2018年12月

よいお年を!


●おたよりテーマ「ええやんか」

年内最後のすっぴん!

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_5699_2.jpg

テーマは、「ジャズは青春だ!」

取り上げたのは、

『ジャズ・カントリー』

(著・ナット・ヘントフ / 訳・木島始)

DSC_5714_2.jpg

ゲン国ではめずらしい、“小説”を。

源一郎さん、ずっと取り上げたいと

思っていたそうで。

DSC_5722_2.jpg

この本は、ヘントフ初の小説で、

全米図書賞を受賞。

ジャズが大好きな白人の高校生が、

ニューヨークのジャズメンの世界に飛び込み

人種の壁にぶつかりながらも

乗り越えていく…というお話です。

DSC_5702_2.jpg

「女性が少年にアドバイスするんだけど、

それはジャズの話を超えて、

生き方の話なんだよね。

現代のアメリカを代表する青春小説です。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『恋の気分』(安田南)

好きなジャズシンガーが、

親友の友だちの彼女だった、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ジャズレーベル代表澤野由明さんです。

DSC_5728_2.jpg

大阪の繁華街「新世界」にある老舗履物店の

四代目であり、ジャズレーベルの代表

二足のわらじを履いて、実に20年!

 

「本業は、履物屋。

おかげさまで、いまは毎日

外国人のお客様が。

ジャズに興味を持った

きっかけは、“オーディオ”。

機械いじりが好きで。」

 

10月には、ジャズレーベルでの

20年をまとめた『澤野工房物語』を出版。

レーベルのポリシーは、3つの“ない”。

ストリーミングやダウンロードはない、

ベストやコンピレーションは商品化しない、

広告を出さない。

 

ジャズ喫茶を知る世代としては、

音楽はイヤホンで聴くものじゃなくて

あびるもの。

 

今後は…、ジャズ喫茶のオープンもあり?

 

DSC_5741_2.jpg

DSC_5746_2.jpg

DSC_5733_2.jpg

DSC_5753_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5767_2.jpg

テーマは、「オフィスランチ革命!」

オフィスでの“ランチ時の混み混み問題”を解決する

サービスが増えているそうです。

 

「ひとつめが、訪問弁当販売。

昔からありましたけど、

違いは、その種類。

40~50種類もあるんです。」

 

からくりは、

たくさんのお弁当屋さんと提携して

とりまとめて販売する…というシステム。

お弁当の販売代行ですね。

 

ほか、レンタル冷凍庫なるものも。

冷凍された20種類のお総菜をチョイスして

お金を投入、あとは電子レンジでチン…という。

 

お弁当を買いに行く時間が短縮できるうえ、

しっかり栄養もとれる。

オフィスを変える新たなサービス、と。

 

DSC_5759_2.jpg

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_5774_2.jpg

取り上げたのは、

『ストレンジ・デイズ』!

1999年、大みそかのLAを舞台に、

主人公が殺人事件に巻き込まれる

近未来SFスリラーです。

(制作は、1995年。)

 

「おもしろいけど、

重層的なおもしろさで、

説明しづらい映画。

だから、興行的にはヒットしなかった。

浮かれて荒れていた世紀末の感じを

思い出しますね。」

 

この映画を

ざっくりひとことで言うと

<年末は大変だ>、と。

 

DSC_5771_2.jpg

 

明日からこの時間は、

「冬休み子ども科学電話相談」をお届けします。

http://www.nhk.or.jp/radiosp/kodomoqw/

 

すっぴん!の放送再開は、

1月7日(月)です。

 

パーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「too much. やり過ぎた!」

ゲストは、使用済み手帳類収集家

志良堂正史さんです。

 

それでは、よいお年を!

 

20181221_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

あばれる君の手は冷たい。←リスナー調べ


●おたよりテーマは…、

DSC_5698_2.jpg

「アツかった!」

 

たとえば、アツい=夢中

川島さんがいま夢中なのは…、

 

「娘ですよ。

1歳と半年になりまして。

僕がテレビに出ているのを見ると、

『とぉ』って。」

 

そして、知世さんは『かぁ』ではないと

認識している模様、と。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_5546_2.jpg

お題は、

「カッパのお正月にありがちなこととは?」

DSC_5562_2.jpg

みんなで水面にお皿を出して初日の出を拝む。

その姿はモネの名画『睡蓮』を思わせる。

DSC_5582_2.jpg

正月太りする河童も多く、

しばらくは水位が上がっている。

 

次回のお題は、

「『この人、年賀状出すのはじめてかも?』

と思った理由は?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_5604_2.jpg

「住所の手書き文字に疲れが見える。」

DSC_5610_2.jpg

結構、大変なのよね。

 

●朝の一曲

『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』

(小沢健二)

ことし唯一買ったCD、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、シンガーソングライター

石崎ひゅーいさんです。

DSC_5615_2.jpg

2012年、ミニアルバム

『第三惑星交響曲』メジャー・デビュー。

ことしは、菅田将暉さんに、

「さよならエレジー」を提供して話題に。

 

「もともと、音楽の遊び仲間で。

頼まれてもいないのに、

ひと夏で15曲くらいつくったりして(笑)。

先日、『さよならエレジー』を

セルフカバーしたんですけど…、

減るもんじゃないし、

いいですよね(笑)??」

 

先月、童謡誕生100周年を記念してつくられた

「童謡の声」という

コンピレーションアルバムに参加。

「ちいさい秋みつけた」を歌っています。

 

「もともと、童謡は好きで。

『ドナドナ』とか、

『かごめかごめ』とか、暗めの歌が。

『ちいさい秋みつけた』は、

尊敬している玉置浩二さんが

カバーされているのを聞いて

僕も歌ってみたい、と。」

 

ことし3月には、初のベストアルバム

「Huwie Best」をリリース。

これまで出した45曲から、

ファン投票で上位14曲に選ばれた曲と、

代表曲2曲の弾き語り、

そして、1曲だけ新曲の『ピリオド』を。

 

「ベストを出すなんて、

まだ早いかな?と思ったのですが、

その頃、ちょうど自分のなかで

空っぽになったような感覚があって、

止まってしまって。

だから、ちょうどいいか、と。」

 

始まったばかりの第二章。

舞台の音楽監督を始め、新しい試みがいろいろ。

自身も楽しみ、と。

 

DSC_5626_2.jpg

DSC_5633_2.jpg

DSC_5641_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5658_2.jpg

テーマは、「ラップバトル」!

2015年頃からテレビ番組の影響を受けて

ラップバトル人気が爆発。漫画をはじめ、

さまざまにメディア展開されていますが…、

 

「ことしいちばん注目されているのが

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。

うちのカミさんもヒプマイ好きで、

内緒でハマってたんですよ。」

 

男性声優12人がキャラクターにふんして

ラップを歌うラップバトルプロジェクト。

CDでその世界観を楽しみ、

勝敗は、同封された握手券ならぬ

バトルカードでユーザー投票するそうで。

 

メディア展開はすそ野を広げる、と。

 

DSC_5655_2.jpg

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「灯台」!

