾忠則さんの作品を中心に展示する「豊島横尾館」などの設計を手がけ、数々の賞にも輝く建築家の永山祐子さん!

 女性クリエイター同士の組み合わせとなった今回のトーク、お2人には共通点がありました。それは、共に小さいお子さんを持つ「お母さんクリエイター」であること。今回はそれぞれの仕事術のほかに、子育てと仕事の両立、というテーマでも色々と興味深いお話を聞くことができました。番組前半は京都で開催されていた清川さんの展覧会を永山さんが訪問、女性有名人をモデルにした「美女採集」シリーズや東京・原宿を歩くファッショナブルな若者たちを題材にした「TOKYOモンスター」シリーズといった代表作を一緒に観ながら、人間の持つコンプレックスを主題とし、「心があるものはすべて作品にできる」と言う清川さんの創作術に迫っていきます。

 番組後半はまず、清川さんが最近建てられた永山さん設計の住宅を訪れ、窓やガラスを多用し建物の内と外、そして中にいる人同士のコミュニケーションを重視した永山さんならではの建築コンセプトを体感。続いて永山さんの建築設計事務所で、世界的アーティスト・横尾忠則さんの美術館を設計した時の実験的なコンセプトなど、永山さんの仕事術を聞いていきます。そしてトークを聞いていて感じられるのは、お2人の「母」としての強さ!お子さんが生まれたばかりにもかかわらず「テーマ、コンセプトがもう1つ増えちゃった」と笑う清川さん。夜泣きするお子さんを真っ暗な中であやしながら美術館のアイデアを思いつき、「意外とこの時間、使えるんじゃないか」と気づいたという永山さん。お2人のエネルギーには、本当に圧倒されてしまいます!

 挫折を乗り越え、第一線に立つ今もなお前を見つめ続けるタフな2人が、その発想の秘訣を明かす『SWITCHインタビュー』、放送は3月25日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:57 | 固定リンク


  
2017年03月07日 (火)

音楽と医療と3.11

OTOMOINABA.PNG

今週の「SWITCHインタビュー 達人達」はノイズ・ミュージックから連続テレビ小説『あまちゃん』のテーマ音楽まで、幅広い音楽活動を続ける大友良英さんと、東大病院の循環器内科に勤務し、西洋医学や東洋医学などの垣根を越えた新たな医療の形を探る医師の稲葉俊郎さんのトークです。

 番組前半は稲葉さんが小石川植物園を大友さんと共に訪ねます。ここはかつて、黒澤明の映画でも有名な「赤ひげ診療譚」の舞台となった小石川養生所があった場所。稲葉さんは自分の原点と考えているのだそうです。後半は大友さんが作品作りを行ってきた音楽スタジオが舞台。さまざまな楽器が用意されており、自らも音楽マニアで楽器の演奏も行う稲葉さんと、即興でのセッション演奏も飛び出します!

 今回のトークでは、「音楽」と「医療」という一見まったく異なるジャンルのお2人が深く共鳴し合う場面が何度もありました。2人を結びつけたのが「福島」。大友さんは小学生から高校生まで福島で過ごし、東日本大震災の年の夏から故郷で音楽を中心としたフェスティバルを立ち上げるなど、被災地・福島を元気にしたいと活動を続けています。稲葉さんは震災直後から何度か福島に入り、医療ボランティアを行ってきました。

「こんな時に祭やっていいのか、って色んな人に言われたけど、祭が必要だって思って」という大友さん。「医療スタッフが皆うなだれていて、現代医療を本当に見直しさせられた」という稲葉さん。被災後の福島に対する、お2人の今なお強い気持ちがトークを通して伝わってきます。そしてまた、「何かの楽器を1音弾ける人が10人いれば音楽を作れる」という大友さんと、「何もない場所でも医療行為を出来るのがプロであり、ただ人の話を聞くとか何か手伝うことでも大事な医療行為になりうる」という稲葉さんの言葉からは、どんな状況でも前に進もうというポジティブさが強く感じられました。

 震災からちょうど6年という節目に放送される「SWITCHインタビュー」。3月11日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:50 | 固定リンク


  
2017年03月02日 (木)

本当の「雑草魂」とは?

MIURAINAGAKI.JPG

今週の『SWITCHインタビュー 達人達』は、あの横浜DeNAベイスターズの元・エース、「ハマの番長」こと三浦大輔さんが登場!もちろん野球についてアツく語っていただくのですが、今回この番組ではもう一つ、重要なテーマについて語っていただきます。そのテーマとは・・・雑草です!

