2019年03月20日 (水)新年度から、ユカイさんは"ちゅっぴん"です。


●おたよりテーマは…、

DSC_0413_2.jpg

「引っ越し!」

 

ユカイさん、“引っ越し”と言えば…、

 

「契約更新のたびに、

2年ごとに引っ越ししてたね。

環境を変えて、気分を変えたくて。

かのベートーベンも、

引っ越したくさんしたそうです。」

 

ちなみに、藤井アナの引っ越し回数は、

およそ16回

 

みなさんのエピソード、お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「坂本龍馬」!

 DSC_0417_2.jpg

解説は、多摩大学客員教授歴史家

河合敦さんです。

DSC_0459_2.jpg

河合先生は、きょうが最終回!

ということで、先生が歴史の世界に入る

きっかけとなった人物、坂本龍馬について

熱く語っていただきました。

DSC_0453_2.jpg

「厳密には、龍馬の前に、

金八先生を好きになりまして。

金八先生が尊敬していたのが、坂本龍馬。

金八先生の言うことなら間違いない、と。」

DSC_0449_2.jpg

金八に憧れ“教員”になり、

龍馬を研究するなかで“歴史家”になり…。

DSC_0428_2.jpg

龍馬から学んだことは、

粘り強さと柔軟さ、と。

 

●朝の一曲

『Satisfied』(内田裕也)

「どちらかと言うと、ダイアモンド☆ユカイは、

内田裕也さんから逃げてましたから。

あるとき、俺の発言を聞いた裕也さんが

“あいつはけしからん”って言って、

バットを持って、うちの事務所に

乗り込んできて(笑)」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、シンガーソングライター

柳原陽一郎さんです。

DSC_0477_2.jpg

すっぴん!には、2014年5月以来、2回目のご出演。

ことし、9枚目となるアルバム

『小唄三昧』を発表されました。

 

「SNSが普及して、

便利なようで窮屈な世の中になった。

自由にものが言えない時代に。

このアルバムは、いわば、

僕なりのプロテストソング集。

といっても、声高に叫ぶのではなく、

ぼやくように(笑)」

 

今週は、仙台、盛岡でライブ。

来月以降も、弾き語りの旅は続くそうで。

ことしは、全国に小唄三昧を届けたい、と。

 

DSC_0473_2.jpg

DSC_0463_2.jpg

生演奏もたっぷりと。

DSC_0508_2.jpg

セッションも。

DSC_0515_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_0544_2.jpg

テーマは、「米ゲル」! 

米ゲルとは、ゲル状のおこめのこと。

炊いたお米を細かくして、

のりのような状態にしたものです。

 

こんな感じ↓

DSC_0547_2.jpg

小麦粉に代わってパン、お菓子、麺類などの原料に。

増粘剤、乳化剤、安定剤など、食品添加物の

代わりにもなり、卵やチーズの代替食品をつくることも。

DSC_0554_2.jpg

こちらは、米ゲルを使用したお好み焼き。

DSC_0563_2.jpg

「食感はもちもちで、味はさっぱり。

おいしい。」

DSC_0530_2.jpg

海外からの問い合わせも多いそうで。

世界的に需要が広がれば、

日本のお米生産も活気づく、と。

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_0573_2.jpg

<匿名希望>さん、いま大学院生。

すでに家庭がある50代の男性に

恋してしまったそうで。

気持ちを伝えることはしない、と。 

 

「人には縁、タイミング

というものがあるからね。

気持ちは大切にしてね。

それより、もっと大きく、

この広い地球を

見てみてはいかがですか。」

 

<元マーティン>さん

転職することになったそうで。

以前の職場では応援してもらったのに

期待に応えられなかった、と。

 

「罪悪感なんて、感じることないよ。

すかっと、そんな気分を吹き飛ばす

曲を聴いてください。」

 

DSC_0583_2.jpg

ということで…、

 

新年度から、ユカイさんは、

火曜日へ“お引っ越し”!

 

明日は、宮沢さんの特別企画、

「すっぴん!卒業スペシャル

『宮沢さんからあなたへ』」をお届けします。 

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190320.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時30分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月19日 (火)ユー―ジー――!いってらっしゃーーい!!