DSC_5681_2.jpg

専門誌「灯台どうだい?」の発行人、

不動まゆうさんにお聞きしました。

DSC_5681_3.jpg

不動さん、十数年前に灯台の光の美しさに

心を奪われて以来、国内外、

500~600基ほどの灯台をめぐっているそうで。

DSC_5676_2.jpg

灯台カード、直径3m弱の一等レンズ、灯台結婚式。

来年には第2回目の「灯台ワールドサミット」が

千葉県の犬吠埼灯台で開催されるので、

ぜひ、行ってみてとうだい、と。

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「ええやんか」

ゲストは、ジャズレーベル代表澤野由明さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181220.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時54分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

「そうです。われわれは宇宙人なんです。」


●おたよりテーマは…、

DSC_5446_2.jpg

「とびました!」

 

ユカイさん、スカイダイビングで“とびました”

 

「5年くらい前のことだけど、

50歳をすぎてね。

もうやりたくない。」

 

そして、ロックスターですから、

客席へも“とびました”(=ダイブ)

 

「危なかった。

 

みなさんの“とんだ”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、(満を持して)「徳川吉宗」!

DSC_5456_2.jpg

解説は、多摩大学客員教授河合敦さんです。

DSC_5464_2.jpg

8代将軍、徳川吉宗。江戸幕府、中興の祖。

享保の改革を実行して、幕府の財政を立て直した名君です。

大奥のリストラ、上米制、目安箱も設置して、

庶民ファーストな印象ですが…、

DSC_5455_2.jpg

「年貢のシステムを“定免法”に変えたことで、

農民の生活が苦しくなったんですよ。

ほか、“火事を防ぐ”という理由から、

6つあった水道のうち、4つを廃絶したり。」

DSC_5488_2.jpg

一方で、学問大好き。一部の洋書の輸入を認め

天文学、地理学、数学、医学などを学び、

外国から珍しい動物も取り寄せたそうで。

DSC_5469_2.jpg

象さんも江戸城にやってきた、と。 

 

●朝の一曲

『It's Christmas Time』(Status Quo)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優喜多村緑郎さんです。

DSC_5489_2.jpg

おととし、歌舞伎の世界を離れ、

劇団新派に入団し、二代目喜多村緑郎を襲名。

先月は、新作「犬神家の一族」

金田一耕助を好演しました。

 

「花道に、役者が足を突き出して(笑)。

“歌舞伎から新派へ”というよりは、

演出家・齋藤雅文さんとの

出会いが大きいです。」

 

来月は、新派の代表作「日本橋」に出演。

原作は、泉鏡花。医学士・葛木を巡る

二人の芸妓の恋模様と

彼らを取り巻く人たちを描いています。

 

「泉鏡花の世界の美しさを

体感してもらえる舞台にしたいです。」

 

ジャッキー・チェンに憧れて

体操を始めようとするも、

「身長が高すぎるから、

体操選手として見栄えが悪い」と断念。

 

その後、A・R・Bに魅了されて

バンド活動をしたりなんかもして、

そうだ、時代劇だ、京都へ行こうとなるも

その前に、和を学ぼうと、

歌舞伎の研修に参加。

研修後、そのまま歌舞伎座で3年修行。

 

そして、

 

三代目・市川猿之助さんのつくる

スーパー歌舞伎の魅力、

エネルギーに圧倒されて…。

 

新派はまだ130年。

“古い”ということはないけれど、

時代に合わせて、よりお客さまに伝わるよう

変えていく必要はある。

 

40歳を過ぎた頃から、

時代劇に出演する機会がちらほら。

時代劇スターになる夢…?

あきらめてません(笑)、と。

 

DSC_5503_2.jpg

DSC_5506_2.jpg

DSC_5491_2.jpg

DSC_5511_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5513_2.jpg

テーマは、「ヘアドネーション」

ヘア=髪、ドネーション=寄付で、

一般の人が一定の長さ以上の髪を寄付すること。

寄付された髪は、医療用のかつらをつくるのに

使用されます。

 

「小児ガンや先天性の脱毛症、

事故などで髪の毛をなくした

18歳以下の子どもに無償で提供されます。」

 

ひとつのかつらをつくるのに

必要な髪は、20~30人分。

これまで、国内の2つのNPO団体で、

500人以上の子どもに提供されたそうですが

それでもまだ、各団体で200人以上の子どもが

順番を待っている状態。

 

ここ数年、増加傾向にあるヘアドネーション。

支援の輪が広がるといいですね。

 

DSC_5516_2.jpg

DSC_5521_2.jpg

DSC_5528_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_5535_2.jpg

<凛明>さん、娘さんと共同でお父さんへ

誕生日プレゼント。リクエストを聞いたら、

“何でもいい”と言われて…。

 

「毎年、パンツなんでしょ?

ことしもパンツでいいよ。

何でもいいの。」

 

<岩手のチイコ>さん、現在妊娠4か月。

つわりがひどく、毎日つらいそうで…。

 

「では、この曲を。」

 

DSC_5438_2.jpg

♪『メリークリスマスアゲイン』(ダイアモンド☆ユカイ)

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「アツかった」

ゲストは、シンガーソングライター

石崎ひゅーいさんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181219.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ベルトはしっかりしめましょう。


●おたよりテーマは…、

DSC_5348_2.jpg

「駅!」

 

駅で繰り広げられるあんなドラマやこんなドラマ、

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

DSC_5349_2.jpg

ご相談は、

「幼稚園生活、少人数と大人数どっちがいい?」

メリーさん(広島県・30代)

 

近所の幼稚園は少人数(園児3名)、

来年度から、近隣の街にできたこども園

(120名受け入れ可能)への

入園を決めたそうですが…。

 

恵泉女学園大学学長大日向雅美さん

お伺いしました。

 

「地方で、人口が減少している

地域にお住まいの方の、

典型的なお悩みかと思います。

どちらがいいとは、

一概には言えませんが…、」

 

友だち関係はさほど気にしなくてよい。

それぞれの特徴を理解しつつ、

お子さんの個性も考えて、と。

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

DSC_5364_2.jpg

DSC_5357_2.jpg

 

●朝の一曲

『High Hopes』(Panic! At The Disco)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、女装家・タレント

ミッツ・マングローブさんです。

(写真は、なしヨ。)

 

幼少期をロンドンで過ごし、

(時間はとんで)慶應義塾大学法学部

政治学科を卒業後、再び英国へ。

大学で商業音楽全般を学んだあと、帰国。

 

2005年、女装家ユニット「星屑スキャット」を結成、

新宿2丁目を中心に活動するなか、

2011年、ソロとしてCDデビュー。

2012年には、星屑スキャットとしてもデビュー。

現在は、女装家・タレントとして

幅広く活動されています。

 

きょうは、星屑スキャットの13年の

道のりを中心に、お話をお伺いしました!

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_5373_2.jpg

テーマは、「都会で高地トレーニング」

高地トレーニングとは、低圧、低酸素、低温の

環境でトレーニングを行うこと。

効果的な標高は、1,500m~3,000mで、

それが都会でできるとか。

 

「都内に日本初の、

高地トレーニング専門の

スタジオができまして。

空間丸ごと低酸素状態にした

スタジオでトレーニングを行います。

30分のトレーニングで

2時間分の効果が得られるとか。」

 

料金は、月4回通えて12,000円。

時間短縮で効果を上げたい人に最適。

 

“たき火寄席”に、“高地寄席”。

明日はナニ寄席カニ…?

