2019年1月

民明書房刊『雷電はなぜすべてを知っているのか』。←By ミスミ


●おたよりテーマは…、

DSC_7845_2.jpg

「地味。」

 

川島さん、初めて入ったカレー屋で

さんざんな目にあって、モヤモヤ。

店を出たあとも、モヤモヤ。

 

<そうか…、

あのとき、店主に対し、

 

『辛口やな。カレー屋なだけに』

 

と返せていたなら、

もうワンランク上の芸人に

なれたのかもしれない。>

 

と、“地味”に反省したそうです。

 

本日は国会中継のため9時55分まで

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_7683_2.jpg

お題は、

「100年後の節分。いったいどうなってる?」

DSC_7715_2.jpg

(民明書房刊…? 雷電…?)

DSC_7700_2.jpg

食糧難の為、豆を投げられただけで鬼ラッキー…?

DSC_7706_2.jpg

学校で女子から全く豆を投げてもらえなかった

息子のために、寝ている時に母親が

そっと豆を一粒当てている…?

 

次回のお題は、

「『え?そんなことする奴いるの?!』

スキー場に貼られていた注意書きとは?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_7736_2.jpg

「<足元が滑りやすくなっているので

お気を付けください>。」

DSC_7743_2.jpg

そして、まさかの舞台の告知!!

 

●朝の一曲

『少年B』(板尾創路)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、作家・画家大宮エリーさんです。

DSC_7797_2.jpg

広告代理店勤務を経て、2006年に独立。

映画『海でのはなし。』監督デビュー

2008年に出版したエッセイ集

『生きるコント』で注目され、

NHKでは『サラリーマンNEO』をはじめとした

脚本をご担当、番組へのご出演も。

2012年から、体験型の個展をはじめ

絵画制作や展覧会の活動など、

多方面でご活躍中です。

 

で、先日出版されたばかりの著書が

『大宮エリーのなんでコレ買ったぁ?!』です。

DSC_7810_2.jpg

スタジオにも、“なんでコレ買ったぁ?!”の現物を

持参していただきました。

(写真は、火を噴く修道女。)

DSC_7793_2.jpg

パンチングマシーン。

DSC_7796_2.jpg

セルフパンチングマシーン。

DSC_7836_2.jpg

福ちゃんの巨大フラフープ。

DSC_7816_2.jpg

川島さんの腹筋鍛えるシート。

DSC_7800_2.jpg

なんでコレ買ったぁ?!”と問いかけることで、

見えてくる自分があるそうで。

DSC_7749_2.jpg

緒形拳さんとのエピソードも。

DSC_7844_2.jpg

今後は、海外でも個展やります~。

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「節目」

ゲストは、映画監督の、ガレッジセール ゴリ 改め

照屋年之さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190131.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時54分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

古典落語、「角刈」。


●おたよりテーマは…、

DSC_7681_2.jpg

「派手!」

 

ユカイな江戸暮らしで、

“初代・市川團十郎”取り上げるのに

ちなんで。

 

「そういえば、

おたよりテーマに合わせて

みんなで派手なかっこうしてくるって

約束してなかったっけ?」

 

覚えていたのは、

水曜ディレクターひとりだけ。

派手なシャツを着て、

「キュ!」と指示を出しています。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「初代・市川團十郎」!

解説は、多摩大学客員教授河合敦さんです。

DSC_7553_2.jpg

来年、市川海老蔵さんが13代目、

團十郎を襲名することが決まりましたね。

ということで、今回は初代・團十郎について。

DSC_7563_2.jpg

12歳で芝居の世界に入り、

14歳のとき、江戸の中村座で初舞台

このとき、観客は度肝を抜かれたそうですが…?

DSC_7560_2.jpg

「顔に、紅と墨で異様な化粧を施していたんです。

いまでは歌舞伎の代名詞となっている“隈取”です。

そして、ど派手な衣装で、飛んだり跳ねたり。

どれもこれも、それまでの歌舞伎では

見られない、斬新なものだったんです。」

 

そんな團十郎の革新的な歌舞伎は、

江戸の人々に受け入れられ、

またたく間に人気俳優に。

が、しかし…、

DSC_7581_2.jpg

数年後、高騰した出演料が原因で、

出演依頼がパタリとなくなります。

團十郎は、新天地を求めて、京都へ。

 

当時、上方の歌舞伎は、“和事”という柔らかな

恋愛劇が人気でしたが、江戸から乗り込んできた

團十郎の“荒事”が新鮮で人気が爆発。

本場でも、大スターに。

DSC_7556_2.jpg

その後も、ど派手な演出を編み出し、

名声を欲しいままにした初代・市川團十郎ですが

45歳の若さでこの世を去ります。

(本番の合間の休憩中に、役者仲間に刺し殺される

という悲しい最期でした。)

DSC_7576_2.jpg

彼の“人の心をつかむ術”は、現代でも通用するもの。

エンターテインメントの大先生である、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、歌舞伎俳優尾上松緑さんです。

DSC_7594_2.jpg

お父さまは、初代・尾上辰之助さん

おじいさまは、二代目・尾上松緑さん

1991年、二代目・尾上辰之助を、

2002年、四代目・尾上松緑を襲名されました。

 

お父様の辰之助さんが亡くなったのは、

松緑さんが12歳のとき。

ことし三十三回忌で、来月、

追善狂言として「義経千本桜 すし屋」、

「名月八幡祭」に出演されます。

 

「すし屋」では、初めて、いがみの権太を。

どこかに、お父さまやおじいさまの“匂い”を

感じてもらえたらいいな、と。

 

「名月八幡祭」では、縮屋新助を。

今回は追善ということで、

お父さまが2回目に演じたとき出演していた

玉三郎さん仁左衛門さんが同じ役で出演。

 

「手のひらの上で転がされる

心地よさを味わっております(笑)」

 

プライベートでは、

レッズが好きメタルが好き

歌舞伎以外の舞台を見るのも好き。

 

以前は、お父さまに“追いつかなくては”

考えていたそうですが、いまでは、

“父ならどうするだろうか”と考えるように。

 

継承する人は、

“先代はとうてい越えられない存在”と

受け止めるところから始まる。

 

きょうをしっかりやりきること。

そのきょうが明日につながる、と。

 

DSC_7589_2.jpg

DSC_7588_2.jpg

DSC_7607_2.jpg

DSC_7623_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、きょうは“色彩で攻めて”ない

春風亭正太郎さんです。

DSC_7627_2.jpg

「歌舞伎と比べたら、落語は地味ですよっ。」

 

テーマは、「いまどきの図書館」!

以前、「図書館」がおたよりテーマのとき、

みなさまから「いまの図書館はすごい」という

おたよりをたくさんいただきましたので、

調べてみました~。

 

「先日、書店の減少をお伝えしましたが

一方で増えているのが図書館なんです。

1987年におよそ1700館だったのが

2017年には、およそ3300館、倍の数に。」

 

“世界の魅力的な図書館ベスト20”に選ばれた

金沢海みらい図書館(石川県金沢市)

“復興のシンボル”でもある

須賀川市中央図書館(福島県須賀川市)ほか

革新的な図書館がいろいろ。

 

一方で…、図書館の数は増えているのに

予算は減っているのが現状。

今後は、“複合型”や運営の外部委託が

ますます進んでいくかも、と。

 

DSC_7643_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_7661_2.jpg

<なおちゃん>さん、食べることが大好きなのに、

食べ物の上限を5,000円と決めている旦那さま。

価値観の違いは、どうしたら埋められるのであろうか、と。

 

「食べ物はいったん置いておいて、

夫婦で共有できるエンターテイメント、

映画とかライブとかを楽しんで…、

そこから、食べ物にもっていくのは、どう?

 

シェケナベイベー。

 

<レバニラ・スズキ>さん

恋する体力が弱まった、と。

 

「まず、肉を食う。

そして、ラジオ体操。

最後に、筋肉をつけたら…」

 

ユージのできあがり?

 

ではなく、

すてきな女性がいそうな場所へでかけろ、と。

大事なのは、失敗しても落ち込まないこと!