●おたよりテーマは…、

DSC_0213_2.jpg

「ユージー!」

 

ユージさんは、きょうが最終回!

ということで、

 

おたよりテーマは、ユージ

こそだてカフェも、ユージ、聞いてよ~。

ユー辞典のお題も、ユージ

インタビューゲストも、ユージ(に似た人)。

 

火曜すっぴん!をあげての

ユージ祭りでございます。

 

みなさんのメッセージ、お待ちしております!

 

●こそだてカフェ

最終回は、「ユージ、聞いてよ~」!

DSC_0230_2.jpg

<演歌にエンカウンター>さん

お姉ちゃんは、家の居心地がいいのですね。

それはそれで、幸せなことかも。

DSC_0250_2.jpg

<ましゅお>さん、みんな、

ましゅおさんとコミュニケーションをとりたいのかも。

中学生になっても、がんばってね!

DSC_0236_2.jpg

こそだてカフェは、新年度から月1でお届けする予定です~。

 

そして、“やるやる詐欺”を

検証するおたより、多数。

 

「ぜんぶ、きょうやるから(半笑)」

  

●朝の一曲

『sucker』(Jonas Brothers)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、タレントJOYさん

DSC_0275_2.jpg

すっぴん!へのご出演は3回目!

きょうは、お互いにインタビューを行う

“スイッチインタビュー”形式でお届けしました~。

DSC_0262_2.jpg

「すっぴん!には3回も呼んだのに、

きこえタマゴ!には

一度も呼んでくれなかったね。」

DSC_0290_2.jpg

二人の目標は…、JOY soul…何ですか? 

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

ユージさんとの思い出と言えば…、

DSC_0291_2.jpg

加藤さん事件。

DSC_0303_2.jpg

 

さて、

 

きょうのテーマは、「ご当地タクシー」!

地元の情報に精通したプロのドライバーが

案内してくれるタクシーで、

目印はオリジナルあんどん。

 

香川県のうどんタクシー、

宮崎県のチキン南蛮タクシー、

青森県のアップルパイタクシー、

石川県の金沢寿司タクシー、などなど。

 

「2018年に、

ご当地タクシー協会が発足して、

13のタクシーが加盟しています。

ドライバーになるためには、

社内試験を実施する必要が

あるんです。」

 

背景には、観光ニーズの成熟があるそうで。

もはや、単なる移動手段ではない、と。

 

DSC_0314_2.jpg

 

さてさて…、ご卒業ですからね、

やり残したことは、

すべてやっていただきましょう。

 

“ユージ、(食わず嫌いの)ピータンを食す”。

DSC_0335_2.jpg

「なんか、色があり得ないレベルで、

黄身が、ドロドロなんですけど。」

DSC_0330_2.jpg

「はあ。もう、匂いが…。」

DSC_0344_2.jpg

「……。」

DSC_0345_2.jpg

「いかが?」

DSC_0351_2.jpg

「白身の部分だけは、大丈夫。

食感がゼリーみたいで…。

でも、僕は、ゼリーを選ぶ。」

 

そして!

 

<全裸に雨合羽>さん

電話出演、ありがとうございました~♡

 

最後に、生「ユージ――!」が聞けて

よかった!!

 

刻々と時間が過ぎていきます。

いよいよ最後の…、

 

●ユー辞典

最終回のお題は、「ユージ」!

DSC_0364_2.jpg

候補は…、「ゆずこしょう」「あたりめ」

「厚化粧」「オオカミ」「外車のスポーツカー」の5つ。

 

最高得点は「オオカミ」でしたが、

編集長・ユージさんが選んだのは…、

DSC_0398_2.jpg

「悩む…。」

 

結果、選んだのは、

<へそ曲がり>さん「厚化粧」! 

DSC_0410_2.jpg

「はじめて、独断で選びましたよ。

すっぴん!にもかかってるしね。」

 

<番外編>

DSC_0288_2.jpg

イナバさん、いつもありがとうございました!

 

リスナーのみなさんも、

きょうはたくさんのメッセージを

ありがとうございました!