 

DSC_5394_2.jpg

DSC_5376_2.jpg

 

●ユー辞典

DSC_5405_2.jpg

お題は、「クリスマス」!

DSC_5437_2.jpg

選ばれたのは、

<昼寝はべつばら>さんおもちゃ付きお菓子」!

たくさんの投稿と投票を、ありがとうございました。

DSC_5424_2.jpg

月曜の夜、憂うつなの?

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「とびました」

ゲストは、俳優喜多村緑郎さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181218_suppinsong.jpg

 

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時37分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

隔靴掻痒、ほじほじ。


●おたよりテーマは…、

DSC_5244_2.jpg

「やめられなーい!」

 

卒論のチェックが終わり、ほっと一息の

宮沢さんが“やめられない”こととは…、

 

「寝る前に小腹が空いて、

なんか、ちょっと食べちゃう。」

 

ギブミー自分を律する力。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、

ベースボールライターキビタキビオさんです。

DSC_5247_2.jpg

テーマは、「オフの武者修行が熱い!」

かつて、90年代くらいまでは、12月~翌年1月の

オフシーズンは遊びほうけていたそうですが、

現在では、ほとんどの選手が

数時間は自主トレーニングをしているそうで。

 

「いま熱いのは、海外への武者修行。

複数の球団が、期待の若手選手を中心に

中南米やオーストラリアなどで開催されている

プロリーグへ派遣しているんです。」

 

一定の効果が実証されているので

今後も浸透していくと思う。 

かわいい子には旅をさせよ、と。

 

DSC_5262_2.jpg

DSC_5254_2.jpg

 

●朝の一曲

『Power to the People』(ジョン・レノン)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、娯楽映画研究家・オトナの歌謡曲

プロデューサー佐藤利明さんです。

DSC_5266_2.jpg

さまざまなメディアで映画解説や

音楽プロデュースを手がける佐藤さん。

 

今年8月には、

「クレイジー音楽大全 クレイジーキャッツ・

サウンド・クロニクル」を出版。

昭和を代表するお笑いグループ、

クレイジーキャッツをミュージシャンと捉え、

解説しています。

 

「メンバーのうち、

6人にお会いして、取材して。

はじめは、植木さん。

ジャズのお話がおもしろくて。」

 

平成が終わり、昭和歌謡がまた遠くなる前に、

ジャズマンたちの物語を残しておきたかったそうで。

 

一方で、2005年、「クレイジーキャッツ

コンプリートシングルス」を制作。

改めて、クレイジーキャッツの音楽の魅力とは…?

 

「彼らの笑いの間は、

ジャズマンならではのもの。

何をやってもホンダラダホイホイだから、

何もやらずにホンダラダホイホイ。

オリンピックの前年なのに

なにもやらない、という(笑)」

 

クレイジーキャッツのスピリッツをつぐ人が

10年に1人か2人は現れる。

彼らをおもしろいなあと言い続けることが

次につながる、と。

 

DSC_5290_2.jpg

DSC_5267_2.jpg

DSC_5283_2.jpg

DSC_5296_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、警察の人に、

“この人、どうせ持ってないよ”と思われてしまった

春風亭正太郎さんです。

DSC_5298_2.jpg

「所持金1,000円。悪かったな。」

 

テーマは、「じわじわ広がるたき火ブーム」!

専門施設以外でのゴミの焼却が危険視されて、

たき火の規制も強化されているなか、

じわじわ、たき火ブームが広がっているそうで。

 

「キャンプやBBQのついでではなく、

“たき火”そのものが目的、という。

郊外に体験施設がオープンしたり、

都心でも“たき火”カフェなるものが。」

 

いつの時代も、人は火に魅せられる、と。

 

DSC_5328_2.jpg

DSC_5313_2.jpg

 

●文化のひととき

DSC_5329_2.jpg

テーマは、「遊園地再生事業団と“平成”」!

宮沢さんが主宰する演劇集団、

遊園地再生事業団の旗揚げは、1990年。

“平成とともにあった”と言っても過言ではない!

ということで、活動を振り返りつつ、

平成を振り返る…という。

DSC_5333_2.jpg

「旗揚げのときは、バブルまっさかり。

援助してくれるスポンサーがいて。

舞台でジェットコースターを

走らせようとしたりして。」

 

1990年、「遊園地再生」を上演。

1998年、「14歳の国」上演(2018年、再演)。

2003年、「トーキョー・ボディ」上演。

2011年、「トータル・リビング1986-2011」上演。

 

作品は、そのときの空気を吸いながら出現するもの。

“時代の空気”を、おのずとまとうもの。

遠ざかることもできるけど、

あらがわず、ストレートに表現していたい。

 

昭和を知る自分にとっての“平成”とは、

“コンビニの前でカップラーメンを食べる

女子高生を見たときの衝撃”。

何かが壊れていくのを感じた、と。

 

DSC_5341_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「駅」

ゲストは、女装家・タレント

ミッツ・マングローブさんです。

 

それでは、また明日!

 

20181217_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時44分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

かつらはあたたかい。


●おたよりテーマは…、

DSC_5189_2.jpg

「寒いから…」

 

源一郎さんの書斎は、

“コックピット”と呼ばれていたそうで。

 

「3分の2が机で。

ヒーターを付けると

まるで、こたつのよう。」

 

なので、寒くなかった、と。

 

みなさんの“寒いから…”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_5156_2.jpg

テーマは、「“読むクスリ”~人生に疲れたアナタへ」

取り上げたのは、

『人生処方詩集』(著・エーリヒ・ケストナー)

著者のケストナーは、第一次世界大戦に

招集されたのをきっかけに軍隊に反発を感じ、

新聞の編集委員のかたわら、詩や舞台批評を発表。

DSC_5177_2.jpg

この本は、人々の憂うつをユーモアを交えて表現、

“読むクスリ”と言える一冊です。

DSC_5184_2.jpg

「ケストナーは、“詩”というものを

芸術とか大それたものではなく、

さみしいとき、悲しいとき、

その心癒やす、ちょっとした薬のように

考えていたんだよね。」

 

物書きが戦うフィールドはそこで、

自身も、処方箋のような小説を

書いていきたい、と。

 

●朝の一曲

『君の瞳に恋してる』(ボーイズ・タウン・ギャング)

“ギャング”つながりで。

第0回、プレすっぴん!でかけた曲ですね。

はや、7年…。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優・ミュージシャン片岡正二郎さんです。

DSC_5188_2.jpg

吉田日出子さんや串田和美さんが在籍した

“オンシアター自由劇場”のご出身で、

ミュージシャンとしても活動する片岡さん。

現在は、「くものすカルテット」ほか、

3つのユニットで活動されています。

 

「音楽をやっているときは、

“役者が音楽やるとこんな感じかな?”、

役者をやっているときは、

“ミュージシャンが役者をやると

こんな感じかな”って、

クロスして考えています。」

 

そんな片岡さん、来月1月、

舞台「どうぶつ会議」に出演。

原作は、ゲン国で取り上げたケストナーです。 

  

「日本では、絵本が有名。

1971年、井上ひさしさんが

劇団四季のために書き下ろした作品です。

人間の役もありますが、ほとんどが動物。

すてきな衣装も楽しんでほしい。」

 

今後の目標は…、とりあえず、

バチカンブラザーズでもっと売れたい、と。

 

DSC_5207_2.jpg

DSC_5210_2.jpg

DSC_5213_2.jpg

DSC_5221_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_5232_2.jpg

テーマは、「“嗜好品”で健康に!」

埼玉県のとある総合病院に、全国で唯一の

“嗜好品外来”なるものがあるそうで。

たとえば、血圧を下げるために、

高カカオチョコレートをすすめる…と。

 

「特別なものでなく、

市販品をすすめるんです。

ポイントは、“手軽”で、

“食べやすい”こと。

続けなければ、意味がない

という考えなんです。」

 

ほか、ナッツに赤ワイン。

適度に食べて、健康に、と。

DSC_5225_2.jpg

 

●春日太一の金曜映画劇場

DSC_5238_2.jpg

取り上げたのは、

『赤穂浪士 天の巻・地の巻』!