 

DSC_7678_2.jpg

DSC_7670_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「地味」

ゲストは、作家・画家大宮エリーさんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190130.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

「おにはーそとー!」「声が小さい!!」


●おたよりテーマは…、

DSC_7471_2.jpg

「鬼!」

 

もうすぐ節分ですね~。

ユージさん、鬼といえば、“心を鬼にする”

 

「玄関で、『パパ行かないで~』と

言われたらねぇ。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

DSC_7480_2.jpg

ご相談は、

「泣きわめく次女と、嫌気がさしている長女」

ままんさん(埼玉県・40代)

小1の女の子。かんしゃくの頻度と行動が

エスカレートしているようで…。

 

このご相談には、

玉川大学教育学部教授大豆生田啓友さん

お答えいただきました。

 

「お嬢さまにとって、“泣く”ことは、

“なぜ、わかってくれないの?”という訴え。

それなのに、“怒られる”ので、

さらに訴えようとして、

エスカレートするんです。」

 

誰か“わかってくれる人”がそばにいると、

気持ちはおさまっていくもの。

 

親は、子どもが気持ちをおさめるための

“選択肢”をいくつか与えて、

子どもに選ばせてみる。

それをひとつひとつ積み重ねて

子ども自身が、気持ちのおさめかたを

学んでいくことが大切。

 

しつけは、北風よりも太陽で、と。

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

DSC_7473_2.jpg

DSC_7490_2.jpg

 

●朝の一曲

『Eastside』(benny blanko, Halsey & Khalid)

 

●すっぴん!インタビュー

アンコールで、2018年10月30日放送

髭男爵のインタビューをお届けしました。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_7499_2.jpg

(節分のお仕事によばれ、かみしもではなく、

赤タイツを着せられるとは。)

 

テーマは、「社会に役立つ自動販売機」!

2017年末の時点で、日本で稼働している

自動販売機の台数は、約242万台

信号機が、全国でおよそ21万台なので

驚きの数字です。

 

で、“社会に役立つ自動販売機”とは…?

 

「たとえば、

レンタルアンブレラ自動販売機。

ビニール傘を貸してくれるサービスで

電車の忘れ物の傘を再利用しています。

基本的な目的は地域への貢献で、

全国で約500台設置されています。」

 

ほか、“子どもと女性を見守る

おしゃべり自動販売機”

“子どもの未来応援基金 寄付型自動販売機”

高齢者の飲み込み補助のための

“とろみボタン付き自動販売機”、などなど。

 

自動販売機が社会に貢献しようという動きは、

実は、早くからあったそうで。

 

使いやすさを考えた“ユニバーサルデザイン”や、

災害情報が配信される電光掲示板を搭載した

有料と無料が切り替えられる

“災害時対応型 自動販売機は、以前から。

 

“変わった自動販売機”もいいけれど、

“社会に役立つ自動販売機”にも注目、と。

 

DSC_7508_2.jpg

DSC_7500_2.jpg

 

●ユー辞典

DSC_7517_2.jpg

お題は、「節分」!

選ばれたのは…、<全自動車>さん

「リメイクされたドラマ・映画」!

DSC_7544_2.jpg

たくさんの投稿と投票を、ありがとうございました。

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「派手」

ゲストは、歌舞伎俳優尾上松緑さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190129_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時45分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ルビー vs 塩あんびん


●おたよりテーマは…、

DSC_7375_2.jpg

「あまい!」

 

宮沢さん、腰の痛みを

“あまく”みていたようです。

 

「大丈夫かなと思っていたら、

動けなくなりました。」

 

結果、杖をついて歩行しているそうですが、

そんなからだでも…、

 

<あの店の、ハンバーガーを食べたい。>

 

はうようにして、お店まで行ったそうです。

おそるべし、食欲。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

まずは、生島淳さん電話をつないで、

“大坂なおみ選手の快挙”について

お話をお伺いしました。

 

そして、スタジオには、星野恭子さん

DSC_7395_2.jpg

テーマは、「ブラインドサッカー」!

視覚に障害がある選手たちがプレーする

ブラインドサッカー。

パラリンピックの正式種目です。

1チーム5人。フィールドプレーヤー4人は

視覚障害者、ゴールキーパーは視覚に障害がない人、

もしくは、弱視の人がつとめます。

DSC_7377_2.jpg

フィールドプレーヤーは、アイマスクを着けます。

(選手は、全盲から光を感じる程度まで

視覚に差があるので、見え方の違いをなくし、

公平にプレーするため。)

DSC_7384_2.jpg

こちらは、ブラインドサッカー専用のボール

転がると音が出るしくみです。

DSC_7396_2.jpg 

「ほか、衝突防止ため、『ボイ!』と

声を出さなければならないルールも。

さらに、選手の目の代わりとして、

情報が伝える人が3人。

実は、視覚障害者と健常者の連携が

重要なスポーツなんです。」

 

2月には、クラブチーム選手権大会

3月には、ブラインドサッカーワールドグランプリ

注目の大会が続きます。

日本代表キャプテンの川村怜選手に注目、と。

 

●朝の一曲

『si c'est que ça』(antena)

 

●特別企画「帰ってきたMUSIC SCRAP」

ミュージックセレクターは、タブレット純さんです。

DSC_7401_2.jpg

きょうは、“最近買ったレコードのなかから、

ぜひ宮沢さんに聴いてほしい曲”をお届けしました。

 

M1『さあおぬぎ』(アンドレ・カンドレ) 

「これを購入したがために、生活がままならなく

なってしまいました。」←ウン万円

 

M2『あたいは恋の殺し屋』(ふりそでシスターズ)

DSC_7418_2.jpg 

「曲調は、ジャズっぽい感じもありつつ、

ジャケットの写真は旅館の仲居さんのような。」

←別の曲でも、写真は使い回し

 

M3『海の男は行く』(石原裕次郎)

DSC_7417_2.jpg

「盤が変わった形で、

映画館で配っていたものではないかと。」

 

M4『しのび逢い』(星野仙一)

「作詞作曲は、石原裕次郎の

“ブランデーグラス”コンビです。

宇野ヘディング事件の悔しさを

ここにぶつけられたのかも。」←違う

 

M5『泣きちゃうね』(渥美清)

「昭和の喜劇王のブレイク前。まだ34歳。

クレイジーテイストな。」←これも高かった

 

M6『お宮さん』(ザ・トーイズ)

「宮沢さんご出身の、静岡が舞台。

グループ名は、“座頭市”をもじったとも。」

 

M7『亜矢子』(中山仁)

「まだあった、“アヤコ歌謡”。」

 

DSC_7423_2.jpg

DSC_7424_2.jpg

また来てくださいね。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_7431_2.jpg

「“あまい”大福と思って食べたら、“塩あんびん”。

しょっぱくて、のどがカラッカラ。

高座前は要注意です。」

 

テーマは、「ルビーチョコ」!

最近、話題のルビーチョコ。

これまで、チョコといえば、

ダーク、ミルク、ホワイトの3種類でしたが

第4のチョコとして、注目されています。

 

「最大の特徴でもあるピンク色ですが、

これは、着色料、イチゴやベリーなどの

フルーツを加えずに出しています。

カカオ豆に由来する天然成分を

利用しているそうで、企業秘密なんだとか。」

 

味は、フルーティーな甘酸っぱい味

いろいろな食べ方ができそうですが、

課題は、まだお高いこと。

 

DSC_7425_2.jpg

ことしのバレンタインにいかが?

 

●文化のひととき

DSC_7450_2.jpg

テーマは、「大阪発情報誌」!

いまや、インターネットで簡単に情報が手に入る

時代になりましたが、70年代に登場し、

80年代にかけて圧倒的な存在感を放っていたのが

演劇、映画、コンサート、イベントにまつわる情報誌。

今回は、そのはじまりと与えた影響について。

DSC_7465_2.jpg

「ぴあが刊行される前年の、

1971年、大阪で刊行されたのが

『プレイガイドジャーナル』。

情報誌の元祖。

当時のアングラ演劇と並走することで、

サブカルチャー、カウンターカルチャー的な

性格の媒体になった。」

 

“情報がお金になる”と気づいた人が始めた

マス向け商業誌、ぴあ。

対して、独自路線を進んだ、プガジャ。

 

当時、えんぴつや消しゴムのように、

道具のひとつとして持ち歩いた情報誌。

それが、きわめてプリミティブな姿であった、と。

 

DSC_7457_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「鬼」

9時台はアンコールで、2018年10月30日放送分、

髭男爵のインタビューをお届けします。

 

それでは、また明日!

