2019年01月30日 (水)古典落語、「角刈」。


●おたよりテーマは…、

DSC_7681_2.jpg

「派手!」

 

ユカイな江戸暮らしで、

“初代・市川團十郎”取り上げるのに

ちなんで。

 

「そういえば、

おたよりテーマに合わせて

みんなで派手なかっこうしてくるって

約束してなかったっけ?」

 

覚えていたのは、

水曜ディレクターひとりだけ。

派手なシャツを着て、

「キュ!」と指示を出しています。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「初代・市川團十郎」!

解説は、多摩大学客員教授河合敦さんです。

DSC_7553_2.jpg

来年、市川海老蔵さんが13代目、

團十郎を襲名することが決まりましたね。

ということで、今回は初代・團十郎について。

DSC_7563_2.jpg

12歳で芝居の世界に入り、

14歳のとき、江戸の中村座で初舞台

このとき、観客は度肝を抜かれたそうですが…?

DSC_7560_2.jpg

「顔に、紅と墨で異様な化粧を施していたんです。

いまでは歌舞伎の代名詞となっている“隈取”です。

そして、ど派手な衣装で、飛んだり跳ねたり。

どれもこれも、それまでの歌舞伎では

見られない、斬新なものだったんです。」

 

そんな團十郎の革新的な歌舞伎は、

江戸の人々に受け入れられ、

またたく間に人気俳優に。

が、しかし…、

DSC_7581_2.jpg

数年後、高騰した出演料が原因で、

出演依頼がパタリとなくなります。

團十郎は、新天地を求めて、京都へ。

 

当時、上方の歌舞伎は、“和事”という柔らかな

恋愛劇が人気でしたが、江戸から乗り込んできた

團十郎の“荒事”が新鮮で人気が爆発。

本場でも、大スターに。

DSC_7556_2.jpg

その後も、ど派手な演出を編み出し、

名声を欲しいままにした初代・市川團十郎ですが

45歳の若さでこの世を去ります。

(本番の合間の休憩中に、役者仲間に刺し殺される

という悲しい最期でした。)

DSC_7576_2.jpg

彼の“人の心をつかむ術”は、現代でも通用するもの。

エンターテインメントの大先生である、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、歌舞伎俳優尾上松緑さんです。

DSC_7594_2.jpg

お父さまは、初代・尾上辰之助さん

おじいさまは、二代目・尾上松緑さん

1991年、二代目・尾上辰之助を、

2002年、四代目・尾上松緑を襲名されました。

 

お父様の辰之助さんが亡くなったのは、

松緑さんが12歳のとき。

ことし三十三回忌で、来月、

追善狂言として「義経千本桜 すし屋」、

「名月八幡祭」に出演されます。

 

「すし屋」では、初めて、いがみの権太を。

どこかに、お父さまやおじいさまの“匂い”を

感じてもらえたらいいな、と。

 

「名月八幡祭」では、縮屋新助を。

今回は追善ということで、

お父さまが2回目に演じたとき出演していた

玉三郎さん仁左衛門さんが同じ役で出演。

 

「手のひらの上で転がされる

心地よさを味わっております(笑)」

 

プライベートでは、

レッズが好きメタルが好き

歌舞伎以外の舞台を見るのも好き。

 

以前は、お父さまに“追いつかなくては”

考えていたそうですが、いまでは、

“父ならどうするだろうか”と考えるように。

 

継承する人は、

“先代はとうてい越えられない存在”と

受け止めるところから始まる。

 

きょうをしっかりやりきること。

そのきょうが明日につながる、と。

 

DSC_7589_2.jpg

DSC_7588_2.jpg

DSC_7607_2.jpg

DSC_7623_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、きょうは“色彩で攻めて”ない

春風亭正太郎さんです。

DSC_7627_2.jpg

「歌舞伎と比べたら、落語は地味ですよっ。」

 

テーマは、「いまどきの図書館」!

以前、「図書館」がおたよりテーマのとき、

みなさまから「いまの図書館はすごい」という

おたよりをたくさんいただきましたので、

調べてみました~。

 

「先日、書店の減少をお伝えしましたが

一方で増えているのが図書館なんです。

1987年におよそ1700館だったのが

2017年には、およそ3300館、倍の数に。」

 

“世界の魅力的な図書館ベスト20”に選ばれた

金沢海みらい図書館(石川県金沢市)

“復興のシンボル”でもある

須賀川市中央図書館(福島県須賀川市)ほか

革新的な図書館がいろいろ。

 

一方で…、図書館の数は増えているのに

予算は減っているのが現状。

今後は、“複合型”や運営の外部委託が

ますます進んでいくかも、と。

 

DSC_7643_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_7661_2.jpg

<なおちゃん>さん、食べることが大好きなのに、

食べ物の上限を5,000円と決めている旦那さま。

価値観の違いは、どうしたら埋められるのであろうか、と。

 

「食べ物はいったん置いておいて、

夫婦で共有できるエンターテイメント、

映画とかライブとかを楽しんで…、

そこから、食べ物にもっていくのは、どう?

 

シェケナベイベー。

 

<レバニラ・スズキ>さん

恋する体力が弱まった、と。

 

「まず、肉を食う。

そして、ラジオ体操。

最後に、筋肉をつけたら…」

 

ユージのできあがり?

 

ではなく、

すてきな女性がいそうな場所へでかけろ、と。

大事なのは、失敗しても落ち込まないこと!

 

DSC_7678_2.jpg

DSC_7670_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「地味」

ゲストは、作家・画家大宮エリーさんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190130.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分

ページの一番上へ▲