 

ということで、最後にあの言葉を。

 

“Thank you for listning,

and have a great day! Bye-Bye!!”

 

DSC_0412_2.jpg

ユージさん、4年間ありがとうございました!

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「引っ越し」。 

ゲストは、シンガーソングライター柳原陽一郎さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190319_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時45分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月18日 (月)リーダー、あと1日シフト入ってますよ。


●おたよりテーマは…、

DSC_0170_2.jpg

「長い付き合い!」

 

宮沢さんは、きょうが最終回

さみしくなりますね…。

 

「骨折したりして、

調子の悪いときはフル放送。

絶好調のときは、

短縮放送になりがちだったね。」

 

きょうは、国会中継のため8時55分まで

凝縮してお届けしますよ~。

 

ということで、さっそく…、

 

●朝の一曲

『WILL YOU LOVE ME TOMORROW』

(ザ・シュレルズ)

 

つづいては…、

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_0172_2.jpg

「印象残った回は、“フリーズドライ”…?

それ、粋歌姉さんの担当ね!」

 

テーマは、「ゆるスポーツ」!

運動が得意な人もそうでない人も、

健常者も障害者も、年齢も問わず、

いろんな人たちが混ざり合って“ゆるっと”

楽しめるのが、ゆるスポーツ。

 

マイクに向かって「トントン」と言うと

土俵が振動する“トントンボイス相撲”

足つぼといす取りゲームを合わせた

“イタイッス”など、20種類を超える競技が。

 

5月には、年に一度のイベント、

「ゆるスポーツランド2019」が

開催されるそうで。

DSC_0174_2.jpg

ゆるスポーツが広がれば、

生涯スポーツのすそ野も広がる!

 

●文化のひととき

DSC_0203_2.jpg

テーマは、「岸田國士戯曲賞と『ヒネミ』」!

演劇界の芥川賞と言われる、岸田國士戯曲賞

宮沢さんは、1993年に『ヒネミ』で受賞

2006年から選考委員を務めています。

ことしは、松原俊太郎さんの『山山』が

受賞しました。

DSC_0198_2.jpg

「『山山』には、

劇言語としての強さがあった。

言葉に、強さと新しさを感じた。」

 

そして、宮沢さんが

1993年に受賞したのが『ヒネミ』

 

子どもの頃過ごした小さな町「日根水」の

地図を描き続ける男が、

現在と過去の場面を行き来しながら

記憶の奥にある真実にたどり着く…という物語です。

 

「『ヒネミ』を書いたとき、

ちょうど演劇をやめようと思っていて。

これを最後にやめよう、と。

それで、賞をいただいて…

背中を押してもらったというか。

もっと演劇を書こう、

ヒネミを超えるものを書こうと

思うようになって。」

 

作品を推してくれたのは、

劇作家・演出家の太田省吾さん。

いまでも、宮沢さんのこころの師匠です。

 

存在の不確かさ。

物語と現実の共時性。

 

いまや選ぶ立場ではあるけれど、

選ぶというのはおこがましい、

僕の方が刺激を受けている、と。

 

さて。

 

すっぴん!月曜日は、きょうで最終回ですが…、

DSC_0208_2.jpg

バイトリーダー、あと1日シフト入ってますよ~。

 

3月21日(木・祝)は、

すっぴん!卒業スペシャル

「宮沢さんからあなたへ」

 

終わる終わる詐欺じゃない!

ほんとうのラストラン!!

 

たくさんのメッセージ、

おまちしております!!!

 

20190318_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時45分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月15日 (金)近藤さんに、何を頼まれたの??


●おたよりテーマは…、

DSC_0064_4.jpg

「おめでたい話!」

 

源一郎さん、NHK放送文化賞の受賞、

おめでとうございます!

 

本日、授賞式があり、

このあと、生放送を抜けて

出席されます。

 

みなさんのおめでたい話、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_0065_2.jpg

テーマは、「見えない壁を越えるには」

取り上げたのは、

『国境のない生き方~私をつくった本と旅』

(著・ヤマザキマリ)

DSC_0093_2.jpg

著者は、『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさん。

ご自身が20代後半でシングルマザーとなり、

貧乏や挫折を経験しながらも、

明るく生きてこられたのは…?

