2018年09月14日 (金)「13さいは、もう少し先なので」


●おたよりテーマ「13歳のわたし」

DSCF3622.JPG

およそ、2か月弱ぶりの金曜すっぴん!です。

 

源一郎さん、この夏最大のイベントは、

ラジオ第一で放送された番組

「高橋源一郎と読む『戦争の向こう側』」

取り仕切ったこと。

 

「超タイヘン。

時間の管理がタイヘンで、

ずーっと時計見てた。」

 

そして、ドラマ出演も。

 

きょうは、「自民党総裁選 討論会」

関連番組を放送するため、

すっぴん!は、9時55分までの放送です。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます!

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSCF3623.JPG

テーマは、「“タカハシ源一郎さん”の話をするよ」

取り上げたのは、

『今夜はひとりぼっちかい?

日本文学盛衰史 戦後文学篇』

(著・高橋源一郎)

 

文学史そのものを小説にした

「日本文学盛衰史」から、17年。

その“戦後文学篇”が出版されました。

 

今、文学はどこにあるのか…?

それを探し始めたタカハシさんは、

ツイッターの中に、コバヤシヒデオと

オオオカショウヘイを発見して…。

DSCF3638.JPG

DSCF3630.JPG

「小説を読む人が減ってきたけど、

探してみるとワクワクするような

作品はたくさんある。

文学はなくなりませんよ。」

 

この世でいちばん実用的なのは、文学。

マニュアルがないできごとが起こったとき

どうすればいいかを教えてくれる、と。

 

●朝の一曲

『誰も寝てはならぬ』(アレサ・フランクリン)

「アガサフランクリン、ソウルの女王。

ラジオを聴き始めた頃に、よく聴いていた歌です。

グラミー賞で、パヴァロッティの代わりに

歌ったんだよね。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、児童文学作家角野栄子さんです。

DSCF3657.JPG

早稲田大学教育学部卒業後、出版社に勤務。

25歳のとき、自費移民でブラジルに渡り、

2年間滞在。

 

準備もせず、お金も持たず、

ポルトガル語もわからない状態で

ブラジルへ旅立たれたそうで…。

 

「見たがり屋、

知りたがり屋でしたので。

最初の1か月は、悲惨でしたね。

何か月かたってから、

仕事を見つけて。」

 

帰国後、ブラジルでの体験をもとに書いた

『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』

35歳のとき、作家デビュー。

 

映画化され大ヒットした「魔女の宅急便(全6巻)」

来年40周年を迎える「アッチ コッチ ソッチの

小さなおばけシリーズ(全39巻)」

ご自身の戦争体験を基にした

「トンネルの森1945」

翻訳本「ミッフィーのおうち」などなど、

400タイトル近い書籍を出版。

 

朗読する人が増えてきたけど、

それは“聴き書”で、“読書”ではない。

 

読書ができるようになるためには、

幼年童話というジャンルは大切。

一冊読んだ達成感を味わってほしい、と。

 

DSCF3674.JPG

DSCF3671.JPG

DSCF3665.JPG

DSCF3669.JPG

DSCF3659.JPG

DSCF3694.JPG

 

来週、月曜のすっぴん!はお休みです。

 

火曜のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「長ーい」

ゲストは、俳優吉沢悠さんです。

 

それでは、また来週!

 

20180914_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時32分

ページの一番上へ▲