2018年6月15日

「文学は、いつも反抗期」


●おたよりテーマ「反抗期」

源一郎さん、思春期の頃は夜逃げで忙しく

反抗しているヒマがなかったそうです。

 

みなさんの“反抗期”エピソード、

お待ちしてます!

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

P4223013.JPG

テーマは、「一発屋バンザイ!」

取り上げたのは、

『一発屋芸人列伝』(著・山田ルイ53世)

山田ルイ53世さんが“一発屋芸人”たちに

取材をしてまとめたノンフィクションです。

P4223023.JPG

P4223006.JPG

「著者自身も一発屋で、

一発屋への愛があるんだよね。

山田ルイ53世さん、物書きに

転向した方がいいんじゃない?」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/suppin/toko/form.html

 

●朝の一曲

『You're Only Lonely』(J.D.サウザー)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、作家・歌手町田康さんです。

P4223051.JPG

町田さん著、『パンク侍、斬られて候』

文庫版では、源一郎さんが解説を担当。

町田さんのことを「規格外れの怪物」と

評しています。

 

そして、先週ゲン国で予習した

町田さんによる“古典の現代訳”。

『ギケイキ 千年の流転』は、

源義経の一代記を描いた古典「義経記」を

現代語訳した作品です。

 

「古典は、いいかげんで、

めちゃくちゃで、おもしろい。

読んでると、魂が自由になる。

そこが惹かれるところかも。」

 

最新刊『湖畔の愛』は、

現代を舞台にした恋愛コメディーです。

この小説では、“演劇”を描きたかったそうで。 

 

昨年には、長編小説『ホサナ』

刊行されました。

執筆に5年かかったそうで。

 

「いま理解していないことを

理解していくのが長編を書く作業。

少し先に照らされているものがあって

何とかそこにたどり着いて…、

そしたら、その先に、また照らされて

いるものがあって…という感じ。

書いていて答えが見つかるかどうか、

常に、不安はあります。」

 

正しいこと、優しいことが

よしとされているが、

はたしてそれはどうなのか。

 

小説はもっと自由に、

何らかの解毒性がないと、

いま本を書く意味はない、と。

 

P4223037.JPG

P4223054.JPG

P4223002.JPG

P4223041.JPG

P4223035.JPG

P4223059.JPG

P4223066.JPG

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

P4223073.JPG

テーマは、「300円ショップ」!

人気の300円ショップですが、

“9割以上がオリジナル商品”という企業も。

P4223089.JPG

P4223094.JPG

P4223072.JPG

女性をターゲットに、“かゆいところに手が届く”

ラインナップが人気の理由、と。

 

●春日太一の金曜映画劇場

P4223102.JPG

取り上げたのは、

『白と黒』!

1963年公開、原作・脚本 橋本忍、

監督 堀川弘道。

出演 小林桂樹、仲代達矢、ほか。

 

「先が読めない展開、

橋本忍のみごとな脚本と

堀川監督のむだのない演出。

ラストはまさかのどんでん返し。」

 

今回は、動画配信作品を取り上げましたが

古い作品は、なかなかDVD化されないそうで。

今後は、動画配信サイトでの視聴が

主流になる、と。

 

P4223109.JPG

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「天国・地獄」

ゲストは、編集者・写真家都築響一さんです。

 

それでは、また来週!

 

20180615_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時46分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