ことしも、忠臣蔵の季節がやってきました。

今回は、現在まで続く忠臣蔵ドラマの

“配役”の原型にもなった、1956年公開の映画を。

 

「東映のお正月映画として

制作された作品で、

オールスターをみごとに配役。

腹芸と腹芸のぶつかりあいです。」

 

DSC_5243_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「やめられなーい」

ゲストは、娯楽映画研究家・

オトナの歌謡曲プロデューサー佐藤利明さんです。

 

それでは、また来週!

 

20181214_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時50分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

七面鳥は、お山ではなく、お鍋の中へ。


●おたよりテーマは…、

DSC_5005_2.jpg

「鍋!」

 

突然ですが、川島さん、

あわやパパラッチョですか??

 

「ないですよ、何も。

まったく身に覚えがないのに、

マネージャーと上司に呼ばれて。

週刊誌の方が、“番組の打ち上げ”を

“合コン”と勘違いされたようで。」

 

結果、記事の見出し案としては、

 

“麒麟・川島、合コンと思いきや打ち上げ。

でも、下ネタをしゃべっていた。”

 

「おもろいか、それ?」

 

ということで、

その記事はお蔵入りになったようです。

 

あ、そのときの料理が“鍋”でした。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_5006_2.jpg

お題は、

「『こたつ戦隊! 鍋レンジャー』で

ありそうなシーンとは?」

DSC_5023_2.jpg

オープニングソングのイントロが、ガスコンロの

点火プラグが放電する『チチチ』の音から始まる…?

DSC_5011_2.jpg

変身の衣装をこたつの中から取り出し、

『あったか~い』と言いながら着替えて変身する…?

 

次回のお題は、

「カッパのお正月にありがちなこととは?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_5066_2.jpg

「年が明けた瞬間に水から飛び出し、

『俺水中にいなかった』と言う。」

 

年内最後の大喜利、投稿をお待ちしてます!

https://www.nhk.or.jp/suppin/toko/form.html

 

●朝の一曲

『C調言葉にご用心』(サザンオールスターズ)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、女優・歌手原田知世さんです。

DSC_5089_o_2.jpg

原田さんと言えば、9月まで放送されていた

『半分、青い。』和子さん役です。

 

「脚本家の北川さんから、

“和子さんは、地面から2~3cm、

ふわふわ浮いているような人”と言われて。

人生ではじめて、ものまねもして。」

 

一方、歌手として。

先月、4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム

『L'Heure Bleue(ルール・ブルー)』をリリース。

高橋久美子さん、土岐麻子さん、堀込高樹さんなど

多彩なミュージシャンが作詞を担当されています。

 

「自分の言葉ではないので、

演じるように歌いました。

“ルール・ブルー”は、日の出前に空が

濃厚なブルーに染まる一瞬のとき。

50代になって、一年がほんとに早くて、

日々の一瞬一瞬を大切に生きたい

という思いを込めて。」

 

歌手と女優を行き来してやってきたことが

いまでは自分の個性になっている。

来年は、ライブも予定しています、と。

 

DSC_5108_o_2.jpg

DSC_5102_o_2.jpg

DSC_5123_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_5131_2.jpg

テーマは、「変わるラブホテル」

(原田さんが、聴いてませんように。)

 

でも、内容は社会派ですよ。

 

“旅館業法”のほかに、通称“風営法”の

認可が必要となるラブホテル。

最盛期には、2~3万軒あったのが、

現在は、5,670軒に激減しているそうで。

 

そのラブホテルが、インバウンド向けの

宿泊施設として注目されています。

 

「海外のとあるサイトでは、

“日本に行ったらすべきこと”の第3位に

“ラブホテルへ行くこと”が

あげられているんですよ。

ちょっとしたレジャースポットです。」

 

都市部の観光地にあるホテルは、

インバウンド対応しないと

生き残れないのが状況のようで。

 

オリンピックに向けて、

宿泊施設の不足を解消するべく、

ラブホテルから一般ホテルへの改装を

政府も後押し。

 

日本人の利用方法も変化していて、

“映え”を意識したラブホ女子会、

シニア利用に対応するバリアフリー化など、

時代のニーズに合わせて、

ラブホも柔軟に変化、進化している、と。

 

DSC_5136_2.jpg

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「大衆演劇」!

DSC_5151_2.jpg

専門誌「KANGEKI」久下尚史さん

電話をつないでお届けしました。

DSC_5154_2.jpg

時代劇の芝居や歌謡ショーが楽しめる大衆演劇。

梅沢富美男さんが牽引した80年代のブーム、

2000年代には、当時10代半ばの早乙女太一さんが

流し目王子として注目されました。

DSC_5143_2.jpg

舞台が派手になるにつれ、ファンのみなさんも派手に。

現在、劇場は増えているそうですが、

今後も人気が続くかどうかは、

さらなる人気スターが出るかどうかにかかっている、と。

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「寒いから…」

ゲストは、俳優・ミュージシャン片岡正二郎さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181213.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時56分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

目下、ピアノがいちばんのプレッシャー。


●おたよりテーマは…、

DSC_4983_2.jpg

「プレッシャー。」

 

ユカイさん、最近出演する番組では、

“プレッシャー”を感じるケースが多いそうで。

 

「俳句を審査されたり、

食事の盛りつけをしたり、

ピアノを演奏したり。

でも、“プレッシャー”は、

成長するチャンスですから。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「お正月」!