 

20190128_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時31分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ウインナーの肉汁が熱くて怒る、2歳。


●おたよりテーマは…、

DSC_7300_2.jpg

「怒らせちゃった!」

 

“カノッサの屈辱”にちなんで、このテーマ。

みなさんの“怒らせちゃった”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_7310_2.jpg

テーマは、「すっぴんだけど、すっぴんじゃない」

取り上げたのは、

『男の!ヤバすぎバイト列伝』

(著・掟ポルシェ)

著者は、男気啓蒙ニューウエーブバンド

「ロマンポルシェ。」のボーカル、説教担当。

“サブカル界の兄貴”としても支持されています。

DSC_7314_2.jpg

この本は、音楽情報サイトでの連載をまとめたもの。

著者の“ナメた”バイト経験を赤裸々にしています。

DSC_7303_2.jpg

「掟さんは、誰でも就職できたような時代に、

好きなこと(=むちゃ)をしている。

自由っていうのは、何かを犠牲にしてでも

貫くものなのかもしれないね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『WE ARE THE CHAMPIONS』(QUEEN)

源一郎さんのお子さん(中学生)も、「よかった」と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ノンフィクション作家奥野修司さんです。

DSC_7318_2.jpg

奥野さんは、2017年、東日本大震災で

大切な家族を亡くした人々の霊体験を取材した

「魂でもいいから、そばにいて」を発表し、話題に。

 

次に取り組んだのは、“認知症”

去年、「ゆかいな認知症」を刊行。

取材から見えてきたのは、

一般に思われているのとは全く違った

認知症のあり方でした。

 

「結論から言うと、認知症は、

記憶が保持できないなどの

機能低下はあっても、

喜怒哀楽や自尊心、嫉妬心など

人間の根源的な部分は変わらない

ということです。」

 

認知症を助けてくれる

いろんなツールがあるけれど、

いちばん早いのは、

“人”に助けてもらうこと。

 

認知症になったら、

まずはカミングアウトして

助けを求めること。

 

介護する側も、よく耳を傾けて、

わからないことがあれば、

本人に尋ねるのがいちばんいい、と。

 

DSC_7319_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_7328_2.jpg

テーマは、「“国産チーズ”大躍進」!

2017年、チーズ消費量は過去最高に。

そのおよそ8割をしめているのが輸入チーズですが

いま注目されているのは、国産チーズです。

 

「輸入チーズの人気を受けて、

日本の酪農家さんも立ち上がり、

自分たちの牛乳でチーズを作ろう!という

国産チーズづくりの挑戦が始まったんです。」

 

試行錯誤の末、いまでは世界的なチーズコンクールで

何度も入賞するほどの品質の高さに。

 

ことしは、チーズの輸入ルールが変わり

安い輸入チーズが増えるかもしれない状況。

勝負はこれから、と。

 

DSC_7322_2.jpg

DSC_7345_2.jpg

「熟成させた方も、おいしいね。」

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_7362_2.jpg

取り上げたのは、

『13ゴースト』!

伯父の豪邸を相続したら、

それは12体のゴーストを封じ込めた

“幽霊屋敷”だった…というお話です。

 

「赤青のメガネをかけて

色を切り替えると、幽霊が見えたり、

見えなかったりする…というしかけが。

監督のウィリアム・キャッスルは、

そういったギミックを考える天才です。」

 

『地獄へつづく部屋』、『第三の犯罪』、

『ミスター・サルドニカス』などなど、

ほかにもアトラクティブな作品が。

キャッスルについては、

語りたいことがまだまだある、と。

 

DSC_7372_2.jpg

DSC_7371_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「あまい」

9時台は、帰ってきたMUSIC SCRAP

ミュージックセレクターは、タブレット純さんです。

 

それでは、また来週!

 

20190125_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時41分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ホラ貝を入れる綱袋、1万5千円。


●おたよりテーマは…、

DSC_7156_2.jpg

「金(きん・かね)!」

 

復活しましたよー!

 

お仕事を休まれたのはもちろん、

ご家族にも移さないよう自室にこもり、

お嬢様とはテレビ電話。

 

「気配を消して生活して、

気づかれないよう、見守って。

死んだ人ってこんな気持ちなんかな?

 

そして、藤井アナ以下、

すっぴん!スタッフもがんばって

川島さんの留守を預かりましたよ~。

 

「聴いてないと思って、

好き勝手やってましたね。

熱がぶり返しそうになったわ。」

 

おたよりテーマは、

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_7181_2.jpg

お題は、

「この先生、全然正月気分ぬけてないなあ。

学校で何をした?」

DSC_7183_2.jpg

凧に乗ってやってきた…?

DSC_7159_2.jpg

昼休みに、教室のすみで本を読んでいると

『羽根つきやる?』と話しかけてくる…?

DSC_7177_2.jpg

獅子舞のまま授業をやり切った…?

 

次回のお題は、

「100年後の節分。いったいどうなってる?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_7198_2.jpg

「人類はいなくなり、

鬼が黙って恵方巻を食べている」

DSC_7205_2.jpg

「こわっ。」

 

明るめの投稿も、お待ちしてます~。

https://www.nhk.or.jp/suppin/toko/form.html

 

●朝の一曲

『ラブストーリーは突然に』(小田和正)

ぶじ、かんちした、ということで。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優藤山扇治郎さんです。

DSC_7206_2.jpg

喜劇王・藤山寛美を祖父に、

俳優の藤山直美を伯母にもつ扇治郎さん。

NHKでは、連続テレビ小説「まんぷく」

主人公・福子の勤務するホテルの料理人、

野呂幸吉役でおなじみです。

節操なく、女性に缶詰を渡していましたね。

 

「おかげさまで、“野呂缶さん”と

呼ばれるようになりまして。

スーパーで缶詰を見るたびに、涙が。

缶詰を渡すシーンは、1日で撮ったんですよ。

いろんな缶詰を、

“はい、これ。次は、これ。”って。

僕は、“缶詰の日”と呼んでおります。」

 

6歳で東京歌舞伎座で初舞台を踏み、

子役として舞台やテレビで活躍。

高校入学後は、学業に専念し、

2009年から俳優活動を再開。

2013年、藤山扇治郎に改名して

松竹新喜劇に入団

 

関西には、吉本新喜劇もありますが

どう違うのでしょうか…?

 

「松竹は、喜劇を演じる劇団。

吉本は、コントが入った軽演劇。

前者は“話の筋”、後者は“笑い”に

重きを置いている感じ。

どちらも、関西が誇る新喜劇です。」

 

来月からは、初の新派との合同公演、

「新派130年、松竹新喜劇70年、

合わせて200年達成! 夢の競演」に出演。

それぞれの代表的な演目を上演されるそうで。

 

若い人にもぜひ、笑いあり涙ありの

“新喜劇”を見ていただきたい、と。

 

DSC_7212_2.jpg

DSC_7232_2.jpg

DSC_7214_2.jpg

DSC_7235_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_7236_2.jpg

テーマは、「“街の書店”の新たなカタチ」!

全国の書店数は減る一方ですが、

書店側もさまざまな取り組みをしています。

そんななか、東京・六本木に、

“国内初、入場料をとる書店”が誕生したそうです。

一回の来店につき、1,620円。

 

「これまでも、カフェ併設の

書店はありましたが、この書店は、

“本と出会う本屋”をテーマにしていて、

本を選ぶ時間に価値をおいているんです。

本との出会いを誘発する“仕掛け”も。」

 

週末は、入場制限がかかるほどの人気だそうで。

今後の展開に注目、と。

 

DSC_7237_2.jpg

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「は虫類」!

DSC_7261_2.jpg

ご登場は、2回目! 専門誌「ビバリウムガイド」

冨水明さんです。

DSC_7263_2.jpg

は虫類業界、現在はレオパードゲッコー

通称「レオパ」の一強だそうで。

設備が不要で飼いやすいことから

女性を中心に人気なのだとか。

ということで…、

DSC_7269_2.jpg

持って来ていただきました。

DSC_7270_2.jpg

こんにちは。

DSC_7271_2.jpg

DSC_7274_2.jpg

DSC_7277_2.jpg

レオパの登場によって、

ご新規さんが大量に入ってきた“は虫類”業界。

慣れたからといって、安易に

他の“は虫類”に手を出すと、大変なことに…。

DSC_7286_2.jpg

“は虫類を飼う”のは、もとはアングラな趣味。

周りに迷惑をかけてしまうと、法律が厳しくなり、

簡単につぶされてしまう、と。

DSC_7284_2.jpg

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「怒らせちゃった!」

ゲストは、ノンフィクション作家奥野修司さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190124.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時40分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

俺がついてるぜ~♪


●おたよりテーマは…、

DSC_7023_2.jpg

「仲間!」

 

きょうは、9時台から

プレミアムセッションのため

広いスタジオからお届けしています~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「徳川宗春」!

解説は、多摩大学客員教授河合敦さんです。

DSC_7027_2.jpg

第7代尾張藩藩主、徳川宗春。ときの将軍は、8代吉宗

宗春の、吉宗に対する敵対心がすごかったそうで。

DSC_7035_2.jpg

「本来なら、御三家筆頭の尾張から

将軍が出るはずだったのに…という思いが

あったんでしょうね。」

DSC_7038_2.jpg

藩主に就任後、宗春は、

吉宗の“享保の改革”を公然と批判

極端な倹約はかえって民を苦しめると

名古屋城下で“遊郭”を開始

ほか、芝居や相撲、歌舞伎の興行までも解禁。

名古屋城下は人であふれかえったそうで。

DSC_7045_2.jpg

けれども…、繁栄の一方で、

宗春の華美な生活が影響してか

財政は赤字に転落

尾張藩の重臣たちのクーデターもあり、

吉宗からは謹慎を命じられ

幽居にて、69歳で死去。

すい星のように強烈な光を放ち、

一瞬で闇の彼方へ去った宗春。

DSC_7025_2.jpg

「かっこいいねぇ。」

 

●朝の一曲

『めかくしランナー』(あんぜんバンド)

 

●特別企画「ユカイのプレミアムセッション」

第4弾は、“RCサクセション トリビュート”と題して、

ゲストにサックス奏者梅津和時さん

お迎えしてお届けしました。

DSC_7101_2.jpg

梅津さんが、RCサクセションに初めて参加したのは、

1980年の久保講堂のコンサートから。

きょうは、RCサクセションの名曲の数々を

セッションしました。

DSC_7050_2.jpg

A.K.I. BLUES BANDのメンバー、

ギターの藤井一彦さんとピアノの伊東ミキオさん

強力な助っ人として参加!

