2018年07月18日 (水)「みなさん、平成最後の夏ですよ。平成最後の海」


●おたよりテーマ「海」

DSCF2438.JPG

埼玉で育ったユカイさん。

海への憧れが強かったそうで。

 

「若大将に、サザン。

青くて、広くて、大きくて、

女の子もたくさんいて。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「土用の丑の日」!

DSCF2444.JPG

解説は、時代考証家山田順子さんです。

DSCF2463.JPG

江戸で「うなぎ屋」が広まったのは、享保の頃。

それまでは、身を開かずぶつ切り&串刺しにして

塩や味噌で食べていたそうで。

(骨もあって、あまりおいしくなかった。)

DSCF2459.JPG

京都・大阪から「蒲焼き」の調理法が伝わり

しょうゆタレをつけて焼くように。

DSCF2455.JPG

うなぎのほか、土用もちや土用しじみなど、

江戸庶民も、栄養をつけて

暑い夏を乗り切ろうとしていた、と。

 

●朝の一曲

『SPARKLE』(山下達郎)

「当時は、サーファーブームで。

一方、俺はロックで革パンはいて。

あるとき、メンバーがこの曲を演奏していて、

“かっこいいな…”って。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、シンガーソングライターで

絵本作家イルカさんです。

DSCF2469.JPG

75年、『なごり雪』が大ヒット。

80年には、女性アーティストとして

初の“武道館”コンサートを成功させたイルカさん。

現在は、絵本作家や国際自然保護連合の

親善大使など幅広く活動されています。

 

「親善大使としては、

毎年、河口湖でコンサートを。

ことしで、14回目です。」

 

中学でバンドをはじめ、

大学でのちに夫となる神部和夫さんと出会い、

神部さんプロデュースのもと

ソロデビューして…。

 

『なごり雪』は、もとはかぐや姫の曲。

当初、お友達の曲を歌うことに

躊躇があったようで。

すごい曲だと思うからこそ、

自分が歌ってはいけない、と。

 

レコーディングの当日まで、

うじうじしてたんですけど、

しょうちゃん(伊勢正三さん)が

“この曲嫌いなの? 嫌じゃなかったら

歌ってよ”と言ってくれて。」

 

人生をコース料理でたとえるなら、

50代は“メイン”で、60代は“デザート”。

 

60を過ぎたら人生が終わる…と

思っている人が多いけれど、

  

やっと、自分のやりたかったことを

自由にできるとき。

“デザート世代”を楽しんで。

 

人生フルコース、と。

 

DSCF2477.JPG

DSCF2487.JPG

DSCF2490.JPG

DSCF2497.JPG

父&息子の三人(三世代)で、ライブやってます~。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSCF2508.JPG

テーマは、「墓じまい」!

“墓じまい”は、“お墓をなくす”ことではなく、 

いまあるお墓を更地にして、

“遺骨(あるいは墓石ごと)を別の場所に移す”

ことを意味しています。

 

現在、40%のお墓が無縁墓化しているそうで

(10年後には、60%になるというデータも)。

墓じまいのトラブルで多いのは、

親族間での意見の違い。

 

このお盆に、話し合ってみてはいかが? と。

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSCF2517.JPG

<日焼けしたいケド肌弱い>さん

だめんずは、ほめてのばしたほうが

いいそうですよ~。

 

<ガベ子>さんへ、ユカイさんから生歌を。

DSCF2428.JPG

♪『THE WAY YOU LOOK TONIGHT』

 

自分らしさを失わないで、と。

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「プール」

ゲストは、作家・作詞家高橋久美子さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20180718.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:08時03分

ページの一番上へ▲