解説は、時代考証家山田順子さんです。

DSC_4904_2.jpg

江戸時代、“初日の出”見物の人気スポットは、深川の洲崎

元旦は家で過ごし、2日から町がにぎわいます。

DSC_4922_2.jpg

“年始参り”は、互いに挨拶に回るので留守が多く、

来たことを残すため扇子を置いていったそうで。

玄関先にたくさんの扇子が積まれているのが

名家の証だったとか。

DSC_4915_2.jpg

正月の町をにぎわせたのが、“三河万歳”

家康が呼び寄せてから、毎年来るようになったそうで。

いまの漫才師の原型とも言われています。

DSC_4925_2.jpg

はやくこいこいお正月。

 

●朝の一曲

『Bring It On Home To Me』(Rod Stewart)

「サム・クックの名曲ですが、

ロッド・スチュワートのバージョンが

いちばん好きです。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ミュージシャン小室等さんです。

DSC_4943_2.jpg

小室等さんがリーダーをつとめる 「六文銭」

ことし、50周年を迎えました。

1968年の結成から、“六文銭”流の切り口で

プロテストソングを発表しつづけています。

 

昨年には、谷川俊太郎さんと組んで、

アルバム「プロテストソング2」を発表。

 

「僕が2、3歳のころ戦争が終わったので、

僕は“戦争を知らない”世代。

だから、俊太郎さんから僕に

バトンタッチされたと思っている。」

 

六文銭としては、先月、

9年ぶりとなるオリジナルアルバム

「自由」をリリース。

“現代のプロテストソング集”がコンセプトです。

 

昔はもっと、社会や政治について

“文句”を言ってたと思うけど、

ある時期から言えない空気に。

六文銭らしく、異議申し立てを

歌っています。」

 

75歳になったらやめると言っていたけれど、

もう75歳になってしまった。

こうなったら、やれるとこまでやる、と。

 

DSC_4945_2.jpg

DSC_4949_2.jpg

DSC_4946_2.jpg

DSC_4963_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4970_2.jpg

テーマは、「良い睡眠を会社がサポート」!

いま、“働き方改革”が課題となっていますが

その延長線上で、“眠り方改革”を行う企業が

増えてきているそうです。

 

「たとえば、とある企業では、

社員に腕時計型のセンサーを配布。

24時間測定した結果をもとに、

“深く眠るコツ”をアドバイス。

ほか、寝具メーカーと協力して、

社員の睡眠時間に対して

“報酬”を出す企業も。」

 

つまるところ、

 

しっかり睡眠をとって、

会社の業績を上げてくれ、と。

 

DSC_4982_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_4998_2.jpg

<マーガレット>さん

高校生の時、自分をふった男性とちょいちょい再会。

視線を感じて振り向くと、目をそらされて…。

 

「ひさしぶりだから、

<本人かな?>と、思っているのかも。

話しかけてみたら?」

 

自分はどうしたいのか。

いまを大切に、と。

 

<もももも>さん

“派手な化粧・貴金属・宝石”が苦手なようで、

気になってしかたがない、と。

 

「人より“気になる”ということは、

人より“気がつく”ということだね。

僕も、金属アレルギー。」

 

お嬢様には苦手というのを伝えて、

でも、外でどのようなオシャレをするかは

お嬢様の自由、と。

 

DSC_4986_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「鍋」

ゲストは、女優・歌手原田知世さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181212.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時51分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

たまには、ボーっとしても。


●おたよりテーマは…、

DSC_4899_2.jpg

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

ことしの新語流行語大賞トップテンに

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が

選ばれことにちなんで。

 

ユージさん、“ボーっとしてるなあ”と思うのは、

電子レンジを開けたとき、前回、温めた物体が

トレーの上に残っていたとき。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます!

 

●こそだてカフェ

DSC_4728_2.jpg

ご相談は、

「パソコンを見たがってばかりの4歳の娘」

<おまめ>さん

 

現在4歳のお嬢さまは、2歳くらいの頃から

タブレットやパソコンで動画を見るようになり、

いまでは、見せてもらえないと

癇癪を起こすようになったそうで…。

 

育児・教育ジャーナリスト

おおたとしまささんにお答えいただきました。

 

「みなさん、悩みながら

試行錯誤している問題ですね。

一方、ご相談の文面から、

お父さんとお母さんの対応の違いに

いらだちを感じていらっしゃる

様子もうかがえます。」

 

スマホやパソコンの使い方は、

夫婦で相談、協力することが大切、と。

 

DSC_4747_2.jpg

 

●朝の一曲

『Life』(Des'ree)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、サックス奏者上野耕平さんです。

DSC_4797_2.jpg

“クラシック”をサックスで演奏する

若手ナンバーワン奏者として注目を集める上野さん。

2014年、アルバム『アドルフに告ぐ』でデビュー。

音楽の父とも呼ばれるバッハの無伴奏曲を

3種のサックスを使い分けて奏でたものです。

 

「もともと、サックスは、

クラシックを演奏することを想定して

つくられた楽器なんですよ。

その後、アメリカに渡って

ジャズの分野で花開いた…という。」

 

鉄道オタクで、趣味はプラモデル製作。

夢は、鉄道車両を置ける家をつくること。

 

サックスは、セクシーで、

人の喜怒哀楽を1本で表現できる楽器。

 

これからも、サックスという楽器を通して

音楽のすばらしさを届けていきたい、と。

 

DSC_4755_2.jpg

DSC_4759_2.jpg

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のメドレーを。

DSC_4802_2.jpg

DSC_4812_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4826_2.jpg

テーマは、「個人向け遺伝子検査サービス」

薄毛や病気、もしかしたら寿命まで

わかるかもしれない、遺伝子検査において、

最近、驚きのサービスが出てきたそうです。

 

「疾患の発症予測だけで、

なんと9,000項目。

三大生活習慣病はもちろん、

糖尿病、脱毛、筋肉の発達なども含む

遺伝子検査サービスなんです。」

 

お値段、41万円から。

 

アメリカでは、遺伝子検査による診断が

メディケアの対象になり始めているそうで。

患者個別の病気に合わせた医療が

一般化していく世界が目前に迫っている…?

 

DSC_4832_2.jpg

DSC_4840_2.jpg

 

●アフター311

東日本大震災で、飼い主と離ればなれになった

犬や猫を保護するシェルターを福島市で運営している

NPO法人 SORAアニマルシェルターの代表、

二階堂利枝さんに、電話でお伺いしました。

 

●ユー辞典

DSC_4881_2.jpg

お題は、「フリーエージェント」!

選ばれたのは…、

<えぞのいっぽ>さん「胸ポケットの退職願」!

DSC_4877_2.jpg

揚げ足取り男。

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「プレッシャー」

ゲストは、ミュージシャン小室等さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181211_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時46分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ポケットに直コロッケ。


●おたよりテーマは…、

DSC_4725_2.jpg

「ポケットから出てきたもの!」

 

宮沢さんの消えがちなボールペン。

今回は、盗まれた訳ではなく、

ポケットから出てきたようです。

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、清水英斗さんです。

DSC_4636_2.jpg

テーマは、

「森保ジャパンをどう見る? アジアカップ展望」

サッカー日本代表、森保ジャパンが絶好調です。

森保一監督の就任以来、日本代表は5試合を行い、4勝1分。

強さの秘密は、どこにあるのでしょうか…?

 

「選手がそれぞれ、個の力を持っている。

過去の代表は、“1対1では勝てないから、

組織力で補おう”が出発点だった。

森保ジャパンは、1対1で勝負する。」

 

ここまで代表を見てきて、

清水さんいちおしの選手は、守田英正選手

攻撃のセンス、守備の激しさとポジショニング、

これらをバランス良く持っている選手は

なかなかいなかった、と。

 

来月には、アジアカップが開催されます。

日本代表に必要なものは、「対応力」

 

長丁場の大会は、

戦いながら成長していくチームが強く、

そのまま優勝することが多い。

 

グループリーグで苦戦し、

決勝トーナメントで巻き返すのが理想、と。

 

DSC_4637_2.jpg

 

●朝の一曲

『A Day in the Life』(The Beatles)

 

●特別企画「帰ってきたMUSIC SCRAP」

ミュージックセレクターは、9か月ぶり、

やついいちろうさんです。

DSC_4663_2.jpg

テーマは、「やついの2018年ベスト」!