DSC_0076_2.jpg

いろんな読み方ができる一冊。

本と旅は、いつでも人を遠くに

連れて行ってくれるね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『夢であいましょう』(坂本スミ子)

 

ということで、源一郎さんは会場へ~!

 

●すっぴん!インタビュー

20190315_machiya.jpg

先週収録した、小説家町屋良平さん

インタビューをお届けしました。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_0095_2.jpg

テーマは、「大人向け粉ミルク」!

(源一郎さん不在でお届けしております。)

 

栄養を手軽にとれるということで、

大人向け粉ミルクが人気のようです。

お味は…?

DSC_0122_2.jpg 

「うん、飲みやすい。おいしい。」

DSC_0116_2.jpg

サプリメントと違って、アレンジできるのが

大人向け粉ミルクの利点。

DSC_0130_2.jpg

こちらは、ドレッシングに粉ミルクを

ちょい足ししたもの。

DSC_0133_2.jpg

不足しがちな栄養素を補う方法のひとつとして、

大人の粉ミルクを取り入れてみてはいかが?

DSC_0137_2.jpg

粋歌さん、1年間ありがとうございました!

 

●春日太一の金曜映画劇場

DSC_0153_2.jpg

取り上げたのは、

『はいからさんが通る』!

 

原作は、大和和紀さんの大ヒットコミック。

おてんば娘の花村紅緒は、

伯爵・伊集院家に行儀見習いへ行くことに。

そこで出会った青年将校が、実は許嫁で…。

 

「もう、南野陽子がすべて。

南野陽子が、90分間ずっとかわいいという

恐ろしい映画です。

スタッフにカメラマン、

制作陣が一丸となって、

南野陽子をめでている。」

 

ストーリーは、

南野陽子が飛ぶための滑走路。

そのかわいさは、

南野陽子か、ヘップバーンというくらい、と。

 

DSC_0149_2.jpg

すぐにネクタイを外して、ほっ。

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「長い付き合い」です。

 

それでは、また来週!

 

20190315_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月14日 (木)縄文土器はさわれても、マハラジャの制服はさわれない。


●おたよりテーマは…、

DSC_9978_2.jpg

「ひま。」

 

ですが、

 

きょうは、国会中継のため8時55分まで

すっぴん!は飛ばしてまいりますよ~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_9981_2.jpg

お題は、

「カッパ中学校の卒業式で

ありがちなこととは?」

DSC_9993_2.jpg

<中学最後だからと相撲をとりはじめるが、

生活指導に「まだ試験のやつもいるから、

甲羅が傷ついたら面接のときにどうすんだ!!」

と、怒鳴られる>

DSC_0020_2.jpg

きのくに子どもの村小学校のみなさん

担任の渡辺先生、1年に渡る「河童」研究の

総仕上げとして、大喜利へのご参加

ありがとうございます!

DSC_0001_2.jpg

おいしいさくらんぼ、キャロライナピッツァ、

ZXハゲジジイの3名が受賞しましたよ~。

 

次回、新年度第一回目のお題は、

「海外のガイドブックに掲載された

『日本の花見』が間違いだらけ!

なんと書いてある?」

 

始球式は、きょうが最後の大喜利

気象予報士福田寛之さんです。

DSC_0047_2.jpg

「<花見で花を見ているのは素人>」

DSC_0052_2.jpg

最後の最後で、ちょっと黒さが出てしまいましたね。

DSC_0055_2.jpg

2年間に渡って、ホームランを

ありがとうございました~!

 

●朝の一曲

『カミングスーン featuring スチャダラパー』

(ORIGINAL LOVE)

 

●ひざウチ!ふにオチ!

DSC_0062_2.jpg

プレゼンターの三遊亭粋歌さん

おつりを投資に回す「おつり投資」

あれこれをご紹介しました。

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「おめでたい話。」

ゲストは、小説家町屋良平さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190314.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時49分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月13日 (水)"俺五段活用"時代。


●おたよりテーマは…、

DSC_9903_2.jpg

「待ち合わせ!」

 

3月12日、お誕生日を迎えたユカイさん

匠音くんの演奏で、バースデーソングを

歌ってもらったそうです。

 

みなさんの“待ち合わせ”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●ユカイな江戸暮らし

テーマは、「浜口梧陵」!

