2019年01月28日 (月)ルビー vs 塩あんびん


●おたよりテーマは…、

DSC_7375_2.jpg

「あまい!」

 

宮沢さん、腰の痛みを

“あまく”みていたようです。

 

「大丈夫かなと思っていたら、

動けなくなりました。」

 

結果、杖をついて歩行しているそうですが、

そんなからだでも…、

 

<あの店の、ハンバーガーを食べたい。>

 

はうようにして、お店まで行ったそうです。

おそるべし、食欲。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

まずは、生島淳さん電話をつないで、

“大坂なおみ選手の快挙”について

お話をお伺いしました。

 

そして、スタジオには、星野恭子さん

DSC_7395_2.jpg

テーマは、「ブラインドサッカー」!

視覚に障害がある選手たちがプレーする

ブラインドサッカー。

パラリンピックの正式種目です。

1チーム5人。フィールドプレーヤー4人は

視覚障害者、ゴールキーパーは視覚に障害がない人、

もしくは、弱視の人がつとめます。

DSC_7377_2.jpg

フィールドプレーヤーは、アイマスクを着けます。

(選手は、全盲から光を感じる程度まで

視覚に差があるので、見え方の違いをなくし、

公平にプレーするため。)

DSC_7384_2.jpg

こちらは、ブラインドサッカー専用のボール

転がると音が出るしくみです。

DSC_7396_2.jpg 

「ほか、衝突防止ため、『ボイ!』と

声を出さなければならないルールも。

さらに、選手の目の代わりとして、

情報が伝える人が3人。

実は、視覚障害者と健常者の連携が

重要なスポーツなんです。」

 

2月には、クラブチーム選手権大会

3月には、ブラインドサッカーワールドグランプリ

注目の大会が続きます。

日本代表キャプテンの川村怜選手に注目、と。

 

●朝の一曲

『si c'est que ça』(antena)

 

●特別企画「帰ってきたMUSIC SCRAP」

ミュージックセレクターは、タブレット純さんです。

DSC_7401_2.jpg

きょうは、“最近買ったレコードのなかから、

ぜひ宮沢さんに聴いてほしい曲”をお届けしました。

 

M1『さあおぬぎ』(アンドレ・カンドレ) 

「これを購入したがために、生活がままならなく

なってしまいました。」←ウン万円

 

M2『あたいは恋の殺し屋』(ふりそでシスターズ)

DSC_7418_2.jpg 

「曲調は、ジャズっぽい感じもありつつ、

ジャケットの写真は旅館の仲居さんのような。」

←別の曲でも、写真は使い回し

 

M3『海の男は行く』(石原裕次郎)

DSC_7417_2.jpg

「盤が変わった形で、

映画館で配っていたものではないかと。」

 

M4『しのび逢い』(星野仙一)

「作詞作曲は、石原裕次郎の

“ブランデーグラス”コンビです。

宇野ヘディング事件の悔しさを

ここにぶつけられたのかも。」←違う

 

M5『泣きちゃうね』(渥美清)

「昭和の喜劇王のブレイク前。まだ34歳。

クレイジーテイストな。」←これも高かった

 

M6『お宮さん』(ザ・トーイズ)

「宮沢さんご出身の、静岡が舞台。

グループ名は、“座頭市”をもじったとも。」

 

M7『亜矢子』(中山仁)

「まだあった、“アヤコ歌謡”。」

 

DSC_7423_2.jpg

DSC_7424_2.jpg

また来てくださいね。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_7431_2.jpg

「“あまい”大福と思って食べたら、“塩あんびん”。

しょっぱくて、のどがカラッカラ。

高座前は要注意です。」

 

テーマは、「ルビーチョコ」!

最近、話題のルビーチョコ。

これまで、チョコといえば、

ダーク、ミルク、ホワイトの3種類でしたが

第4のチョコとして、注目されています。

 

「最大の特徴でもあるピンク色ですが、

これは、着色料、イチゴやベリーなどの

フルーツを加えずに出しています。

カカオ豆に由来する天然成分を

利用しているそうで、企業秘密なんだとか。」

 

味は、フルーティーな甘酸っぱい味

いろいろな食べ方ができそうですが、

課題は、まだお高いこと。

 

DSC_7425_2.jpg

ことしのバレンタインにいかが?

 

●文化のひととき

DSC_7450_2.jpg

テーマは、「大阪発情報誌」!

いまや、インターネットで簡単に情報が手に入る

時代になりましたが、70年代に登場し、

80年代にかけて圧倒的な存在感を放っていたのが

演劇、映画、コンサート、イベントにまつわる情報誌。

今回は、そのはじまりと与えた影響について。

DSC_7465_2.jpg

「ぴあが刊行される前年の、

1971年、大阪で刊行されたのが

『プレイガイドジャーナル』。

情報誌の元祖。

当時のアングラ演劇と並走することで、

サブカルチャー、カウンターカルチャー的な

性格の媒体になった。」

 

“情報がお金になる”と気づいた人が始めた

マス向け商業誌、ぴあ。

対して、独自路線を進んだ、プガジャ。

 

当時、えんぴつや消しゴムのように、

道具のひとつとして持ち歩いた情報誌。

それが、きわめてプリミティブな姿であった、と。

 

DSC_7457_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「鬼」

9時台はアンコールで、2018年10月30日放送分、

髭男爵のインタビューをお届けします。

 

それでは、また明日!

 

20190128_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時31分

ページの一番上へ▲