2019年2月15日

「しゅん...。」←心の声が出てしまうタイプ


●おたよりテーマは…、

DSC_8358_2.jpg

「めんどくさ~い!」

 

源一郎さん、積み上げた本の中から

目当ての本を探すのが“めんどくさ~い”

DSC_8360_2.jpg

(きょうの資料だけでも、この量ですから…。)

 

みなさんの投稿、お待ちしてます!

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_8387_2.jpg

テーマは、「ラジオは愛だ!」

取り上げたのは、

菊地成孔の粋な夜電波

シーズン1~5 大震災と歌舞伎町篇

(著・菊地成孔、TBSラジオ)

DSC_8401_2.jpg

ということで、よそさまの番組風に

朗読してみました。

DSC_8407_2.jpg

コンビニの店員役。…どちらさま?

DSC_8365_2.jpg

「僕がラジオを好きなのは、“自由”だから。

自由に曲をかけて、自由にしゃべれる。

テレビが登場して、“ラジオが滅びる”

なんて言われたけど、そうはならなかった。」

 

それは、

 

ラジオが、“最新の声を届けることが

できるメディア”だからではないか、と。

 

もう一度お聴きになりたい方は、

聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『Ordinary Fool』(UA×菊地成孔)

「ゲン国で取り上げた菊地さんは、

すぐれたサクソフォンプレーヤー。

すぐれた伴奏者って、人の音をよく聴くんだよね。

何ごとも、人の声を聴かなくちゃだめだね。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ノンフィクション作家高野秀行さんです。

DSC_8409_2.jpg

早稲田大学探検部在籍時に書いた

『幻獣ムベンベを追え』をきっかけに

文筆活動をスタート。

 

“誰も行かないところへ行き、

誰もやらないことをやり、

それをおもしろおかしく書く”がモットーで、

アジア、アフリカなどの辺境地をテーマとした

ノンフィクションのほか、東京を舞台にした

エッセイや小説もたくさん発表しています。

 

高野さんのおもな活動記録は…、

 

21歳(1987~)

 コンゴ共和国 ジャングルに40日間滞在し、

 湖をひたすら見張る

25歳(1991~)

 アマゾンの源流、6,770㎞を船で乗り継ぎ、

 遡る旅を4ヶ月

26歳(1992~)

 タイ国立チェンマイ大学で日本語を教える

30歳(1996~)

 ミャンマー北部 反政府ゲリラ支配地区に

 7ヶ月間単身滞在

37歳(2003~)

 西南シルクロード探査 ゲリラ地帯

 (ミャンマー北部)のジャングルを徒歩で歩く

39歳(2005~)

 インドにいるらしい怪魚 ウモッカ探しの旅

41歳(2007~)

 国内、東京から自転車で沖縄 波照間島へ55日間の旅

44歳(2010~)

 “サハラ砂漠のマラソン大会”で初めてのフルマラソン

45歳(2011~)

 イラン、アフガニスタン、シリア、パキスタン…

 禁酒国イスラム圏の飲酒事情をルポ

  

世界を飛び回っている高野さんは、

もちろん、現地の食事も体験。

 

その食べ物の記録をまとめたのが

『辺境メシ やばそうだから 食べてみた』

タイ東北の“田んぼフーズ”や、

タイ産ワインのおつまみは、あの卵…。

 

「ええ、アリの。

塩とナンプラーで味付けされていて

上品なお味でしたよ。

タイにはぶどうがなくて、

“ワインの作り方”みたいな本を

見ながら作ってました(笑)」

 

(ちなみに、“田んぼフーズ”は、

おたまじゃくし…。

「見かけ通りの味」とのこと。)

 

以前、ゲン国で取り上げた高野さんの著書は、

『異国トーキョー漂流記』

盲目のスーダン人、マフディーさんの

話が印象的でした。

 

いま日本はどうなっているのか。

中にいると見えないことがある。

 

“知らない”から、怖さを感じる。

会うのは、“個人”。

ひとくくりにしてはいけない。

 

現在、マフディーさんは

都内の大学で教べんをとっており、

しょっちゅう電話がかかってくる、と。

 

DSC_8425_2.jpg

DSC_8433_2.jpg

DSC_8439_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

アンコールで、2018年11月30日放送

「いい香り? それとも香害!?」をお届けしました。

 

●春日太一の金曜映画劇場

DSC_8443_2.jpg

最近、「実は洋画が好き」という連載を始めたそうで。

 

取り上げたのは、

『忍びの者』!

ときは、戦国末期。全国制覇の野望に燃え、

宗門の掃討をつづける織田信長。

天台、真言修験道の流れをくむ忍者の頭領、

三太夫が下忍たちに信長暗殺を命じて…。

 

「権力者たちに利用される

下忍たちの悲哀と反抗を描いている。

主演の市川雷蔵は、

ただスターなだけじゃない。

うまい。

そして、雷蔵を誘惑する岸田今日子。

もはや、怪談です。」

 

でも、最後はさわやかな

ハッピーエンドで終わるそうです。

 

DSC_8450_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「睡眠問題」です。

 

それでは、また来週!

 

20190215_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時41分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