解説は、多摩大学客員教授河合敦さんです。

DSC_9908_2.jpg

浜口梧陵、教科書にも載った

「稲むらの火」のモデルになった人物ですが、

史実は、ちょっと違うそうで。

DSC_9914_2.jpg

梧陵は、紀州の広村の生まれ

本家は千葉県銚子を生産拠点とする

醤油醸造業を営んでおり、

12歳のとき、跡継ぎがいなくなった

本家の養子に入り修行。

33歳で7代目当主となり、

銚子、江戸、広村を往復するように。

DSC_9912_2.jpg

そして、34歳のとき。

広村に大きな地震が起こり、大津波が押し寄せます。

梧陵もその津波にのみ込まれ、九死に一生を得ます。

 

そのときすでに日は暮れていて、

梧陵は、“避難場所がわからず路頭に迷っている人”の

目印になるよう、稲むらに火を放ちます。

この行動が「稲むらの火」のモデルに。

 

その後も、自費で堤防建設を行うなど

防災活動に取り組んだ梧陵。

DSC_9917_2.jpg

故郷を愛し、故郷の人々に

愛される人であった、と。

 

●朝の一曲

『学生街の喫茶店』(ガロ)

「“待ち合わせ”と言えば、やっぱりこの曲だよね。」

 

●すっぴん!インタビュー

DSC_8656_2.jpg

2月20日に収録した、

動物写真家岩合光昭さんのインタビューを

お届けしました。

DSC_8663_2.jpg

DSC_8666_2.jpg

DSC_8691_2.jpg

DSC_8697_2.jpg

DSC_8699_2.jpg

映画『ねことじいちゃん』は、まだまだ公開中です。

詳しくは、ホームページをどうぞ~。

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_9959_2.jpg

テーマは、「液体ミルク」!

ここ数日、日本製の液体ミルクが発売されたと話題に。

粉ミルクに対して、液体ミルク。

これまで液体ミルクがなかったのは、

“基準がなかった”ことが理由だそうで。

 

「手軽、持ち運びに便利という

メリットがある一方で、

粉ミルクと比べて1回あたりの

単価がかなり高い、

一度封を開けると保存できない

というデメリットも。」

 

とはいえ、災害時には非常に役立つ液体ミルク。

状況に応じて使い分けてみてはいかが?

 

DSC_9930_2.jpg

こちらが液体ミルク。そのままでは飲めないので、

ほ乳瓶に移し替えます。

DSC_9948_2.jpg

蛇腹型でコンパクトな、折りたたみほ乳瓶。

DSC_9949_2.jpg

使うとき、のばします。

DSC_9956_2.jpg

 

●ちょっときいてよ!アンサーソング

DSC_9968_2.jpg

<ピョン子> さん

小学校最後のスキーキャンプが

学級閉鎖で中止になってしまったそうで…。

 

「何年後かに、

またみんなで集まればいいよ。

楽しみが何倍にもなるよ。」

 

<yume296がんたろう>さん

60代、音楽で食べられるようになりたい、と。

 

「夢を見るのに年齢は関係ない。

いまの年齢だからこそ、

表現できることがある。」

 

DSC_9976_2.jpg

DSC_9970_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、川島明さん

おたよりテーマは、「ひま」です。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190313.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月12日 (火)「恐ろしくて、髪を切れないんです。だから、長いんです。」


●おたよりテーマは…、

DSC_9808_2.jpg

「冒険!」

 

旅だけでなく、“冒険した服”、

“ゲームで冒険”などなど、

あなたの“冒険”エピソード、お待ちしてます!