DSC_7089_2.jpg

ギター、藤井一彦さん。

DSC_7104_2.jpg

ピアノ、伊東ミキオさん。

DSC_7051_2.jpg

DSC_7058_2.jpg

DSC_7063_2.jpg

DSC_7142_2.jpg

DSC_7139_2.jpg

最後はやっぱり、あの曲を。

 

【セッションリスト】

M1「ラプソディ」

M2「スローバラード」

M3「いい事ばかりはありゃしない」

M4「トランジスタラジオ」

<梅津さん、生演奏「東北」> 

M5「雨上がりの夜空に」

 

DSC_7144_2.jpg

もう一度、生演奏をお聴きになりたい方は、

聴き逃しサービスでどうぞ!!

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_7154_2.jpg

<たるちゃん>さん、先輩のパシリから

後輩への指導まで、ご苦労様です。

 

「この関係は、なかなか変えられないね。

自分にとってもプラスになるんだと、

気持ちを切り替えてみては?」

 

<サバ缶>さん、50代男子、

それなりに安定し、守りに入るか、

まだまだ攻めるか、どうすべきか…、と。

 

「攻めてください。」

 

DSC_7145_2.jpg

DSC_7151_2.jpg

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「金(きん・かね)」

ゲストは、俳優藤山扇治郎さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190123.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時54分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

アッコがとまらない。


●おたよりテーマは…、

DSC_6951_2.jpg

「見上げてみたら!」

 

ユージさん、見上げてみたら…、

moon_yuji_2785.jpg

スーパームーンがありました。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

ご相談は、

「いじめを学校に相談するか?」

<きらきらサンシャイン>さん

 

小学校6年生の女の子。いじめを目撃し、

助けようとしたら、「かばうなら、

どうなるかわかっているだろうな」と脅されて…。

先生はいじめを把握しているけれど、

「自分たちで解決してほしい」

放置しているそうで。

 

教育評論家尾木直樹さん

お答えいただきました。

 

「あと、2か月くらい。

こんなタイミングまで

先生が放置しているなんて

ありえないことです。

受験を控えてストレスがたまり、

そのはけ口がいじめに向かう

こともあるんです。」

  

いじめで進路が左右されてはいけない。

中学で同じクラスにならないよう

文書を交わすなど、何らかの対策を、と。

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

こちらは、気象予報士福田寛之さんが撮った

スーパームーン。(そんなに大きく見えないな…。)

moon_fuku_1835.JPG

「え? 大きいでしょ。

 

ついでに、

moon_twi_20190121.jpg

ついったー担当の撮ったスーパームーン

 

●朝の一曲

『Sweet but Psycho』(Ava Max)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、和田ア…ではなく、

モノマネ芸人Mr.シャチホコさんです。

DSC_6953_2.jpg

「メイク自体は30分、10分前行動で、40分。

ユージ、ひさしぶり。」

 

昨年、テレビ番組で披露した和田アキ子さんの

ものまねで高評価を受け、オファーが殺到。

ことし、ますます活躍が期待される

ものまね芸人さんです。

 

アッコさんのものまねは、

「あの頃は、はっ!」「ハーヒフヘホー!」など

ほかの芸人さんがすでにしていましたが、

シャチホコさんは、アッコさんのよく言うセリフや、

身ぶり手ぶりをまねて人気に。

 

和田アキ子さんご本人も公認ということで

何度もお会いになっているそうで。

DSC_6972_2.jpg

「この靴も、いただきまして。

“言うても、私女性やから、サイズが

合わへんかったら無理せんといて”と言われて。

ぴったりでした。」

 

ミスチルのものまねから始まり、

いまのブレイクは、

奥さまのアドバイスがあってこそ。

 

次に狙うのは、今田耕司さん

ことし一年かけて完成させたい、と。

 

DSC_6956_2.jpg

DSC_6961_2.jpg

DSC_6973_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6981_2.jpg

テーマは、「犬の介護」!

わんこ界にも、高齢化の波が。

ペットフードの質がよくなり、

医療も充実、室内飼いの定着などにより

わんこが長寿化しています。

そうなると、考えなければいけないのが

“介護”の問題です。

 

「介護支援や老犬ホームなど、

各種サービスがあります。

ペットと入居できる老人ホームも。

飼い主が先に亡くなった場合を考え、

引き取り手を決めておくことも必要です。」

 

高齢者に限らず、自分に何かあった場合、

ペットが路頭に迷わないよう

準備しておくことが大切、と。

 

●ユー辞典

DSC_6996_2.jpg

お題は、「引き際」!

選ばれたのは…、

<ディスレンジャー>さん「天ぷら」!

DSC_7000_2.jpg

たくさんの投稿と投票を、ありがとうございました。

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「仲間」

9時台以降は、サックス奏者梅津和時さん

お迎えして、プレミアムセッション!

RCサクセショントリビュートと題してお届けします。

 

それでは、また明日!

 

20190122_suppinsong.jpg

 

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時33分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

上位争いがあれば、最下位争いもある。


●おたよりテーマは…、

DSC_6836_2.jpg

「ライバル!」

 

先週は、やついさんとともに、

ハタチのころの思い出

赤裸々に語っていただきましたが…、

 

「僕は、コントに目覚めました。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

サッカーライター清水英斗さん

電話をつないでお届けしました。

(取材中かと思いきや、フットサルで負傷。)

 

テーマは、「アジアカップ 制覇なるか」!

日本代表は、一次リーグを全勝で終え、1位通過

きょう、日本時間夜8時から、

決勝トーナメント1回戦、

サウジアラビアとの試合に臨みます。

 

「日本は、1、2試合目に出たセットAと、

3試合目のセットBと、

2つのチームになっている。

決勝トーナメントで

交互に出すわけにはいかないので、

どこかで融合させなければいけない。」

 

最大のライバルは、イランと韓国。

いまの仕上がり具合では勝てないので、

セットAとセットBの融合がどれだけ進むかが

カギになる、と。

 

●朝の一曲

『She Wants To Mambo』

(Johnny Thunders & Patti Palladin)

DSC_6838_2.jpg

「寒いので、陽気にいきましょう。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、コンテンツクリエイター・文筆家

藤原麻里菜さんです。

DSC_6839_2.jpg

もと、お笑い芸人さん。

人前に立つのは苦手…と気づいて、

 

“一人でつくったものを、

動画でたくさんの人に見てもらおう”

2013年から、動画投稿サイトで

「無駄づくり」チャンネルを開設。

 

昨年には、『無駄なことを続けるために』を出版。

これまで作られた作品がリストアップされています。

ということで、いくつかサンプルを。

DSC_6859_2.jpg

“インスタ映え台無しマシーン”。シャッターを押すと、

指が映り込むスマホケースです。

DSC_6852_2.jpg

“1人でも2人分のアイスが食べられるマウント”

DSC_6869_2.jpg

このように、使用します。

DSC_6876_2.jpg

労働意欲がわいてくる…(?)

“札束で頬をなでられるマシーン”

 

昨年は、台湾で初の海外個展を開催し、

2万5千人もの来場者を記録。

笑うことに遠慮のある日本の視聴者に対して、

ゲラゲラ笑う台湾の方が新鮮に映ったそうで。

 

これからは、日本はもちろん、

海外にも発信していきたい。

 

自分のダメな部分をプラスにしてくれるような、

ねじくれた部分を笑いに変えるような、

そんな「無駄づくり」を続けていきたい、と。

 

DSC_6881_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6886_2.jpg

テーマは、「耳から幸せ!ASMR」!

