2018年09月25日 (火)「血のつながりと、愛情は別。」←たまに、いいこと言う


●おたよりテーマは…、

DSC00674_2.jpg

「ヒヤッとした!」

 

高知県田野町での

「まちなかおばけストリート」という

イベントに参加したユージさん。

町の人がお化けに仮装して

観光客のみなさんを驚かすそうですが…、

 

田野町の“公認キャラクター”である

ユージさんも、“ゾンビになった殿様”

扮したそうで。

 

「前回は、坂本龍馬でしたが、

今回は、“殿様”。

漠然としてましたね。」

 

みなさんの“ヒヤッとした”話、

お待ちしてます!

 

●こそだてカフェ

DSCF4393.JPG

ご相談は、

「人見知りが激しい幼稚園児の息子は、

小学校で大丈夫か?」

 

玉川大学教育学部教授大豆生田啓友さん

お答えいただきました。

 

「子どもには、それぞれタイプがあって、

外交的な子もいれば、内向的な子も。

まずは、自分の子どものタイプを知って、

つきあっていくことが大切です。」

 

お母さんはよく考えて対処して

いらっしゃるので、

このままのペースで大丈夫。

 

子どもには友だちをつくる力があると信じて

がんばってください、と。

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

DSCF4388.JPG

 

●朝の一曲

『real friends feat. Swae Lee』(カミラ・カべロ)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、歌舞伎俳優中村七之助さんです。

DSC00684_2.jpg

七之助さんは、日仏友好160年を

記念して開催されている

「ジャポニスム2018:響きあう魂」での

歌舞伎公演に出演され、

フランスから帰国されたばかり。

 

「『色彩間苅豆かさね』と『鳴神』を

上演しまして。

冷房がなくて、大変でしたね…。

6~7月には、スペインにも。

喜び、感動の表現がすごくて、

まさに、情熱の国でした。」

 

お父様の中村勘三郎さんが亡くなって、

ことしは七回忌。

来月から、歌舞伎座で

「芸術祭10月大歌舞伎~

十八世中村勘三郎七回忌追善」公演

始まります。

 

「あっという間でしたね。

すべての演目に思い入れがあります。

白鸚のおじさまとご一緒できるなんて、

父の存在がなければ、

叶わなかったことです。」

 

11月には、浅草寺境内に劇場をつくり、

平成中村座もされるそうで。

 

「2か月も追善公演ができるのは、

まわりの方々のおかげ。

歌舞伎座、平成中村座、

それぞれの小屋にあった演目を

上演します。」

 

3歳の時、初お目見得してから、

お父様を近くで見続け、

“これだけできる人が、

これだけ努力するのか”という思いが

ずっとある。

 

お父様が、野田秀樹さんをはじめとする

同世代の演出家と積極的に交流したように、

これからは、自分も同世代の演出家と

コラボしていきたい、と。

 

DSC00688_2.jpg

DSC00686_2.jpg

DSC00709_2.jpg

DSC00696_2.jpg

DSC00699_2.jpg

DSC00714_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC00718_2.jpg

テーマは、「星空ビジネス」!

観光資源のない地域が、その「ない」を

逆手にとったのが星空ビジネス。

何もないからこそ、星空がよく見える、と。

 

「たとえば、

八重山諸島の星空浴ツアー、

長野県阿智村ではスキー場を利用した

星空ナイトツアーも。」

 

今後も、地域自らが発信する旅行が

増えていきそうですね。

 

DSCF4437.JPG

DSCF4438.JPG

DSCF4461.JPG

 

●ユー辞典

DSCF4474.JPG

お題は、「引退」!

 

選ばれたのは…、

<負けるが勝ち>さん「ごちそうさま」!

 

たくさんの投稿と投票を

ありがとうございました!

 

ところでユージさん、#nhk_suppin に、

“引退”を惜しむ声が多数、寄せられていますが…?

 

DSCF4482.JPG

「よーし、みんなに“いいね”してやる。」

 

明日のパーソナリティーは、

ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「オヤジ」

ゲストは、ミュージシャン小坂忠さんです。

 

それでは、また明日!

 

20180925_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時52分

ページの一番上へ▲