 

●こそだてカフェ

DSC_9830_2.jpg

ご相談は、

「恥ずかしがり屋の4歳児の転園が心配です」

恥ずかしがり屋の、4歳のお姉ちゃん。

春から、幼稚園から保育園へ転園することに。

新しい環境に慣れるか不安…と。

 

このご相談には、玉川大学教育学部教授

大豆生田啓友さんにお答えいただきました。

DSC_9810_2.jpg

「園で子どもの様子を見ていると、

なじめない子はなじめないなりに、

お友達の近くにいて、

(どうしようかな…)って

考えてるんですよね。

あの人たちは、ほんとに

けなげにがんばってる(笑)

子どもには、親が心配している以上に、

自分で乗り越える力があるんです。」

 

お子さんを信頼しつつ、

親としてサポートできることは…、

 

園の先生との面談で、

心配事をきちんと伝えておくこと。

配慮をしてくれるので

それだけでもずいぶん違う、と。

 

DSC_9814_2.jpg

 

●朝の一曲

『i'm so tired...』(Lauv & Troye Sivan)

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、冒険家阿部雅龍さんです。

DSC_9833_2.jpg

北極探検3回、南米自転車縦断、

アマゾン川いかだ下り…。

人力による冒険距離は、2万kmを超える阿部さん。

 

普段は、浅草で人力車夫を

されているそうですが…?

 

「はい、トレーニングもかねて。

車だけで100kg、

お客さんを二人乗せると100kg、

合計200kg。

ブレーキがないので、

止まるときがいちばん大変です。」

 

ことし1月には、

日本人未踏ルート単独歩行で

南極点到達に成功

お一人で…?

 

「ええ。

単独、人力がテーマなので。

ただ…ことしは例年にない豪雪で、

体感気温は通常より寒い

マイナス35~40度。

1か月間、人に会わず、

生き物にも会わず、

景色も変わらず。

大変でした。」

 

南極点に立つと、どこを向いても北。

食糧はバターやナッツなどで、

食べ物ではなく“ガソリン”と

思っていらしたそうで。

 

今回の南極冒険の資金は、1,500万円。

南極点に立つまでに1,000万円。

なので、南極点に立っているのは

お金持ちか冒険家。

 

何度も死にかけている阿部さん。

いちばん“ヤバい”と思ったのは、

北極で氷が割れて海へ落ちたとき。

潮目に飲み込まれそうになるのを這い上がり

でも、止まると凍えて死ぬため、

氷の上で2時間走って、からだを温めて…。

 

南極点から帰ってこられたばかりですが、

ことし再び、南極点へ行かれるそうで。

 

今度は日本人初ではなく、世界初のルート。

100年前の先人が達成できなかったことに挑戦。

先人の遺志を継ぐ、と。

 

DSC_9852_2.jpg

DSC_9845_2.jpg

DSC_9858_2.jpg

応援したい方は、“人力チャレンジ応援部”で

検索してくださ~い!

 

●ひざウチ!ふにオチ!

今週のプレゼンターは、三遊亭粋歌さんです。

DSC_9859_2.jpg

テーマは、「地元グルメで町おこし」!

みなさん、“絶メシ”という言葉をご存じですか?

絶やしてしまうのが惜しい、絶品グルメのことで、

群馬県高崎市が名付けてPR。

認定されるのには、6つの条件があるそうで。

 

1.家族、もしくは少人数で営業している

 非チェーン店

2.昭和の空気を感じさせる歴史がある

3.後継者問題を抱えるか、抱えそうな店

4.この店でしか味わえない絶品料理や

 雰囲気がある

5.市民に愛されている

6.インターネットの検索に出てこない

 もしくは、あまり情報がない

 

何となく、想像つきましたでしょうか?

 

「“絶メシ”を紹介することで、

観光客が増えたそうですが、

真の目的は、(その店の)

後継者を探すことのようです。」

 

代表者の高齢化により、

休業・廃業に追い込まれることが多い

ローカルグルメ。

“絶メシ”の提案により、一筋の光が…?

 

DSC_9877_2.jpg

 

●ユー辞典

DSC_9884_2.jpg

お題は、「春」!

選ばれたのは…、

<ゆであずき>さん「フォークダンス」!

DSC_9888_2.jpg

朝は、より早くなりますけど?

