2018年12月12日

目下、ピアノがいちばんのプレッシャー。


●おたよりテーマは…、

DSC_4983_2.jpg

「プレッシャー。」

 

ユカイさん、最近出演する番組では、

“プレッシャー”を感じるケースが多いそうで。

 

「俳句を審査されたり、

食事の盛りつけをしたり、

ピアノを演奏したり。

でも、“プレッシャー”は、

成長するチャンスですから。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「お正月」!

解説は、時代考証家山田順子さんです。

DSC_4904_2.jpg

江戸時代、“初日の出”見物の人気スポットは、深川の洲崎

元旦は家で過ごし、2日から町がにぎわいます。

DSC_4922_2.jpg

“年始参り”は、互いに挨拶に回るので留守が多く、

来たことを残すため扇子を置いていったそうで。

玄関先にたくさんの扇子が積まれているのが

名家の証だったとか。

DSC_4915_2.jpg

正月の町をにぎわせたのが、“三河万歳”

家康が呼び寄せてから、毎年来るようになったそうで。

いまの漫才師の原型とも言われています。

DSC_4925_2.jpg

はやくこいこいお正月。

 

●朝の一曲

『Bring It On Home To Me』(Rod Stewart)

「サム・クックの名曲ですが、

ロッド・スチュワートのバージョンが

いちばん好きです。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ミュージシャン小室等さんです。

DSC_4943_2.jpg

小室等さんがリーダーをつとめる 「六文銭」

ことし、50周年を迎えました。

1968年の結成から、“六文銭”流の切り口で

プロテストソングを発表しつづけています。

 

昨年には、谷川俊太郎さんと組んで、

アルバム「プロテストソング2」を発表。

 

「僕が2、3歳のころ戦争が終わったので、

僕は“戦争を知らない”世代。

だから、俊太郎さんから僕に

バトンタッチされたと思っている。」

 

六文銭としては、先月、

9年ぶりとなるオリジナルアルバム

「自由」をリリース。

“現代のプロテストソング集”がコンセプトです。

 

昔はもっと、社会や政治について

“文句”を言ってたと思うけど、

ある時期から言えない空気に。

六文銭らしく、異議申し立てを

歌っています。」

 

75歳になったらやめると言っていたけれど、

もう75歳になってしまった。

こうなったら、やれるとこまでやる、と。

 

DSC_4945_2.jpg

DSC_4949_2.jpg

DSC_4946_2.jpg

DSC_4963_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4970_2.jpg

テーマは、「良い睡眠を会社がサポート」!

いま、“働き方改革”が課題となっていますが

その延長線上で、“眠り方改革”を行う企業が

増えてきているそうです。

 

「たとえば、とある企業では、

社員に腕時計型のセンサーを配布。

24時間測定した結果をもとに、

“深く眠るコツ”をアドバイス。

ほか、寝具メーカーと協力して、

社員の睡眠時間に対して

“報酬”を出す企業も。」

 

つまるところ、

 

しっかり睡眠をとって、

会社の業績を上げてくれ、と。

 

DSC_4982_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_4998_2.jpg

<マーガレット>さん

高校生の時、自分をふった男性とちょいちょい再会。

視線を感じて振り向くと、目をそらされて…。

 

「ひさしぶりだから、

<本人かな?>と、思っているのかも。

話しかけてみたら?」

 

自分はどうしたいのか。

いまを大切に、と。

 

<もももも>さん

“派手な化粧・貴金属・宝石”が苦手なようで、

気になってしかたがない、と。

 

「人より“気になる”ということは、

人より“気がつく”ということだね。

僕も、金属アレルギー。」

 

お嬢様には苦手というのを伝えて、

でも、外でどのようなオシャレをするかは

お嬢様の自由、と。

 

DSC_4986_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「鍋」

ゲストは、女優・歌手原田知世さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181212.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時51分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