ことし見つけたフレッシュなアーティスト

選りすぐってご紹介いただきました。

 

M1 中村佳穂「きっとね!」

M2 柴田聡子「ワンコロメーター」

以上、めがねっ子の女性を続けて二人。

つづいて、

 

M3 ラッキーキリマンジャロ「ひとりの夜を抜け」

いい曲は、歌詞もいい、と。

 

M4 mono no aware「DUGHNUTS」

野球少年が、タッチペンで500曲も作曲した過去。

 

M5 zombie-chang(ゾンビーチャング)「レモネード」

漫才がうまそうな、バンド名。

 

M6 ライトガールズ「夜のベイビー」

やついさんと、Sundayカミデさんによる新ユニット。

先月、アルバム「円山町ロマンチック通り」

発表したばかり。聴いてね、と。

DSC_4673_2.jpg

DSC_4692_2.jpg

また来てくださいね♡

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4695_2.jpg

テーマは、「退職代行サービス」

会社を辞めたくても辞められない人が増えているそうで。

そんななか、新たな“退職代行サービス”が

注目を集めています。

 

「“辞めさせてもらえない”、

“辞めたいと言えない”という

ケースが多いです。

利用料は、正社員の場合で5万円。」

 

ただし、未払いの給料があったり、

会社との交渉事が必要なときは、

弁護士を利用してほしい、と。

 

DSC_4703_2.jpg

DSC_4700_2.jpg

 

●文化のひととき

DSC_4710_2.jpg

テーマは、「中津川フォーク・ジャンボリー」!

正式には、全日本フォーク・ジャンボリー

日本初の野外フェスで、日本フォーク史上最大のイベント。

ウッドストックよりも前に開催されていて、

いまの野外大規模コンサートの先駆けです。

DSC_4711_2.jpg

「第3回の開催で、観客による

メインステージの占拠事件が起こった。

出演アーティストが幅広くなったことが

波紋を呼んだんだよね。」

 

フォークジャンボリーは、71年に終了。

60年代的な文化が終わり、

新たな文化が始まる節目は「72年」

 

その1年前にフォークジャンボリーが

終わったのは、文化の変わり目を先取った

象徴的なできごとであった、と。

 

DSC_4717_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

ゲストは、サックス奏者上野耕平さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181210_suppinsong.jpg

 

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時51分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

何度も同じ話をする酔っ払いと、何度聞いても新鮮なリアクションをする酔っ払い。めでたしめでたし。


●おたよりテーマ「酔ったあげく…」

朝も早よから…ですが、

みなさんの武勇伝(??)お待ちしてます!

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_4553_2.jpg

テーマは、「始まりは好奇心」。 

取り上げたのは、

『自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝』

(著:レスリー・デンディ、メル・ボーリング)

DSC_4561_2.jpg

この本は、“科学と医学の分野で、動物実験などを

やったあとで、最後に自分を「実験台」にした事例”を

まとめたもの。

たとえば、“時間の感覚”を確かめる実験では、

時計のない洞窟に女性が数ヶ月こもったり…。

DSC_4556_2.jpg

「驚いたことに、その女性は1日の感覚が

どんどん長くなっていったんだよ。

長生きするには、

閉じこもった方がいいのかな?(笑)

いずれにせよ、好奇心が、

科学を発達させるんだね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ~。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『ボヘミアン・ラプソディ』(QUEEN)

4DX上映のチケットが取れない、と。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、書店員新井見枝香さんです。

DSC_4586_2.jpg

“新井さんが推した本は必ずヒットする”と言われる

カリスマ書店員。

すっぴん!には、2回目のご出演です。

(ノーブラ談義が記憶に新しい…。)

 

改めて、“本を売るコツ”って何でしょう…?

 

「よく聞かれるんですけど、

私はただしつこくて、

球数が多いだけです。」

 

そんな新井さん、このほど、

2作目の本『本屋の新井』を出版。

書店員として働いて感じたことや

書店でおきた出来事が綴られています。

装丁は、寄藤文平さんです。

 

「自分はパチもんというか、

俗っぽい感じなので、

まさか寄藤さんが受けてくれるとは。

Tシャツもつくっちゃいました。」

 

3作目の出版スケジュールは

決まっているけれど、

まだ筆が進んでいないそうで…、

 

どうする? どうなる?!

 

DSC_4578_2.jpg

DSC_4574_2.jpg

DSC_4593_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4602_2.jpg

テーマは、「寝るだけで~やみつきに?!」

あっという間に寝落ちしちゃう? ヨガアプリや、

着て寝るだけで体がスッキリするリカバリーウェア、

寝たまま読めちゃうメガネなどなど、

この冬おすすめの睡眠グッズを

粋歌さんがご紹介しました~。

DSC_4609_2.jpg

DSC_4605_2.jpg

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_4622_2.jpg

「しらふの時でもたいがいなのに、

酔ったときのこと聞きます?」

 

取り上げたのは、現在公開中の映画、

『ヘレディタリー/継承』!

祖母エレンの死をきっかけに、

想像を絶する恐怖に襲われる家族の物語…です。

 

「この映画は、恐怖の種類が多様。

撮り方に工夫、アイデアがあるので

そこがおもしろいところ。

『怖い!』=“驚き”=おもしろい

ということです。」

 

最初のワンカット目から

あとで起こることのヒントが

散りばめられているので

ぜひ2回見て、と。

 

DSC_4632_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「ポケットから出てきたもの」

ゲストは、お笑いコンビエレキコミック・DJ

やついいちろうさんです。

 

それでは、また来週!

 

20181207_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時45分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

パタリロ様、加湿器4台をご購入。


●おたよりテーマは…、

DSC_4408_2.jpg

「ミラクル!」

 

よいミラクルもあれば、悪いミラクルも。

川島さん、とある番組の収録で、

5年に1度の“大すべり”をしてしまったそうで。

 

「その番組、

飛行機で流れてたんですよ。

偶然、見てしまって。

おそらく、1か月くらい、

空の上で流れ続けたのでしょう。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_4409_2.jpg

お題は、「『この人マジシャンに

向いてないな~』なぜ?」

DSC_4429_2.jpg

すぐ、『じゃーやってみろよー!』って言う…?

DSC_4413_2.jpg

マジックを始めたいけど、

どう切り出していいかわからない??