 雑草・・・あの、道ばたや田んぼの周りに生えている雑草が、野球とどんな関係があるの?と思われる方も多いかもしれません。でも実は大いに関係があるんです!というわけで今回、三浦さんのトークのお相手をつとめられるのは、雑草研究者で静岡大学教授の稲垣栄洋さん。雑草が持つ特徴を明らかにし、農地や緑地の雑草を管理する技術の開発するため日夜研究に邁進しています。そしてそれだけではなく、雑草の生き方・生存戦略から、人がたくましく生きていくためのヒントが得られるというのです。

 というわけで番組前半、静岡大学農学部に稲垣さんを訪ねた三浦さん。早速道ばたで雑草を観察しながらレクチャーを受けます。“雑草魂”という言葉もあるように、雑草というと「踏まれても踏まれても立ち上がる」イメージがありますが、稲垣さんによれば本当の雑草の生存戦略は、そうしたイメージとはかけ離れたものなのだそう。またどんな場所でもしぶとく生きるようにみえる雑草は、実は周到に生える場所を選んでいるのだそうです。稲垣さんとの「雑草トーク」から浮かび上がる本当の“雑草魂”とは?

そして後半は三浦さん思い出の地、DeNAのキャンプ地がある沖縄県宜野湾市を稲垣さんが訪ねます。病気や投球フォームの開発にまつわる苦労話から、あの超大物ルーキー・大谷翔平との対決まで、三浦さんの野球人生を聞き出していくうち、雑草と野球の意外な共通点が明らかになってゆきます。

 

思わぬ視点から、逆境や困難をたくましく生きのびるための戦略が学べてしまう『SWITCHインタビュー』、放送は3月4日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:13 | 固定リンク


  
2017年02月15日 (水)

「異端」は「革新」だ!

SHIDOMIHARA.JPG

今週は、本業の歌舞伎はもちろんのこと、ドラマからクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』まで幅広く出演し、国際的にも活躍する歌舞伎俳優・中村獅童さんが登場!お相手はミラノ・パリ・ロンドンなど世界のファッションショーで熱い視線を浴びるファッションデザイナーの三原康裕さんです!

お2人は同い年。そしてほかにも共通点があります。それは自分たちが「異端」であると意識し、そのことを誇りとしていることです。獅童さんはお父様が歌舞伎俳優を廃業したため、父や師匠がものをいう歌舞伎の世界では大変な苦労をされました。若い頃には「主役はできない」と関係者に告げられたこともあるといいます。一方の三原さんはキャリアのスタートが靴のデザイン。これもファッション業界ではあまり例のないことだそうです。それでも獅童さんは先日、自らが企画した新作歌舞伎『あらしのよるに』で主演をつとめ三原さんのデザインは海外のファッション関係者から「詩がきこえてくるようだ」と高く評価されるほどの確固たる地位を築いています。

 そんな、いわば「とんがった」お2人同士のトーク、前半は新作歌舞伎を上演した劇場の楽屋で、三原さんが獅童さんの歌舞伎への思いをじっくりと聞き、そして番組後半は三原さんの仕事場で、獅童さんが三原さんの発想の源を解き明かしてゆきます。お2人のトークから感じられたのは、最初から異端としてそれぞれの業界に入った者だからこそ、逆にあえて異端の道を歩き続け、異端だからこそできる革新をめざしてきたのだ、という強い思い。そして40代を迎えた今、年齢を感じながらも、さらに革新を目指していこうとする未来志向でした。「これくらいの年になると人生折り返し地点とか言うけれど、折り返してない全然!」という獅童さんの言葉がとても印象的でした。

 異端を目指してきたお2人の、反骨心をパワーに変える仕事術に迫る『SWITCHインタビュー』、放送は2月18日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:43 | 固定リンク


  
2017年02月07日 (火)

「丁々発止」から人生が学べる!

KUROKIYUKAWA.JPG

今週の『SWITCHインタビュー 達人達』は映画・ドラマなどで輝き続ける女優・黒木瞳さんが登場!トークのお相手は、ドラマ『家政婦のミタ』『魔女の条件』『純と愛』など話題作・問題作の脚本を次々と手がけ、ついに映画監督デビューも果たした遊川和彦さん!あの人気ドラマの舞台裏がたっぷり聞けます!

 これまで遊川さん脚本の映画に何作も出演されている黒木さん。お2人の出会いは18年前のドラマでしたが、この時の印象は、特に遊川さんにとって「最悪」で忘れられないものになったのだそう。というのも、最初の打ち合わせの時、黒木さんの役について自らの考えを説明していた遊川さん、話を聞いている黒木さんのある変化に気づきます。そして遊川さんの説明が終わった後、黒木さんが放った一言とは・・・。

 その後「誤解」がとけ、何度も一緒に仕事をするようになったお2人。遊川さんに少し先立つ形で黒木さんが映画監督デビューを飾っていたこともあり、改めてじっくりお話を、と今回のトークが実現しました。舞台は前半・後半ともに、お2人がそれぞれの監督作品を制作した撮影所。ともに女優として、脚本家としてキャリアを重ねてからの映画監督デビューということで、俳優への演技指導など独特の仕事術を明かしてくれます。

そして今回の見所は、お2人の丁々発止のやりとり!歯に衣着せぬ勢いで黒木さんに色々とツッコミを入れる遊川さん。そのツッコミを、時に優雅にかわし、時に反撃を加える黒木さん。軽妙なやりとりの中で『GTO』など大ヒットドラマの裏に秘められた遊川さんの苦闘や、女優でも監督でもない黒木さんのもう一つのライフワークなど、とっておきの秘話が次々に披露されます!

