2019年03月11日 (月)大切なものは、大切に。


●おたよりテーマは…、

DSC_9719_2.jpg

「大切なもの。」

 

宮沢さん、8年前のこの日は、

ワークショップの一環で、

都内をフィールドワークしていたそうで。

DSC_9726_2.jpg

「東京も、ものすごく揺れて、

ものが落ちたり、壊れたり。

そのときの僕たちの混乱を

そのまま舞台に取り入れました。」

 

東日本大震災から8年。

いま改めて感じる大切なもの、大切なこと。

みなさんの投稿、お待ちしてます。

 

●スポーツ自由形

テーマは、「サッカーJ1リーグ」!

サッカーライター清水英斗さん

電話をつないでお届けしました。

 

サッカーJ1リーグは、昨日で3節を終了

開幕前には、昨年度2連覇を達成した

川崎フロンターレに注目が集まりましたが…、

 

「唯一の3連勝は名古屋。

傾向として、昨季から大きな変化がない、

継続性の高いチームが上位にいますね。

川崎のように変更を加えたチームは

序盤はフィットしなくても

徐々にパフォーマンスは上がりますから。

順位表も変わるでしょうね。」

 

清水さんが注目しているのは、

サンペール、そして、大分の藤本憲明

久保健英は原石感がなくなり、

ものすごく成長している。

バルセロナへ行ってしまう前に

早めに見ておいて、と。

 

●朝の一曲

『My Favorite Things』

映画「サウンド・オブ・ミュージック」

オリジナルサウンドトラックより

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、音楽家高田漣さんです。

DSC_9770_2.jpg

お父さまはフォークシンガーの高田渡さん。

お父さまの影響で14歳でギターを始め、

17歳でデビュー。

 

現在は、アコースティックギターをはじめ

スティールギターやウクレレ、マンドリン、

フィドルなど、マルチ弦楽器奏者としてご活躍。

 

3月には、およそ1年半ぶりとなる

アルバム『FRESH』を発表されました。

 

「音楽的な趣味を、

とにかく詰め込みました。

カバーは3曲。はっぴえんど、

細野晴臣さんは、

いつかカバーしたいと

思っていたので。」

 

実は、宮沢さん。

高田渡さんの著書(編集は漣さん)、

『「マイフレンド」高田渡青春日記

1966-1968』の書評を担当されたそうで。

 

渡さんの没後10年に出版された本で、

内容は、高田渡さんが青春時代、

17~20歳の頃に書いた日記をまとめたもの。

本格的に音楽活動を始める前の心境や

日本のフォークシーン黎明期を感じさせる

文章が細かく綴られています。

 

「父は多くを語る人

ではなかったので、

本を読んではじめて

知ることがあったり。」

 

多彩な仕事をこなす、漣さん。

シティボーイズの舞台音楽をはじめ、

映画やドラマの劇伴、CM音楽、

ミュージシャンへの楽曲提供や

サウンドプロデュースなども。

 

渋谷の空に見えたダブルレインボーは、

漣さんが去るのと時を同じくして

去っていきました~。

 

DSC_9784_2.jpg

DSC_9754_2.jpg

生演奏も。『夢で逢えたら』と、

お父さまの曲『自転車に乗って』の2曲を。

DSC_9790_2.jpg

民放で放送中のドラマ「フルーツ宅配便」の

劇伴もやってます~。

 

●アフター311

きょうは、3月11日。

東日本大震災から8年がたちました。

今回は、「被災地は未来に向けて」と題して

被災地から中継でお伝えしました。

 

【Jヴィレッジ】

1997年、サッカーナショナルトレーニングの

施設として開設し、使用されてきましたが、

8年前の震災以降、東京電力福島第一原子力発電所の

事故の収束と廃炉に向けた作業の拠点に。

しかし、去年から大部分が再開し、

来月にはすべての施設がオープンします。

現状を、福島放送局の山田賢治アナウンサーが

お伝えしました。

 

【岩手県大槌町大槌駅】

東日本大震災の津波で流された三陸鉄道の

大槌駅が、ことし1月に新設されました。

駅舎の横には、宮沢賢治の詩が刻まれた石碑が

設置されます。

現状を、盛岡放送局の羽隅将一アナウンサーが

お伝えしました。

 

●文化のひととき

DSC_9795_2.jpg

テーマは、「マルチプレーヤー・細野晴臣」!

細野さんは、ことしデビュー50周年

最近では、日本アカデミー賞で、

最優秀音楽賞を受賞されました

(映画『万引き家族』で音楽を担当)。

DSC_9807_2.jpg

以前も細野さんを取り上げましたが、

今回は“プレーヤー”としての活動を。

DSC_9796_2.jpg

「すぐれたベーシストであることは

言うまでもないですが、

それ以外の楽器もこなす

マルチプレーヤーなんです。

マリンバに、スティールパン、

ハモンドオルガンに、三味線まで。」

 

先日、発表された最新アルバム

『HOCHONO HOUSE』は、

1973年に発表されたソロデュー作

『HOSONO HOUSE』をみずからリアレンジ、

新録したもの。

 

46年の成熟、

現代性を感じさせる、と。

 

DSC_9760_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「冒険」

ゲストは、冒険家阿部雅龍さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190311_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時37分

ページの一番上へ▲