 

次回のお題は、

「『こたつ戦隊! 鍋レンジャー』で

ありそうなシーンとは?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_4456_2.jpg

「最後の必殺技を“シメ”と呼ぶ。」

DSC_4460_2.jpg

みなさんの投稿、お待ちしてます!

https://www.nhk.or.jp/suppin/toko/form.html

 

●朝の一曲

『Help!』(THE BEATLES)

「粗品くんは、ひとりでやってるときから

知っていて、『おもしろいやつを見つけたんで、

そいつとコンビ組みます。』って言ってたんですよ。

だから、M-1の優勝にはジーンとくるものがあって。

この曲は、彼らの出ばやしです。」

 

※おもしろいやつ=秘密の質問に挑戦し続けた人。

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、精神科医でミュージシャン

星野概念さんです。

DSC_4469_2.jpg

現役の精神科医で総合病院にお勤め

いとうせいこうさんの主治医でもあり、

ことし2月にはお二人の共著、

『ラブという薬』を刊行。

普段の診療でのやりとりを、対談という形で

公開しためずらしい本です。

 

「もともと、僕はいとうさんの

バンドのサポートメンバーで、

ある日、カウンセリングを依頼されて。」

 

一方、音楽活動の方は…、

大学時代にインディーズでデビュー

医師免許取得後もバンド活動に没頭し、

本気でプロのミュージシャンになろうと

活動していたそうで。

 

「でも、売れなくて。

うまくいかず、バンドは解散しました。

そこで挫折を経験して、

人には“あいまい”な部分があっていいと

考えるようになったんです。」

 

ケガをすれば外科へ行くように、

気持ちがつらかったら精神科へ行く。

 

あまり敷居が高いものと考えず、

つらさを軽減する場所のひとつとして

精神科を利用してほしい、と。

 

DSC_4483_2.jpg

DSC_4472_2.jpg

DSC_4503_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4507_2.jpg

テーマは、「賢く利用! 最新家事代行サービス」

12月に入り、大掃除シーズン到来。

忙しくて手がまわらない…という方も多いのでは?

そこで、今回は最新の家事代行サービス事情をご紹介。

 

「新しい動きとして、“家事代行の

マッチングサイト”があります。

業者が間に入らない分、料金が手頃。

家事をしてくれるのは、

調理師、整理収納アドバイザーなど

専門的なスキルを持った方々です。」

 

とはいえ、個人間の取引。

ご利用には十分にご注意を。

 

DSC_4530_2.jpg

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「吹奏楽」!

『バンドジャーナル』赤井淳さんにお伺いしました。

DSC_4540_2.jpg

吹奏楽人口は、現役でおよそ100万人。

(経験者も含めると、500万人とも。)

赤井さんもトランペットを吹いていらっしゃるそうで。

DSC_4544_2.jpg

働き方改革によって、教員の部活動への

取り組み方が注目されるなか、

誌面では、顧問の先生の本音を特集したことも。

DSC_4537_2.jpg

業界が成熟してきている一方、学校吹奏楽は、

少子化の影響で統廃合が進んでいる。

今後、教育の一環として続いていくのか

それとも、地域バンドが盛り上がっていくのか

いま分岐点にいる、と。

DSC_4420_2.jpg

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「酔ったあげく…」

ゲストは、書店員新井見枝香さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181206.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時53分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

座る派、およそ7割。


●おたよりテーマは…、

DSC_4407_2.jpg

「トイレ!」

 

男性のあなた、 自宅でのお小用は、

立ってする派? 座ってする派?

 

8時台後半のアンケート投票に

ぜひご参加くださ~い。

http://www.nhk.or.jp/suppin/

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「鷹狩り」!

DSC_4280_2.jpg

解説は、時代考証家山田順子さんです。

DSC_4286_2.jpg

この時期、将軍様が楽しんでいたのが“鷹狩り”。

飼いならした鷹を放して、鳥などを捕らえる狩猟です。

家康に始まり、家光、吉宗などが好んで

行っていたようで。

DSC_4289_2.jpg

鷹場は、江戸城から5里(20km)四方にあり、

地域の住民が管理。馬に畑を荒らされたり、

獲物が少ないときは調達したり…。

DSC_4292_2.jpg

捕った鳥は将軍が食したり、大名に配ったり、

高級な“鶴”は天皇への献上品にしていた、と。

 

●朝の一曲

『Cleanup Time(2010 Remix)』(ジョン・レノン)

「この時期になると、聴きたくなるね。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、俳優高泉淳子さんです。

DSC_4364_2.jpg

1958年、宮城県のお生まれ。

早稲田大学卒業後、遊機械全自動シアターを旗揚げ。

作、演出、看板俳優として活動。

1998年から毎年12月に上演される

「ア・ラ・カルト」は、ことし30年目を迎え、

ご自身もデビュー35年を迎えられました。

 

10月には、アルバム

「LE HOT SWING!!」をリリース。

14年ぶり、3作目のカバーアルバムで

ア・ラ・カルトのメンバーで録音されたそうで。

 

「今回のアレンジはジャズ。

どちらかというと、フレンチな。

カバーにこだわるのは、

いい曲を残したいから。」

 

「ア・ラ・カルト」をオリジナルで

30年続けてこられたのは、

見てくれるお客様がいたおかげ。

 

ことしのゲストは、ROLLYさん、春風亭昇太さん、

篠井英介さん、TOBIさん、尾上菊之丞さん、ほか。

昨年に引き続き、高橋源一郎さんも。

  

本日、公開オーディション(?)を

受けたユカイさん。

高泉さん、結果は…?

 

「合格!」

 

来年以降が、楽しみですね~。

でもまずは、ことしの「ア・ラ・カルト」を。

 

DSC_4305_2.jpg

DSC_4316_2.jpg

DSC_4366_2.jpg

“おばあちゃん”スイッチ、オン。

DSC_4341_2.jpg

ユカイさんと、生歌で『黄昏のビギン』を。

DSC_4367_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4368_2.jpg

テーマは、「進化する公共トイレ」!

いま、鉄道各社がトイレの改修に力を入れています。

(外国人観光客の増加や、2020年東京オリンピック・

パラリンピックを見据えて。)

 

一方で、“公共トイレ”の方は、費用の問題で

なかなか改修が進んでいないようで。

 

「解決策のひとつが、

“ネーミングライツ制度”

企業に、町なかにある公共トイレの

命名権を販売する、というものです。」

 

“トイレが見つからない”問題には、

“トイレ情報共有アプリ”なるものも。

 

“汚い”イメージから、“気持ちいい空間”へ、

公共トイレはどんどん進化している、と。

 

DSC_4373_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_4376_2.jpg

<みき>さん、現在50代、

SNSについていけないそうで…。

 

「大丈夫、30年後には、

宇宙の大きな変化があるから。」

 

<メミママ>さん、凝り性のご主人が

最近は歴史にハマり、

食事中もヘッドホンをつけて

歴史書の朗読を聴いているとか…。

 

「食事中のヘッドホンは、

異様な光景だね。

ヘッドホン返しをしてみたら?

そしたら、気づくかも。」

 

生活する中で見失いがちだけど、

本当に大切なのは家族、と。

 

DSC_4396_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「ミラクル」

ゲストは、精神科医・ミュージシャン

星野概念さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20181205.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

エバハン? セパハン?


●おたよりテーマは…、

DSC_4271_2.jpg

「自転車!」

 

1982年のこの日、映画『E.T.』

日本で公開されたそうで。

ユージさんも映画を見て、

E.T.が(カゴに)乗っていた自転車に

強くひかれたようで。

 

「BMXというものだと知って、

超欲しくて。

でも、まわりの友だちは、

誰もよさをわかってくれなくて。

あの頃から、僕のセンスは、

頭ひとつ抜けてたんだな。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●こそだてカフェ

DSC_4152_2.jpg

ご相談は、

「父親とうまくいかない3歳児」

オオアレチノギクさん(青森県・40代)

 

7歳と3歳9か月の、男の子のお母さん。

近頃、下のお子さんの、

お父さんに対するわがままがひどく、

毎日のように父子でけんかしているとか…。

 

玉川大学教育学部教授

大豆生田啓友さんにお答えいただきました。

 

「まず、“わがまま”って何でしょう?