ASMR、長い英語の略で、

直訳すると「自律感覚絶頂反応」

何かを見たり聞いたりして、

心地よさを感じたり、リラックスできたり、

ゾクゾクしたりする感覚を指すそうです。

 

耳かき、タッピング、そしゃく音、

パチパチキャンディー、本、袋…etc 

いろんな音がありますが…、

 

「音によって、

快・不快の個人差があるので、

自分のお気に入りを見つけるまでは

探さないといけないかも。」

 

DSC_6914_2.jpg

“炭酸水”の音を試聴。

DSC_6924_2.jpg

“泡”の音を試聴。

DSC_6930_2.jpg

“コルク”の音を試聴。

DSC_6906_2.jpg

宮沢さんは、炭酸水の音が好き、と。

 

●文化のひととき

DSC_6934_2.jpg

テーマは、「ライバル~ミュージシャン篇~」

宮沢さんの視点で、“ライバル関係”と思う

ミュージシャンを3組挙げていただきました。

DSC_6949_2.jpg

一組目がザ・タイガースザ・テンプターズ

二組目がローリング・ストーンズビートルズ

三組目が宇多田ヒカル椎名林檎

DSC_6943_2.jpg

「宇多田ヒカルと椎名林檎は、

同じ、1998年にデビュー。

方や、帰国子女感の強い

ブラックミュージックで、

方や、ドメスティックな

90年代のサブカル。

その前に、安室奈美恵がいた影響は

とても大きいです。」

 

それぞれのファンを獲得して、

その後の歌謡シーンを牽引した

まったくタイプの違う二人。

それが、宮沢さんの思う“ライバル”、と。

 

DSC_6950_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「見上げてみたら」

ゲストは、モノマネ芸人Mr.シャチホコさんです。

 

それでは、また明日!

 

20190121_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時21分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

次は、私塾を。


●おたよりテーマは…、

DSC_6745_2.jpg

「…やっぱり!」

 

源一郎さん、昨日、大学教授として、

最後の講義日だったそうで。

 

「クラッカーがなって、花束をもらって。

セレモニーがあるとうれしいね。」

 

ただ…、

 

生徒でワリカンして購入した

“先生へのお祝いの品”の費用回収は、

先生がいないところでして欲しいな、と。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_6747_2.jpg

テーマは、「今と同じだ!」

取り上げたのは、

『華氏451度』(著・レイ・ブラッドベリ)

短編作家で知られる著者が、

ディストピア的未来を描いた長編小説。

1966年、フランソワ・トリュフォーが映画化しました。

DSC_6773_2.jpg

タイトルの“華氏451”とは、

紙が自然発火する温度のこと。

徹底した思想管理体制のもと、

“書物”を読むことが禁じられた社会が舞台です。

DSC_6753_2.jpg

「ディストピア小説が国民的小説になるって、

すごいよね。」

 

ということで、

源一郎さんのざっくりひとこと解説は、

「今と同じだ!」

 

ヨシキさんのざっくりひとこと解説は、

「本は読んどけ」

(2015年12月4日放送時)

 

●朝の一曲

『ひこうき雲』(MINMI)

「紅白で、“私が好きなユーミンのうた”

というのを募集していて、

その結果を見たんだけど、

10年前だったら、また違った結果に

なっていたのかな…?と思って。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、演出家・俳優金守珍さんです。

DSC_6794_2.jpg

劇団・代表の金守珍(きむ・すじん)さん。

蜷川幸雄さんのもとで俳優修業をし、

唐十郎さん主宰の「劇団 状況劇場」に入団

1987年、新宿梁山泊を立ち上げられ、

主宰、演出、俳優として活動中です。

 

「蜷川さんのところは怖くて(笑)、

唐さんの芝居に魅せられて、状況劇場へ。

当時は、劇団の人気がどんどん出てきて

おもしろかった時代。

根津甚八さんが『黄金の日々』に出演して

アングラ芝居の役者が大河に出たと

話題にもなったりね。」

 

そんな金さん、来月、

状況劇場の名作といわれる

『唐版 風の又三郎』を演出。

1974年の初演以来、45年ぶりの上演です。

 

「この作品は、

唐さんの最高傑作だと思う。

宮沢賢治の『風の又三郎』に

『ヴェニスの商人』、当時起こった

“自衛隊機乗り逃げ事件”も

織り込まれている。」

 

夢、ロマンの象徴であった飛行機が

戦争によって、“棺おけ”になってしまった。

そのことを、伝え続けなければいけない。

 

とにもかくにも、続けること。

継承していくことが大切、と。

 

DSC_6792_2.jpg

DSC_6783_2.jpg

DSC_6795_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

きょうのプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_6803_2.jpg

テーマは、「どこでもオフィス、ついにここまで!」

会社とは別の“働く場所”が増えていますが、

きょうは、最新のワークスペース事情を。

交流に特化したコワーキングスペース、

駅ナカにできた一人用個室(実証実験中)、などなど。

DSC_6812_2.jpg

「どこでも働けるということは、

いつでも働ける…

ということにもなるね…。」

 

●春日太一の金曜映画劇場

DSC_6817_2.jpg

「先日、“九州でうまいものを食す旅”を

敢行したのですが、1日何も食べて、

“やっぱり”、3kg太りましたね。」

 

季節は冬本番。

日本映画で“冬”といえば、

“雪と高倉健”!ということで…、

 

取り上げたのは、

『網走番外地』!

 

極寒の地、北海道・網走刑務所に

“二人一組”の手錠につながれた新入りの

囚人たちがやってくる。

そのなかに、橘(高倉健)と

権田(南原宏治)がいて…。

 

「洋画から“インスパイア”された

石井輝男監督のシャープな演出。

粒だった役者たちのキャラクター、

トロッコによる追跡劇、

ぜひ、シリーズで見て欲しい作品です。」

 

DSC_6825_2.jpg

DSC_6829_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「ライバル」

ゲストは、コンテンツクリエイター・文筆家

藤原麻里菜さんです。

 

それでは、また来週!

 

20190118_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

川島さん、はやく元気になってね。


●おたよりテーマは…、

DSC_6659_2.jpg

「なんでコレ買った?!」

 

川島さんは、インフルエンザでお休みです。

さみしいね。

 

藤井アナ、がんばります。

DSC_6660_2.jpg

みなさんのおたよりだけが頼りです。

投稿をお待ちしてます!

 

●日本一早い!大喜利コーナー

アンコールで、2018年11月29日放送分

「優しすぎる神社のおみくじ。

『凶』に書かれていたこととは?」

をお届けしました。

 

そして、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_6675_2.jpg

“なんでコレ買った?!”の二人の共通点は…、

健康グッズ

DSC_6671_2.jpg

「僕のフラフープと、藤井さんのビリーを

交換しましょう。」

 

●朝の一曲

『聖母(マドンナ)たちのララバイ』(岩崎宏美)

藤井アナから、川島さんへ。

 

そして…、大宮エリーさん

お電話でのご出演、ありがとうございました。

後日、インタビューで改めて。

 

●すっぴん!インタビュー

アンコールで、2018年11月29日放送分

作詞家・音楽プロデューサー

いしわたり淳治さんのインタビューを

お送りする…予定でしたが、

ニュースのため、後半は休止いたしました。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

きょうは、ダブルで!

DSC_6713_2.jpg

三遊亭粋歌さんと、春風亭正太郎さんです~。

 

テーマは、「冷凍食品の新需要」!

お正月、“冷凍おせち”を利用した人も多いのでは?

いま、注目されている冷凍食品のひとつに、

“離乳食”があります。

 

「うらごし野菜やうどんなど、

小分けにされていて、

手作り離乳食の助けになるもの

ばかりです。」

 

DSC_6717_2.jpg

乳児用のうどんと、キューブ状のほうれんそう。

DSC_6720_2.jpg

旬の野菜を収穫して、急速冷凍。

栄養価も高くて、便利な冷凍離乳食。

ますます広がるかも、と。

 

そして…、揚げ物とみうらじゅんさんを

こよなく愛するスタッフHさんが持参した

“内視鏡つき耳かき”

DSC_6728_2.jpg

「なんでコレ買った?!」

DSC_6733_2.jpg

「ちょっと見せて。」(藤井アナは仕事中)

DSC_6725_2.jpg

「あたしにも見せて。」

DSC_6740_2.jpg

見てるとやりたくなるものです。

 

●ギョーカイ大図鑑

アンコールで、2018年10月25日放送分

「柴犬」をお届けしました。

 

そして…、

“藤井彩子がカラオケで歌いたくなる曲”は、

1.『Dog Days』(岡村靖幸)

2.『恋の追跡(ラブ・チェイス)』(欧陽菲菲)

3.『ランナー』(藤原誠)

でした。

 

スナック感、パねぇ。

 

ということで、

DSC_6743_2.jpg

粋歌さん、正太郎さん、

ありがとうございました!

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「…やっぱり」

ゲストは、演出家・俳優金守珍さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190117.jpg

 

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

結果、世界でいちばん"かたい"と思われるのは...。


●おたよりテーマは…、

DSC_6516_2.jpg

「かたい!」

 

ユカイさんの息子さん、

サッカー中にボールを腕にぶつけて…、

骨折

 

「ギプスを久しぶりに見たよ。

かたいし、かゆいね。」

 

みなさんが“かたい!”と思うのは、

お肉? 歯ブラシ? からだ? 

ペットボトルのキャップ? はたまた、頭??

投稿をお待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「冬の味覚」!

