2018年12月21日 (金)よいお年を!


●おたよりテーマ「ええやんか」

年内最後のすっぴん!

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_5699_2.jpg

テーマは、「ジャズは青春だ!」

取り上げたのは、

『ジャズ・カントリー』

(著・ナット・ヘントフ / 訳・木島始)

DSC_5714_2.jpg

ゲン国ではめずらしい、“小説”を。

源一郎さん、ずっと取り上げたいと

思っていたそうで。

DSC_5722_2.jpg

この本は、ヘントフ初の小説で、

全米図書賞を受賞。

ジャズが大好きな白人の高校生が、

ニューヨークのジャズメンの世界に飛び込み

人種の壁にぶつかりながらも

乗り越えていく…というお話です。

DSC_5702_2.jpg

「女性が少年にアドバイスするんだけど、

それはジャズの話を超えて、

生き方の話なんだよね。

現代のアメリカを代表する青春小説です。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『恋の気分』(安田南)

好きなジャズシンガーが、

親友の友だちの彼女だった、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ジャズレーベル代表澤野由明さんです。

DSC_5728_2.jpg

大阪の繁華街「新世界」にある老舗履物店の

四代目であり、ジャズレーベルの代表

二足のわらじを履いて、実に20年!

 

「本業は、履物屋。

おかげさまで、いまは毎日

外国人のお客様が。

ジャズに興味を持った

きっかけは、“オーディオ”。

機械いじりが好きで。」

 

10月には、ジャズレーベルでの

20年をまとめた『澤野工房物語』を出版。

レーベルのポリシーは、3つの“ない”。

ストリーミングやダウンロードはない、

ベストやコンピレーションは商品化しない、

広告を出さない。

 

ジャズ喫茶を知る世代としては、

音楽はイヤホンで聴くものじゃなくて

あびるもの。

 

今後は…、ジャズ喫茶のオープンもあり?

 

DSC_5741_2.jpg

DSC_5746_2.jpg

DSC_5733_2.jpg

DSC_5753_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5767_2.jpg

テーマは、「オフィスランチ革命!」

オフィスでの“ランチ時の混み混み問題”を解決する

サービスが増えているそうです。

 

「ひとつめが、訪問弁当販売。

昔からありましたけど、

違いは、その種類。

40~50種類もあるんです。」

 

からくりは、

たくさんのお弁当屋さんと提携して

とりまとめて販売する…というシステム。

お弁当の販売代行ですね。

 

ほか、レンタル冷凍庫なるものも。

冷凍された20種類のお総菜をチョイスして

お金を投入、あとは電子レンジでチン…という。

 

お弁当を買いに行く時間が短縮できるうえ、

しっかり栄養もとれる。

オフィスを変える新たなサービス、と。

 

DSC_5759_2.jpg

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_5774_2.jpg

取り上げたのは、

『ストレンジ・デイズ』!

1999年、大みそかのLAを舞台に、

主人公が殺人事件に巻き込まれる

近未来SFスリラーです。

(制作は、1995年。)

 

「おもしろいけど、

重層的なおもしろさで、

説明しづらい映画。

だから、興行的にはヒットしなかった。

浮かれて荒れていた世紀末の感じを

思い出しますね。」

 

この映画を

ざっくりひとことで言うと

<年末は大変だ>、と。

 

DSC_5771_2.jpg

 

明日からこの時間は、

「冬休み子ども科学電話相談」をお届けします。

http://www.nhk.or.jp/radiosp/kodomoqw/

 

すっぴん!の放送再開は、

1月7日(月)です。

 

パーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「too much. やり過ぎた!」

ゲストは、使用済み手帳類収集家

志良堂正史さんです。

 

それでは、よいお年を!

 

20181221_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分

ページの一番上へ▲