 仕事で人と対立した時の乗り越え方から直面した困難に対処する方法まで、人生の難問解決のヒントが爆笑エピソードとともに学べてしまう『SWITCHインタビュー』、放送は2月11日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:46 | 固定リンク


  
2017年01月25日 (水)

人気作品を支える仕事術!

KOHINATAHATTORI.png

今週は、善人も悪人も自在に演じ分け、映画・ドラマ・舞台に大活躍を続ける俳優の小日向文世さんが登場!トークのお相手は、昨年の大河ドラマ『真田丸』をはじめ『HERO』『下町ロケット』など数々のテレビドラマや、映画『ラヂオの時間』、ミュージカル『オケピ!』などで、耳に残るメロディーを作り続ける作曲家・服部隆之さんです!

『真田丸』をはじめ、作品の上では何度も「一緒に仕事をしている」お2人。しかし「俳優」と「作曲家」という職業柄、現場で顔を合わせることはなかなかなく、たまにお会いしても打ち上げの席などで、2人とも酔っていて何を話したか覚えていないのだそう。「ちゃんとお話をしたい」という小日向さんのたってのご希望で、今回のトークが実現しました。番組前半は服部さんがいつも収録に使うスタジオが舞台。持参いただいた『真田丸』や『HERO』の直筆スコアを初めて目にした小日向さんは「お宝じゃないですか!」と、いきなり大興奮!トークでは、大河ドラマで曲を作ることの苦しさと喜びから、音楽一家に生まれた服部さんならではの職業選択のエピソードまで、興味深いお話が満載でした。しかもこのトークでは、これも小日向さんの熱いリクエストにより、服部さんがピアノ演奏を披露して下さいます!一体、何を弾くのか?ぜひ番組をご覧下さい。

後半の舞台は、小日向さんが若かりしころに所属していた劇団の拠点であった、かつての劇場。服部さんを案内しながら当時の思い出を語る小日向さんの楽しそうなお話ぶりからは、しかし演じることへの熱い思いが強く伝わってきます。そして、舞台下の「奈落」に腰を落ち着け(上の画像をご覧下さい!)、小日向さんの俳優人生に迫ってゆく服部さん。写真専門学校に入った後もなお、自分の表現の方法はこれではないと模索を続けたお話や、三谷幸喜さんの舞台『国民の映画』に出演中に味わった壮絶な体験など、一見ひょうひょうとした小日向さんとはかけ離れたかのような、意外なエピソードが次々に登場します。そして最後、演じたい役があれば主役・脇役にはこだわらないという小日向さんに、「これは出来ない」という役はありますか、と訪ねた服部さん。小日向さんのお答えは・・・?

人気作品を支える2人が、その仕事術の神髄を明かす『SWITCHインタビュー』、放送は1月28日(土)22:00。Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11:23 | 固定リンク


  
2017年01月19日 (木)

小説と映画、大人のプロフェッショナリズム

YUKISADAMIYAMOTO.JPG

今週は、『世界の中心で、愛をさけぶ』『GO』『北の零年』など数々のヒット映画や話題作を生み出してきた映画監督の行定勲さんが登場!行定さんがトークのお相手として熱望されたのは、『泥の河』『螢川』『錦繍』など、こちらも話題作を40年にわたって発表し続けている作家・宮本輝さん。 

宮本作品の大ファンだという行定さん。実は過去に映画化も望んだのですが様々な事情から果たせませんでした。番組前半、宮本さんの仕事場でのトークでは、行定さんが『泥の河』や最新作『草花たちの静かな誓い』など、宮本作品の文章術やテーマの設定の仕方の秘密に迫る一方、ご自身の宮本文学への熱い思いを吐露されます。そしていつしかトークは宮本さんの小説の“映画化”をめぐる話題へ。これまでデビュー作『泥の河』や『螢川』『優駿』など数多くの作品が映画化されてきた宮本さんの作品。しかし一方で「宮本輝原作悪女論」という説がささやかれているそう。その真相とは…?そして改めて、宮本作品映画化への熱い希望をぶつけた行定さん。宮本さんのお返事は…?

 番組後半は行定さんの故郷であり、去年、映画『うつくしいひと』のロケも行った熊本が舞台。お2人の再会は、去年4月に起こったあの熊本地震の爪あとが深く残る、熊本城から始まりました。トークの舞台は行定さんが月に1度パーソナリティーを務める地元ラジオ局のスタジオ。宮本さんが行定さんの監督術、そして熊本への思いについて聞いていきます。子どものころ、熊本城で見学した1本の映画のロケが行定さんの人生を決めた話、現場の「空気」を映しとる映画術、そして年を重ねるにつれて変化してきた熊本への思い。熟練のプロフェッショナル同士の“大人の会話”が重ねられてゆきます。

 第一線で輝き続けるお2人のとっておきのお話が聞ける『SWITCHインタビュー』、放送は1月21日(土)22:00、Eテレです。ぜひチェックしてみて下さい!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:07 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top