2018年4月13日

境目(ボーダー)


●源ちゃんのゲンダイ国語

P2194875.JPG

テーマは、「健康に役に立つ小説」

取り上げたのは、

『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』

(著・エラ・バーサド、スーザン・エルダキン)

 

著者の二人は、2008年からロンドンを拠点に、

“読書療法(ビブリオセラピー)”という

サービスを始めました。

心身の不調や人生の悩みに対して、

小説を処方するそうです。

 

この本は、そんな二人の活動をまとめたもの。

たとえば、“カギがなくて家に入れないとき”に

読む本として、推理小説やスパイ小説が

あげられています。

P2194895.JPG

P2194887.JPG

「ものすごいたくさんの悩みと、

それに対する“対策本”がある。

本を読む理由づけとしても利用できるし、

この方法自体がファンタジーだね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『春咲小紅』(矢野顕子)

「初音ミク版を希望したんだけど、

ないって言うから。

初音ミクの歌い方が、矢野さんに

似ていて、おもしろいんだよ。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、作家・クリエイター

いとうせいこうさんです。

P2194918.JPG

活字・映像・音楽・舞台など、

さまざまな分野でご活躍ですが…、

 

「好奇心が旺盛なんですね。

旺盛なんだけど、おたくの人たちのように、

系統だてて探求することはしない。

興味をもったポイントだけ。」

 

近著『「国境なき医師団」を見に行く』は、

せいこうさんが、国境なき医師団の

活動現場を訪問し、見たものや出会った人、

感じたことを綴ったノンフィクションです。

 

国境なき医師団(通称MSF) は、

貧困や天災、紛争に見舞われた地域に真っ先に入り、

医療や人道的支援を行う国際的NGO。

世界およそ70 の国と地域で活動しています。

 

「彼らの活動を伝える役目を

引き受けたいと思って。

事前にあまり下調べをしないで、

現地で知った驚きを

そのまま記しました。」

 

スティーブ・エリクソンが

ノンフィクションの中に、

フィクションを入れたのが格好良くて、

いつかそんな風に書いてみたいと思っていた。

今回、それができた、と。

 

そして、

 

必要なのは、同情ではなく、敬意。

大変な苦労をした人への敬意。

ヘイトの反対は“愛”ではなくて

“敬意”ではないか、と。

 

P2194913.JPG

P2194958.JPG

P2194946.JPG

P2194955.JPG

P2194959.JPG

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

P2194962.JPG

テーマは、「ずぼらヨガ」!

『自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ』

(著・崎田ミナ)が人気のようで。

きょうは、2ポーズを実践してみました~。

P2194971.JPG

腰痛におすすめの【ゆれる吉祥】のポーズ

P2194972.JPG

上半身のサビ取りに【いなほ】のポーズ…?

P2194973.JPG

【いなほ】のポーズ…?

20180413_hizafuni_1.jpg

正解はこちら!【いなほ】のポーズです。

(うしろで手を組み

肩甲骨を引き寄せ

上半身を腕ごと前に

そっと倒していく

ヒジはまっすぐに

首をラク~に

うなだれて深呼吸)

 

●アフター311

きょうは、福島大学の学生ボランティアグループ

「福島大学災害ボランティアセンター」

創設者で顧問の福島大学教授・鈴木典夫さん

お伺いしました。

 

「サークル活動ではなく、

参加・行動は自由。

大学からも自立した団体です。

ボランティアは、“奉仕”ではない。

その行為のプロセス、結果、

成果に対する言葉。」

 

そして、ボランティアは、

楽しくなければいけない。

出会った人を笑顔に、

自分たちも笑顔で、と。

 

20180413_after311_1.jpg

<福島大学 鈴木典夫教授>

20180413_after311_2.jpg

<福島大学災害ボランティアセンター>

20180413_after311_3.jpg

<仮設住宅でのボランティア活動

「一緒に たこ焼きを」(2月)>

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

きょうは、お電話でのご出演です。

“結構、病弱なんです”、とのこと。

 

取り上げたのは、

『ボディ・スナッチャー』!

ディストピア映画シリーズ、第11弾です。

 

主人公は、サンフランシスコの公衆衛生局員。

宇宙から飛来した未知の侵略生物により、

次々と友人や隣人の肉体が乗っ取られて…

というお話です。

 

「他者を理解できているか、

根本的な恐怖を描いた作品。

ざっくりひとことで言うと、

<同窓会には行くな>

ということですね。」

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「長い、短い」

ゲストは、作詞家藤林聖子さんです。

 

それでは、また来週!

 

20180413_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時58分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