DSC_6521_2.jpg

解説は、時代考証家山田順子さんです。 

きょうは、この時期に食べていた

あたたか~い食べ物のお話です。

DSC_6553_2.jpg

冬の味覚といえば、焼きいも

さつまいもを頻繁に食べるようになったのは、

8代将軍・吉宗のころから。

当時は、“ふかしいも”で、

“焼きいも”を売り出したのは、1700年代末から。

「焼いた方が水分が飛んで、甘みが増す」と

定番化していったそうで。

DSC_6527_2.jpg

もうひとつの、人気の冬の味覚は、おでん

いま定番となっている、汁に具を入れて煮込む

おでんが生まれたのは、江戸後期。

それまでは、おでんといえば、“田楽”のことで、

田楽を略した“でん”に女房言葉の“お”をつけたそうで。

おしょうゆが普及したころから

煮汁につけて売られるようになったとか。

DSC_6546_2.jpg

しょうゆこと。

 

●朝の一曲

『Still Crazy For You』(クレイジーキャッツ&YUMING)

「とても、気に入っちゃって。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、アコースティック・ギターデュオ

ゴンチチです。

DSC_6566_2.jpg

(写真左・ゴンザレス三上さん、右・チチ松村さん)

 

1978年、インストゥルメンタル・

アコースティック・ギター・デュオとして

ゴンチチを結成。

1983年のデビュー以来、テレビ、ラジオ、

CM、映画音楽など、さまざまなシーンで

ゴンチチサウンドを奏でています。

 

NHKでは、FMで、

「世界の快適音楽セレクション」を担当。

1999年に放送が始まり、現在19年目です。

 

「毎週、お題を設けて、

そのテーマにまつわるさまざまな

音楽を紹介しています。

もうね、大変ですよ。」

 

そんなゴンチチさん、

昨年、結成40周年を迎え、

約7年ぶりとなるオリジナルアルバム

『we are here』をリリースされました。

 

「集大成でもあり、

新しいゴンチチもあり、

両方が出せたかな、と。」

  

“ゴンザレス”は、女子プロレスラーの

ローラ・ゴンザレスの名前から。

“チチ”は、チャーリー・パーカーの

「Chi Chi」という曲名から。

 

自分の師匠は、“くらげ”

風に流されるように生きていきたい。

 

毒にもなり、栄養にもなり、

誰に見せようというわけでなく、

森の中でひっそりと生きている“きのこ”も好き。

 

これからも、新しい音楽をつくっていきたい。

若い人たちと仕事をしたい、と。

 

DSC_6581_2.jpg

『放課後の音楽室』を生演奏していただきました。

DSC_6586_2.jpg

DSC_6605_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

きょうのプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6606_2.jpg

テーマは、「人工ダイヤモンド」!

昨年、日本において、宝飾品用の

“人工ダイヤモンド”の製造に成功したそうで。

専用の分析機で調べなければ、

天然と判別がつかないほどのクオリティーのようです。

 

「人工ダイヤは、天然ダイヤと

科学的には、“同じ性質”。

透明度や輝きもあるんです。」

 

製造のしくみは、天然ダイヤができる自然現象を

工場で再現する、というもの。

価格は、天然と比べて4~5割ほど安く、

アメリカではおよそ10分の1の価格。

 

ただ、ダイヤモンドの価値や利権など、

さまざまな思惑が絡む世界。

すんなり主流が人工ダイヤへ…とは、

いかないようです。

 

DSC_6613_2.jpg

DSC_6608_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_6635_2.jpg

<文々>さん、まずはダンナさまと話し合いを。

自分自身が納得できる形を探してみて。

<喜怒哀楽失調症>さん、感動力アップには、

お花にのめり込んでもよいのでは?

DSC_6633_2.jpg

 

明日ですが、木曜パーソナリティーの

川島明さんは、インフルエンザのためお休みです。

おたよりテーマは、「なんでコレ買った?!」

投稿を、せつにお待ちしております。

 

それでは、また明日!

(川島さん、おだいじに。)

 

suppinsong_20190116.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時53分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

大人になるということは、きちんと拭けるようになるということ。


●おたよりテーマは…、

DSC_6431_2.jpg

「大人!」

(大人の顔もできますよ。)

 

大人。ユージさん、“大人”って何でしょう?

 

「何でしょうね?

自分の食べたかったものを

人にあげられるようになったら

大人なのかな?」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

今回のご相談は、

「ADHDだと周囲に言えないまま、

PTA会長に……」

DSC_6452_2.jpg

早稲田大学教授梅永雄二さん

お答えいただきました。

 

「結論からいうと、ADHDだということは

まわりの方に伝えた方がいいです。

とくに、お子さんには。

“ADHD”と言われても理解できないので、

“忘れっぽい”とか、わかりやすい言葉で。」

 

PTAについては、

副会長に近い方を選任してもらう、

一部の人だけにはカミングアウトして

仕事を補助してもらう、など

検討してみては、と。

 

DSC_6459_2.jpg

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『Post Malone & swae lee』(sunflower)

 

●特別企画「柳家喬太郎 二人会」

きょうのゲストは、ロケット団です。

DSC_6460_2.jpg

(写真左から、三浦昌朗さん、倉本剛さん、喬太郎さん。)

 

ロケット団のお二人は、

喬太郎さんと同じ落語協会に所属され、

寄席を中心に時事ネタ漫才で活動。

師匠は、おぼん・こぼんのお二人です。

 

きょうのテーマは、「方言」!

ロケット団のお二人には漫才を2本、

喬太郎さんにも落語を一席、

披露していただきました。

DSC_6461_2.jpg

3年B組は…、誰先生?

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6468_2.jpg

テーマは、「靴磨きのニューウェーブ」!

昭和には、駅などでよく見かけた“靴磨き”。

最近では、機械の靴磨きや、靴の修理と

一緒になった店舗が多く、

靴磨きの専門店は見かけなくなりました。

 

そんな逆境にある靴磨き界に、

新しい波が到来しているそうです。

 

「2017年には、靴磨きの世界大会で

日本人が初のチャンピオンに。

海外では、“靴磨き”のイメージが日本と違い

“職人”であり、“靴の医者”であり、

“靴に関する知識人”でもあるんです。」

 

チャンピオンになった長谷川さんは、

日本でも大会を開くことを企画して、実現。

消費者も、“いい靴を、大切に長く履こう”と

考える人が増えているそうで。

その結果、靴磨きにも関心が集まっている、と。

 

DSC_6476_2.jpg

そして…、

DSC_6486_2.jpg

それは、“大人”なのか、“老い”なのか問題。

 

●ユー辞典

DSC_6494_2.jpg

お題は、「成人」!

選ばれたのは…、

<夜半亭あぶらー虫>さん「ワインボトル」!

DSC_6497_2.jpg

たくさんの投稿と投票を

ありがとうございました!

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「かたい!」

ゲストは、アコースティック・ギターデュオ

ゴンチチです。

 

それでは、また明日!

 

20190115_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時32分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

らじる★らじるのせいじゃないです。


●おたよりテーマは…、

DSC_6328_2.jpg

「並んじゃいました!」

(ブレすぎちゃって、ごめんなさい。)

 

源一郎さん、お正月休みは家族で温泉へ。

源一郎さんの次さん、御年12歳で、

源一郎さんの“娘”に間違えられ、

“奥さま”と間違えられ…。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_6345_2.jpg

テーマは、「翻訳者の言葉」

取り上げたのは、

『柴田元幸ベスト・エッセイ』

(著・柴田元幸)

著者は、翻訳家であり、

アメリカ文学の第一人者です。

DSC_6359_2.jpg

DSC_6350_2.jpg

「翻訳家にいちばん必要な能力って、

“母国語”の能力なんだよね。

外国語の言葉を、

日本語でどう表現するかが大切。

だから、“日本一の翻訳家”って、

“日本一の作家”でもあるんだよね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ~。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『勝手にシンドバッド』(サザンオールスターズ)

「紅白、見逃しサービスで見たんだけど、

よかった。いろんな“予想外”があって。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優三上博史さんです。

源一郎さん、三上さんとは、三上さん主演の映画、

『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』の脚本を

書かれてご一緒に。

 

今月公開の映画、

『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』

14年ぶりに映画主演される三上さん。

 

舞台はラブホテル。

ワンシチュエーションの密室群像劇。

出演者全員が“弱みを握られ”かつ、

“弱みを握っている”状況で、

それぞれの思惑と立場が交錯して…。

 

「“主人公が部屋に置いたカメラ”の映像が

そのまま映画の映像として流れる…

というつくりなので、

ワンシーンを撮るのに、40分の長回し。

ワンテイク、ワンカット。

あんなの、何度もできません(笑)」

 

どんでん返しにつぐ、どんでん返し。

2度、3度見てやっと、伏線に気づくかも、と。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6362_2.jpg

テーマは、「大人の箸講座」!

