2018年10月22日

♪ ベン・ハーだあ~、昔の人ですよ~


●おたよりテーマは…、

DSC_0873_2.jpg

「ああ、恥ずかしい!」

 

宮沢さん、エレベーターを降り間違え、

もごもご言い訳。

 

「ああ、恥ずかしい。」

 

みなさんの投稿、お待ちしてます!

 

●スポーツ自由形

コメンテーターは、ベースボールライターの

キビタキビオさんです。

DSC_0882_2.jpg

テーマは、「日本シリーズとドラフト会議」!

まずは、日本シリーズ。出場チームが決まりました。

セ・リーグからは広島東洋カープ、

パ・リーグからは福岡ソフトバンクホークスが

出場します。

 

「短期決戦ですからね。

僕が注目するのは、

“主軸選手の後に続く選手”。

SBでは川島、明石、西田、長谷川。

広島では野間、上本、新井。」

 

そして、今週25日には、

ドラフト会議も。

根尾、吉田が抽選になるのは必至、

個人的に注目しているのは

高校生選手の小園と柿木。

 

ことしはプロで活躍できる逸材が

そろっているので、

いわゆる“外れ1位指名”はない、と。

 

DSC_0884_2.jpg

DSC_0885_2.jpg

 

●朝の一曲

『Three Is A Magic Number』(Bob Dorough)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、作家平野啓一郎さんです。

DSC_0888_2.jpg

2016年刊行の『マチネの終わりに』

ベストセラーに。映画化も決定し、

話題を集めています。

 

先月には、最新作『ある男』を刊行。

主人公は、中年の弁護士・城戸。

高校時代に日本国籍を取得した在日韓国人3世。

かつての依頼者である里枝から

奇妙な相談を受けて…。

 

死んだ夫とは何者だったのか?

城戸は、“ある男”の正体を探りながら

自分の人生と向き合っていきます。

 

「“アイデンティティー”というのは、

ずっと僕のテーマにあって。

自分で選びようのない“生まれ育ち”が

圧倒的に不利な条件下にある人の

生き方を考えてみました。」

 

本(とくに小説)が売れない昨今、

物語と“現代の読者”の距離感を

どう設定するか、“書き方”について

かなり気を遣っていらっしゃるそうで。

 

「最近は、よっぽどおもしろくないと

読んでくれないから(笑)

純文学として、静かに始めたいと

思っても難しい。“序文”を書くことで

スムーズに読んでもらえるかな…?と。」

 

平野さんが提唱する“分人主義”は、

人間はひとつの人格だけでなく、

対人関係ごとに異なる人格を持ち、

その集合体として生きている、という考え方。

 

「自分がひとつだと思うと、

(自分を)全否定か全肯定かの

どちらかになる。

自分がいくつもあって、ここは好き、

ここはちょっと…と思えれば、

少しは楽になるのでは…?」

 

ことしは、デビュー20周年。

90年代末の閉塞感から解放されたいと思い

本を書き始めて、20年。

 

2020年代は、大変な時代になる。

年単位で大きな災害があり、

数年単位で復興にも時間がかかる。

 

そんな、現実が大変な状況のなかで、

読者が読みたいと思う本は何なのか。

これからも考え続けていきたい、と。

 

DSC_0920_2.jpg

DSC_0910_2.jpg

DSC_0917_2.jpg

DSC_0921_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さん

DSC_0929_2.jpg

ナイロンタオルで隠して、廊下を疾走。

ああ、恥ずかしい。

 

テーマは、「社会人インターン」!

一定期間、企業で働く“職業体験”のこと。

いまや、学生だけでなく、

社会人も参加できるインターンが

増えているそうで。

 

「転職を目的としたものから、

スキルアップ目的など、さまざま。」

 

人生100年時代。

ひとつのスキルで一生食べていくのは

難しいなか、スキルをつけ直す機会として

広がっているのではないか、と。

 

DSC_0932_2.jpg

 

●文化のひととき

DSC_0946_2.jpg

テーマは、「日本歌謡史その3“荒井由実の、

人の弱いところをつくのがうまいね”」

 

ことし、デビュー45周年。

荒井由実の何が人を引きつけるのか、

原点にあるのは、ソングライターとしての荒井由実。

ということで、アーティストに提供した

楽曲から考えてみました。

DSC_0962_2.jpg

DSC_0957_2.jpg

「たとえば、『卒業写真』

『いちご白書をもう一度』など、

どこか、ノスタルジック。

(当時の)自身の体験、実感としては

ないはずなのに。」

 

人がどうしても持つノスタルジーに

働きかける見事なテクニック。

 

そして、『あの頃のまま』で、

ノスタルジー路線の完成へ。

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ~。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

そして…、

 

きょうのサントラコーナーは、

「大げさな曲」をテーマにお届けしました。

 

DSC_0945_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「電話」

ゲストは、モデル・デザイナー雅姫さんです。

 

それでは、また明日!

 

20181022_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時49分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