2019年01月25日 (金)ウインナーの肉汁が熱くて怒る、2歳。


●おたよりテーマは…、

DSC_7300_2.jpg

「怒らせちゃった!」

 

“カノッサの屈辱”にちなんで、このテーマ。

みなさんの“怒らせちゃった”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_7310_2.jpg

テーマは、「すっぴんだけど、すっぴんじゃない」

取り上げたのは、

『男の!ヤバすぎバイト列伝』

(著・掟ポルシェ)

著者は、男気啓蒙ニューウエーブバンド

「ロマンポルシェ。」のボーカル、説教担当。

“サブカル界の兄貴”としても支持されています。

DSC_7314_2.jpg

この本は、音楽情報サイトでの連載をまとめたもの。

著者の“ナメた”バイト経験を赤裸々にしています。

DSC_7303_2.jpg

「掟さんは、誰でも就職できたような時代に、

好きなこと(=むちゃ)をしている。

自由っていうのは、何かを犠牲にしてでも

貫くものなのかもしれないね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『WE ARE THE CHAMPIONS』(QUEEN)

源一郎さんのお子さん(中学生)も、「よかった」と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ノンフィクション作家奥野修司さんです。

DSC_7318_2.jpg

奥野さんは、2017年、東日本大震災で

大切な家族を亡くした人々の霊体験を取材した

「魂でもいいから、そばにいて」を発表し、話題に。

 

次に取り組んだのは、“認知症”

去年、「ゆかいな認知症」を刊行。

取材から見えてきたのは、

一般に思われているのとは全く違った

認知症のあり方でした。

 

「結論から言うと、認知症は、

記憶が保持できないなどの

機能低下はあっても、

喜怒哀楽や自尊心、嫉妬心など

人間の根源的な部分は変わらない

ということです。」

 

認知症を助けてくれる

いろんなツールがあるけれど、

いちばん早いのは、

“人”に助けてもらうこと。

 

認知症になったら、

まずはカミングアウトして

助けを求めること。

 

介護する側も、よく耳を傾けて、

わからないことがあれば、

本人に尋ねるのがいちばんいい、と。

 

DSC_7319_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_7328_2.jpg

テーマは、「“国産チーズ”大躍進」!

2017年、チーズ消費量は過去最高に。

そのおよそ8割をしめているのが輸入チーズですが

いま注目されているのは、国産チーズです。

 

「輸入チーズの人気を受けて、

日本の酪農家さんも立ち上がり、

自分たちの牛乳でチーズを作ろう!という

国産チーズづくりの挑戦が始まったんです。」

 

試行錯誤の末、いまでは世界的なチーズコンクールで

何度も入賞するほどの品質の高さに。

 

ことしは、チーズの輸入ルールが変わり

安い輸入チーズが増えるかもしれない状況。

勝負はこれから、と。

 

DSC_7322_2.jpg

DSC_7345_2.jpg

「熟成させた方も、おいしいね。」

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_7362_2.jpg

取り上げたのは、

『13ゴースト』!

伯父の豪邸を相続したら、

それは12体のゴーストを封じ込めた

“幽霊屋敷”だった…というお話です。

 

「赤青のメガネをかけて

色を切り替えると、幽霊が見えたり、

見えなかったりする…というしかけが。

監督のウィリアム・キャッスルは、

そういったギミックを考える天才です。」

 

『地獄へつづく部屋』、『第三の犯罪』、

『ミスター・サルドニカス』などなど、

ほかにもアトラクティブな作品が。

キャッスルについては、

語りたいことがまだまだある、と。

 

DSC_7372_2.jpg

DSC_7371_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「あまい」

9時台は、帰ってきたMUSIC SCRAP

ミュージックセレクターは、タブレット純さんです。

 

それでは、また来週!

 

20190125_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時41分

ページの一番上へ▲