“日本人(大人)のおよそ7割がお箸を正しく使えない”

という、とある調査結果にもあるように、

いま、“大人の箸の持ち方教室”が人気なのだとか。

DSC_6388_2.jpg

上側の箸の持ち方は、“スプーン”“鉛筆”も同じ。

まずは、1本の箸で練習します。

DSC_6399_2.jpg

慣れてきたら、2本で。

DSC_6404_2.jpg

“矯正箸”も、スマートに。普通のお箸に、

マークとくぼみがついているだけ。

かんたんに、“正しい箸の持ち方”を実践できます。

DSC_6374_2.jpg

お箸は正しく持つことで、疲れず、

姿勢もきれいになり、いいことだらけ。

この機会に、マスターしてみてはいかが?

 

●アフター311

DSC_6412_2.jpg

きょうは、NPO法人さくら並木ネットワーク

代表、小池潔さんをお迎えして、

「桜並木が伝える記憶」と題してお届けしました。

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_6415_2.jpg

取り上げたのは、

『アトミック・カフェ』!

アメリカ政府が制作した、核のPRフィルムや

ニュース映像だけを使って、

“大衆プロパガンダ”の実態を描いた

“ブラック”なドキュメンタリー映画です。

 

「当時、“アトミック”という言葉が

“かっこいい言葉”として流行した。

アトミック・カクテルや、

アトミック・カフェなど、

何でも“アトミック”がついた。」

 

当時のアメリカ政府が、

いかに核の恐怖を矮小化して伝えることに

腐心していたかが伝わる映画。

 

核戦争、核の危険性は過去の話でははい。

笑えるようにつくってあるけれども

笑える映画ではない、と。

 

DSC_6420_2.jpg

 

来週、月曜日はすっぴん!特別編

「宮沢・やついのハタチの音楽」をお届けします。

おたよりテーマは、「忘れられないハタチの記憶」

投稿をお待ちしてます~♪

 

2019111_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ヘロキチ? 大キティ?


●おたよりテーマは…、

DSC_6129_2.jpg

「私の事件簿!」

 

1日までお仕事だった川島さん、

その後は、奥さまとご自身、それぞれのご実家へ。

 

「ほんまに、のんびりしました。

親戚も来て、お酒を飲んでね。

ただ、後日、そのときの様子を

写真で見たら…、」

 

ウクレレを弾いてるおば(75歳)、

その横には、ギターを持ってる俺。

まったく記憶にないそうで。

 

みなさんの“事件簿”、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_6138_2.jpg

お題は、

「『この人、年賀状出すのはじめてかも?』

と思った理由は?」

DSC_6153_2.jpg

くしゃくしゃになった年賀ハガキ、バッキバキに折れた

筆ペンが部屋中に散乱していた…?

DSC_6175_2.jpg

少し上手いガンダムだけ描かれている…?

DSC_6161_2.jpg

干支ではなく、自分の星座をはがきにプリントしている…?

 

次回のお題は、

「この先生、全然正月気分ぬけてないなあ。

学校で何をした?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_6179_2.jpg

ことあるごとに、『受験は猪突猛進で

がんばろう』と言ってくる。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

https://www.nhk.or.jp/suppin/toko/form.html

 

●朝の一曲

『龍』(岡崎体育)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ヴォーカルデュオ

Honey L Days(ハニー・エル・デイズ)です。

DSC_6183_2.jpg

(写真左がギターとボーカル担当のKYOHEIさん、

右がボーカルのMITSUAKIさん。)

 

2003年、Honey L Daysを結成。

2008年にメジャーデビューして、

楽曲のほとんどをお二人で作詞・作曲、

ライブを中心に活動されています。

 

「解散しようと思ったこと…?

ないですね(笑)

ゴスペルをやっていたMITSUAKIと、

ロックバンドをやっていたKYOHEI。

お互いにないものを相手が持ってるから

対極の個性がぶつかりあうことで

ハーモニーが磨かれるのかな、と。」

 

昨年デビュー10周年を迎えて、

ことし8月、ベストアルバム

『THE BEST DAYS』をリリースされました。

 

やりたいことは、まだまだたくさん。

2020年は、東京オリンピック。

選手の背中を押せるような楽曲を

歌いたい、と。

 

DSC_6201_2.jpg

DSC_6187_2.jpg

DSC_6225_2.jpg

『まなざし』を歌っていただきました。

DSC_6235_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

きょうのプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_6241_2.jpg

口にあるのは、何カニ…?

 

ということで…、

きょうのテーマは、「昆虫食」!

 

世界では、将来、人口増加による

食糧不足が懸念されていて、

国連食糧農業機関は、その解決策として

“昆虫食”が有効だと指摘。

栄養価も高く、飼育・管理もしやすく、

新しい食糧として注目されています。

 

では、実食。

DSC_6249_2.jpg

バッタ目、サソリチョコレート、こおろぎのパスタあげ、

よりどりみどりです。

DSC_6260_2.jpg

ふむふむ。

DSC_6259_2.jpg

「チョコレートと言っても、

けっこうシルエットがわかるね。

バイクにカバーがかかってる感じ。」

DSC_6275_2.jpg

「ん、パスタは食べやすい。

というか、もとがわからん。」

DSC_6282_2.jpg

まだ、“目新しさ”が勝っている昆虫食。

食文化として定着するには

もう少し時間がかかりそう、と。

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「ボディービルディング」!

DSC_6285_2.jpg

専門誌『月刊ボディビルディング』

鎌田勉さんにお伺いしました。

鎌田さんご自身も、ムキムキですね…?

DSC_6308_2.jpg

「この業界は、筋肉がない人を

下に見る傾向があるので。

細いやつが取材に行っても

相手にされないんです。」

DSC_6314_2.jpg

ちなみに、鎌田さん(54歳)の自慢は、腕の三頭筋。

DSC_6325_3.jpg

ボディービルダーになりたければ

まずは太って体を大きくすること。

それから、“筋トレ”はもちろんのこと、

“食事”と“睡眠”も大事。

余計なこと(=夜遊びなど)はせず、

ひたすら、トレーニング&食事&睡眠

DSC_6322_2.jpg

ボディービルダーの人口は増えていて、

最近は、ボディービルよりソフトな

『フィジーク(男性)』

『フィットネスビキニ(女性)』が人気。

DSC_6293_2.jpg

「でも、“ボディービル”ではないので、

僕は興味ないです。」

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「並んじゃいました」

ゲストは、俳優三上博史さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190110.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時43分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ほっこり話、いろいろ。


●おたよりテーマは…、

DSC_5963_2.jpg

「久しぶり!」

 

ユカイさん、ことしのお正月は、

“久しぶり”に、お休みがとれたそうで。

 

「家族で、オーストラリアの

ゴールドコーストへ行ってきました。

時差がないので(体は)楽でしたが

気候がね、いっきに真冬から真夏へ。」

 

やっぱり、(体は)キツかった、と。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「男の身だしなみ」!

DSC_5968_2.jpg

解説は、時代考証家山田順子さんです。

身だしなみ、まずはヘアスタイルから。

DSC_5967_2.jpg

江戸時代の髪型は、基本的には、

前頭部から頭頂部を剃り上げ、

残りの髪を結う、“ちょんまげ”スタイル

まげを横に流すのは、当時のおしゃれ。

例外もあり、学者や医師は、

特殊な仕事ということで総髪でよかったとか。

DSC_5984_2.jpg

ひげも剃りました。城内でひげを禁止したため

庶民もそれに習ったそうで。

DSC_5994_2.jpg

爪は短く。手をついたとき爪が汚いのは、

相手に失礼になるということで。

DSC_5979_2.jpg

時代によって、おしゃれの形は変わりますね、と。

 

●朝の一曲

『知らんぷり』(世良公則&ツイスト)

「“久しぶり”に聴いたら、また違った印象が。

“久しぶりに、聴いてみる”というのは、いいね。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優福井晶一さんです。

DSC_6057_2.jpg

1995年、劇団四季の研究所に入団し、

翌年、『ドリーミング SAPPORO』で初舞台。

2012年の退団後は、『レ・ミゼラブル』

『ジャージー・ボーイズ』などに出演。

 

ことし4月には、4度目の

ジャン・バルジャンを演じられます。

 

「『レ・ミゼラブル』は、

ずっと憧れていた作品。

四季を退団してはじめての舞台が

この『レ・ミゼラブル』で、しかも主役。

このオーディションが、

四季をやめようかと悩んでいた

背中を押してくれましたね。」

 

お姉さまの影響でミュージカルに興味を持ち、

会社を辞めて、専門学校へ。

卒業後、劇団四季の試験を受けて、研究生に。

 

レミゼのラスト公演は、地元・札幌。

そのときまで、走り続けたい、と。

 

DSC_6049_2.jpg

DSC_6052_2.jpg

DSC_6021_2.jpg

生歌も。レミゼのナンバー「Stars」を。

DSC_6038_2.jpg

DSC_6058_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ

きょうのプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_6095_2.jpg

テーマは、「変身大豆」!