自分がやりたいことができない、

イヤイヤ期の延長であれば、

はたして、それは“わがまま”なのでしょうか。

子どものなかには、特定のことに

強い興味を持って、なかなか

切り替えられない子もいます。」

 

お父さんとお母さんで態度が違うのは、

ふたりの“関わり方の違い”に

問題があるのかも。

 

子どもの個性を受け止めて、

理解することが大切、と。

 

DSC_4153_2.jpg

 

●朝の一曲

『Wake Up In The Sky』

(Gucci Mane, Bruno Mars, Kodak Black)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、太鼓芸能集団鼓童です。

DSC_4187_2.jpg

(写真左から、小松崎正吾さん、池永レオ遼太郎さん、

木村佑太さん、山脇千栄さん。)

 

鼓童は、新潟県佐渡市小木を拠点に

国際的な公演活動を展開する太鼓芸能集団。

メンバーは、現在34人。

きょうは代表して、

4名の方にお越しいただきました。

 

1981年のデビュー以来、50の国と地域で公演。

年間の活動は、およそ3分の1を海外公演、

3分の1を国内公演、残りの3分の1を

佐渡で過ごす…というスタイルのようで。

 

現在は、全国ツアー

「巡ーMEGURU」の公演中です。

 

「これまで、坂東玉三郎さんの演出で

ずっとやってきたんですけど、

今回は、鼓動メンバーの

住吉佑太による初めての演出。

新しい鼓童をお見せできると思います。」

 

鼓童のメンバーになるための登竜門は、

佐渡にある研修所での2年間の合宿生活。

共同生活で心身を鍛えながら、

さまざまな伝統芸能を学ぶ…という。

 

「毎朝5時起きで。

基本的には自給自足。

左右の手の感覚をそろえるため

利き手と逆の手で箸を持って。

食事がつらかったです(笑)」

 

公演は、この後も、

東京をはじめ、四国、中国、関西、信越と続々。

ぜひ、生で、大迫力の和太鼓を。

 

DSC_4204_2.jpg

生演奏も。4人で『結』を。

DSC_4222_2.jpg

はやすぎて見えない、山脇さんのバチさばき。

DSC_4227_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4229_2.jpg

テーマは、「応援上映を楽しもう!」

声出しOK、コスプレOK、応援グッズの持ち込みOK、

観客参加型の上映会です。

 

「そして、いまおすすめの応援上映が、

『ボヘミアン・ラプソディ』。

劇中では、歌唱できるよう

字幕が表示されているんですよ。

12月も追加応援上映が決定しているので

まだ間に合います。」

 

ほか、4DX上映、爆音上映、絶叫上映など、

新しい映画の楽しみ方いろいろ、と。

 

DSC_4233_2.jpg

 

●ユー辞典

DSC_4235_2.jpg

お題は、「カリスマ」!

 

選ばれたのは…、

<ディスレンジャー>さん「ドリアン」!

DSC_4270_2.jpg

DSC_4263_2.jpg

たくさんの投稿と投票を、ありがとうございました!

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「トイレ」

ゲストは、俳優高泉淳子さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181204_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時52分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

レコードについた猫の毛を除去。←音効さんのエクストラジョブ


●おたよりテーマは…、

DSC_4056_2.jpg

「メモ!」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、生島淳さんです。

DSC_4034_2.jpg

テーマは、「箱根駅伝」!

少し早い気もしますが、年内のご出演は

きょうのみということで。

 

第95回を迎える箱根駅伝。

全23チーム関東の学生ランナーたちが

熱い戦いを繰り広げます。

 

2015年から優勝を続けている

青山学院大学は、“5連覇”と、それに伴う

“史上初の2回目の3冠”を狙います。

 

「アクシデントがなければ、

90%の確率で青学が優勝。

とにかく選手層が厚い。

原監督の強みは、区間配置。

10年以上、365日、区間配置について

考えているそうです。」

 

青学三年生の竹石尚人くん

“新・山の神”が誕生するかも、と。

 

DSC_4048_2.jpg

DSC_4049_2.jpg

DSC_4040_2.jpg

 

●朝の一曲

『12月の雨の日』(はっぴいえんど)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ピアニスト・作曲家・編曲家島健さんです。

DSC_4055_2.jpg

サザンオールスターズ「TSUNAMI」

浜崎あゆみ「Voyage」をはじめ、演歌やロックまで

幅広いジャンルのアレンジを担当する島さん。

 

アレンジのお仕事でいちばん大事なことは…?

 

「センスですかね。アレンジャーは、

与えられた素材をいかに調理するか、

そのセンスが求められる。

素材の味を活かすのか、

調味料でまったく別の料理にするのか…。

僕はジャズが根底にあるので、

“らしさ”と言えば、そこかな。」

 

一方、12月には、奥さまであり、

歌手・俳優の島田歌穂さんと

毎年恒例でコンサートを開催

ことしで9年目だそうで。

 

「二人だけで、最初は、

大変かと思ったんですけど…。

やり始めたら、二人だからこそ

自由にできる部分があって。」

 

この時期は、音楽番組や

イベントが増えて大忙し。

 

夢は、オリジナルの、

日本発のミュージカルを作ること、と。

 

DSC_4070_2.jpg

DSC_4069_2.jpg

DSC_4095_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_4099_2.jpg

「メモ帳(=ネタ帳)、持ち歩いてます。

このノートから、3割は使ってます。

“ホヤの恩返し”とか。」

DSC_4096_2.jpg

テーマは、「おすすめ手帳」!

手帳の季節ですね。ある書店の調査によると、

現在でも、紙の手帳の人気は根強いようで。

粋歌さんが、おすすめ手帳をプレゼンしてくれました。

DSC_4057_2.jpg

月間横罫タイプ。1日が3分割されていて、

予定を仕事やプライベート、趣味など

分けて書くことができます。

DSC_4058_2.jpg

ガントチャートタイプ。作業工程を視覚的に

把握できる“表”のような形。棒グラフのような

線を引くことで、計画の進行を俯瞰できます。

DSC_4060_2.jpg

バレットジャーナルの一部。ノートのような形。

自由にデコレーションして、インスタグラムに

アップする人も。

DSC_4118_2.jpg

来年の手帳、あなたはデジタル派? 紙派?

 

●文化のひととき

DSC_4125_2.jpg

テーマは、「渥美清」!

来年は、映画『男はつらいよ』の50周年。

新作が22年ぶりに公開されることが発表されました。

DSC_4132_2.jpg

「渥美さんのスタートは、コメディアン。

森繁久彌さんに憧れていたんだよね。」

 

車寅次郎が出てこない“寅さん”があったら、

おもしろいはず、と。

 

DSC_4124_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「自転車」

ゲストは、太鼓芸能集団鼓童です。

 

それでは、また明日!

 

20181203_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時47分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