2018年11月12日

シロー!


●おたよりテーマは…、

DSC_2397_2.jpg

「叫び!」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、ワールドカップ以来、

サッカーライター清水英斗さんです。

DSC_2400_2.jpg

テーマは、「J1 優勝と残留のゆくえ」!

まずは、昨日、アジア・チャンピオンズ・

リーグ(ACL)で、鹿島アントラーズが優勝

記念すべき、20個目のタイトルです。

 

「日本では強いけど、ACLでは…

と言われ続けて、悲願を達成。

いまの鹿島は、フィジカル面でも

とても強いです。」

 

そして、今月10日、J1第32節で

川崎フロンターレの優勝・連覇が決まりました。

一方の、残留争い。ことしはJ1史上もっとも

ハイレベルな戦いになりそうなんだとか。

 

「柏レイソルは、

いい選手はたくさんいるけれど、

チームとしての戦い方が詰まっていない。

24日のセレッソ大阪戦に勝てるかどうかが

ポイントですね。」

 

ことしは、J1だけでなく、J2も、

最後の最後まで楽しめる、と。

 

DSC_2408_2.jpg

 

●朝の一曲

DSC_2396_2.jpg

『東京は夜の7時』(野宮真貴と少林兄弟)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、お笑いコンビAマッソです。

DSC_2413_2.jpg

写真左が村上さん、右が加納さん。

宮沢さんが注目している女性お笑いコンビです。

 

倉本美津留さんや、いとうせいこうさんが

高評価しているということで…、

20181112_kuramoto.jpg

倉本さんも、電話でご出演。コメントを。

(朝早くから、ありがとうございました。)

 

そして、ネタもたっぷり。

企画「その時、なんて言う?」では、

“ムンクの叫び”の絵にひとことフレーズを。

 

先攻、宮沢さん。

20181112_munch.jpg

「だから、熱いって言ったじゃん!」

 

後攻、加納さん。

20181112_munch.jpg

「あんた、口動かすより、手動かしや。」

 

変わったコンビ名の由来は、

諸説あるそうですが、そのひとつは、

おじいちゃんの断末魔の叫びだったそうで。

 

<エ、Aマッソー!>

 

DSC_2418_2.jpg

DSC_2423_2.jpg

DSC_2440_2.jpg

DSC_2470_2.jpg

また来てくださいね♡

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_2478_2.jpg

テーマは、「定額制グルメ、賢く利用するには?」

定額制サービスが、飲食業界の分野にも。

毎月決まった金額で、どんなサービスが

受けられるのでしょうか…?

 

「とあるカフェでは、月額3,000円で、

通常1杯300円のコーヒーが、いつでも無料。

とあるバーでは、月額1,500円で、1日1杯無料。」

 

得か損かは、使い方次第、と。

 

DSC_2485_2.jpg

DSC_2488_2.jpg

 

●アフター311

きょうは、福島県南相馬市を拠点に活動している

一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクト

理事長、星巖さんにお伺いしました。

 

●文化のひととき

DSC_2512_2.jpg

テーマは、「80年代・ラジカルの舞台と音楽」!

きょうは、80年代、宮沢さんが作・演出していた

“ラジカル・ガジベリビンバ・システム”の

舞台で流した音楽について。

 

TALKING HEADSの『I Zimbra』。

1986年の舞台『スチャダラ』で使ったそうですが、

イントロでは…、

 

<ガ・ジ・ベ・リ・ビンバ♪>

 

ちなみに、“スチャダラ”は、宮沢さんの造語

(“スチャラカ”と“スーダラ”を合わせた)。

 

その舞台を見ていた若者が、

“スチャダラ”に“パー”をつけて、

自身のヒップホップグループの名前に。

 

「ラジカルでは、モンティ・パイソンや

スネークマンショーのビジョンを

舞台でスタイリッシュに表現してみよう、と。

だから、コントとコントの合間のスライドや

音楽にはかなりこだわりましたよ。」

 

DSC_2505_2.jpg

DSC_2498_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「勲章」

ゲストは、お笑いタレント横澤夏子さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181112_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時49分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