大豆を原料に、まるで別の食べ物のように

変身した商品が増えているそうで。

まずは、こちらを食べていただきましょう。

DSC_6065_2.jpg

お肉が一切使われていない、大豆ハンバーグ

なかのチーズも、豆乳でできています。

DSC_6072_2.jpg

「うん、ちゃんとハンバーグ。

言われないとわからない。」

DSC_6059_2.jpg

“大豆の代替肉”は、バリエーションもいろいろ。

背景には、健康志向と低価格がある、と。

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_6112_2.jpg

<AOONI>さん、あまり負担をしょい込みすぎず、

ファイト。弟さんのお世話は、要検討ですね。

 

<黄緑>さん、罪悪感はほどほどにして…、

DSC_6120_2.jpg

「自分がいいと思うことをしよう。

それがいちばんいい。」

DSC_6105_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「私の事件簿」

ゲストは、ヴォーカルデュオHoney L Daysです。

 

それでは、また明日!

 

 suppinsong_20190109.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時45分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

背中の筋肉も、もりもりでした。


●おたよりテーマは…、

DSC_5859_2.jpg

「イチかバチか!」

 

ユージさん、ことしは日本で

お正月を迎えられたそうで。

河口湖付近に泊まって、富士山を眺めて。

 

「ほんとに、すてきな景色で。

ただね、留学している息子が

帰ってきていて、

いろいろ買わされました。」

 

そして、お嬢様の代わりに

原宿のわたあめ屋さんに並んで…。 

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

きょうは、「ユージ、聞いてよ~!」

ユージさんが、リスナーのこそだての悩みに

お答えしました。

 

<ご迷惑をおかげ横丁>さん

取引先には、SNSで、“朝、起きてます”

アピールするのに加えて、

ご家庭の事情を相談してみては?

 

<ツナ>さん、お子さんのグズグズには、

選択肢をあたえて選ばせる…という方法はいかが?

 

●朝の一曲

『good day』(DNCE)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、フリーアナウンサー安東弘樹さんです。

DSC_5891_2.jpg

大学卒業後、1991年にTBSに入局。

アナウンサーとして、ニュース、

バラエティーの進行、レポーターなど

さまざまな番組を担当。

 

昨年3月、27年間務めたTBSを退社されて

フリーのアナウンサーとして

活動を開始されます。

 

「50歳になってましたけど、

家族は大賛成でした。

アナウンサー業務に加えて、

管理職業務も兼任するようになって、

365日、7年間、ほんとうに

心の安まるときがなかったので。」

 

日本カー・オブ・ザ・イヤーの

選考委員をするほど車好き。

 

高校では弓道部の主将を務め、

他校でファンクラブもあったほど。

 

筋肉をつけるのは、危機管理のためであり

筋トレ自体は好きじゃない。

 

イクメン本を出してからもう十年。

息子は絶賛、反抗期中。

 
楽しいお話は、尽きませんが…、

  

これからの仕事について。

自分にとっては、

ひとつひとつの仕事を大切にして、

その結果、“次も一緒に…”となるのがいちばん。

 

“年齢的に無理”と、さまざまな制約を

自分に課している人が多いけど、

それはもったいない。

自分が50歳をすぎてフリーになったように、

何ごとも、遅すぎることはない、と。

 

DSC_5881_2.jpg

DSC_5888_2.jpg

DSC_5861_2.jpg

DSC_5892_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5903_2.jpg

テーマは、「スマート農業」!

農地法の改正により、農業に参入する

大手企業が増加傾向にあるそうで。

(改正前の約5倍のペースで増加。)

 

参入のかたちとしては、

社員自ら農業をする“直営農業方式”

農地以外の土地を利用して

閉鎖的な空間で栽培を行う“植物工場方式”

企業が生産者と連携して

流通や資本提供などの支援を行う

“アライアンス方式”の3つ。

 

「ただ、水やり10年と言われる世界。

農業の厳しい現実に直面して、

長続きしない企業があるのも事実です。」

 

ロボットやICTなどの技術を活用した

スマート農業の市場は、成長中。

農業にも、確実にAIの波が来ている、と。

 

DSC_5913_2.jpg

DSC_5915_2.jpg

 

●ユー辞典

DSC_5927_2.jpg

お題は、「お正月」!

選ばれたのは…、

<しんしゅうを いちど すてた おとこ>さん

テーマパーク」!

DSC_5936_2.jpg

たくさんの投稿と投票を、ありがとうございました~。

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「久しぶり」

ゲストは、俳優福井晶一さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190108_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時52分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

あけましておめでとうございます。


●おたよりテーマは…、

DSC_5857_2.jpg

「too much. やり過ぎた!」

 

宮沢さん、ことしのお正月は

のんびりできたそうで。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、生島淳さんです。

本題に入る前に、“箱根駅伝”について。

DSC_5789_2.jpg

「もう、一年が終わった気分。

ことしは、みどころたっぷりでしたね。」

 

テーマは、「2019年はバスケが熱い!」

ことしも、女子サッカーワールドカップをはじめ

スポーツイベントがいろいろあるなか、

“相対的にみると、バスケが熱い”そうで。

 

「ことし8月、中国でバスケの

ワールドカップが開催されます。

日本は、東京オリンピックの

開催国枠を得るために、

実力を示すことが

求められているんです。」

 

現在、アジア2次予選が進行中。

注目は、八村塁選手渡邊雄太選手

お二人ともまだ20代前半で、身長は2m越え。

今後、日本バスケ界を牽引するであろう選手、と。

 

DSC_5792_2.jpg

DSC_5784_2.jpg

DSC_5785_2.jpg

 

●朝の一曲

『ブロン・イ・アー』(Led Zeppelin)

DSC_5799_2.jpg

「万博の年に、出た曲です。」

 

万博の話は、11時台に。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、使用済み手帳類収集家志良堂正史さんです。

DSC_5801_2.jpg

2014年から、手帳類の収集を開始。

現在、そのコレクションは1,300冊を越えていて

その一部を東京都内のギャラリーで

「手帳類図書室」として展示しています。

 

一般的にはスケジュール帳をさす“手帳”ですが、

志良堂さんんは、日記、スケジュール帳、

アイデア帳なども含めて「手帳類」と読んでいるそうで。

 

「片思いしていた女子高生の日記、

ダイエット帳、闘病記などいろいろ。

寄贈してくれた人の背景は聞かないので、

人物を創造しながら読むのが楽しいです。」

 

30代女性探偵の手帳には、

浮気調査の進捗が綴られ、

50代男性ギャンブラーの手帳には、

毎日負けの金額が記録されていて…。

 

ところで、

 

志良堂さんの本業は、

ゲームプログラマーだそうで。

 

「もともと、あれこれ考えを

めぐらせるのが好きで。

ゲームプログラムのアイデア帳のつもりで

思考の断片を手帳に書くようになって。

そこから徐々に、他の人の手帳にも

興味を持ち始めて。」

 

使用済み手帳類を読んで思うのは、

人は職業や属性でパターン化されがちだけど

必ずしもそうでないということ。

いつか、書籍にまとめて、

ひとりでも多くの人に届けたい、と。

 

DSC_5810_2.jpg

DSC_5816_2.jpg

DSC_5823_2.jpg

DSC_5821_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

正太郎さん、too muchと言えば…?

DSC_5829_2.jpg

「諏訪湖に、バッタ(いなご)ソフトって

いうのがあって、まあまあなビジュアルで。

ほかにも、いろんな虫さんのソフトがあって。

でも、“全部のせ”は、too much。」

 

テーマは、「モバイルバッテリーシェアサービス」

2018年から始まった新サービスで、

現在、実証実験中も含めて4社ほど参入。

内容は、スマホのバッテリーを専用スポットで

借りられるというもの。

 

「3種類のコネクターがついている

タイプが多いので、スマホだけでなく、

幅広い電子機器が充電できます。」

 

“手軽に利用できること”がサービスのきも。

シェアスポットが増えれば、

利用者も拡大するのでは、と。

 

DSC_5842_2.jpg

 

●文化のひととき

DSC_5853_2.jpg

テーマは、「大阪万博と岡本太郎」

宮沢さん、1970年の大阪万博に行かれたそうで。

当時、14歳。会場の中心“テーマ館”の大屋根を

突き破ってそびえていた、太陽の塔。

DSC_5851_2.jpg

「丹下健三がつくった美しい建築物のなかに

何か“違和”を入れようとした。

それが、岡本太郎さんなりの、

“進歩”に対するアンチテーゼだった。」

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「イチかバチか」

ゲストは、フリーアナウンサー安東弘樹さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190107_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時34分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