 

明日のパーソナリティーは、ダイアモンド☆ユカイさん

おたよりテーマは、「待ち合わせ」

ゲストは、動物写真家岩合光昭さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190312_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時41分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月11日 (月)大切なものは、大切に。


●おたよりテーマは…、

DSC_9719_2.jpg

「大切なもの。」

 

宮沢さん、8年前のこの日は、

ワークショップの一環で、

都内をフィールドワークしていたそうで。

DSC_9726_2.jpg

「東京も、ものすごく揺れて、

ものが落ちたり、壊れたり。

そのときの僕たちの混乱を

そのまま舞台に取り入れました。」

 

東日本大震災から8年。

いま改めて感じる大切なもの、大切なこと。

みなさんの投稿、お待ちしてます。

 

●スポーツ自由形

テーマは、「サッカーJ1リーグ」!

サッカーライター清水英斗さん

電話をつないでお届けしました。

 

サッカーJ1リーグは、昨日で3節を終了

開幕前には、昨年度2連覇を達成した

川崎フロンターレに注目が集まりましたが…、

 

「唯一の3連勝は名古屋。

傾向として、昨季から大きな変化がない、

継続性の高いチームが上位にいますね。

川崎のように変更を加えたチームは

序盤はフィットしなくても

徐々にパフォーマンスは上がりますから。

順位表も変わるでしょうね。」

 

清水さんが注目しているのは、

サンペール、そして、大分の藤本憲明

久保健英は原石感がなくなり、

ものすごく成長している。

バルセロナへ行ってしまう前に

早めに見ておいて、と。

 

●朝の一曲

『My Favorite Things』

映画「サウンド・オブ・ミュージック」

オリジナルサウンドトラックより

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、音楽家高田漣さんです。

DSC_9770_2.jpg

お父さまはフォークシンガーの高田渡さん。

お父さまの影響で14歳でギターを始め、

17歳でデビュー。

 

現在は、アコースティックギターをはじめ

スティールギターやウクレレ、マンドリン、

フィドルなど、マルチ弦楽器奏者としてご活躍。

 

3月には、およそ1年半ぶりとなる

アルバム『FRESH』を発表されました。

 

「音楽的な趣味を、

とにかく詰め込みました。

カバーは3曲。はっぴえんど、

細野晴臣さんは、

いつかカバーしたいと

思っていたので。」

 

実は、宮沢さん。

高田渡さんの著書(編集は漣さん)、

『「マイフレンド」高田渡青春日記

1966-1968』の書評を担当されたそうで。

 

渡さんの没後10年に出版された本で、

内容は、高田渡さんが青春時代、

17~20歳の頃に書いた日記をまとめたもの。

本格的に音楽活動を始める前の心境や

日本のフォークシーン黎明期を感じさせる

文章が細かく綴られています。

 

「父は多くを語る人

ではなかったので、

本を読んではじめて

知ることがあったり。」

 

多彩な仕事をこなす、漣さん。

シティボーイズの舞台音楽をはじめ、

映画やドラマの劇伴、CM音楽、

ミュージシャンへの楽曲提供や

サウンドプロデュースなども。

 

渋谷の空に見えたダブルレインボーは、

漣さんが去るのと時を同じくして

去っていきました~。

 

DSC_9784_2.jpg

DSC_9754_2.jpg

生演奏も。『夢で逢えたら』と、

お父さまの曲『自転車に乗って』の2曲を。

DSC_9790_2.jpg

民放で放送中のドラマ「フルーツ宅配便」の

劇伴もやってます~。

 

●アフター311

きょうは、3月11日。

東日本大震災から8年がたちました。

今回は、「被災地は未来に向けて」と題して

被災地から中継でお伝えしました。

 

【Jヴィレッジ】

1997年、サッカーナショナルトレーニングの

施設として開設し、使用されてきましたが、

8年前の震災以降、東京電力福島第一原子力発電所の

事故の収束と廃炉に向けた作業の拠点に。

しかし、去年から大部分が再開し、

来月にはすべての施設がオープンします。

現状を、福島放送局の山田賢治アナウンサーが

お伝えしました。

 

【岩手県大槌町大槌駅】

東日本大震災の津波で流された三陸鉄道の

大槌駅が、ことし1月に新設されました。

駅舎の横には、宮沢賢治の詩が刻まれた石碑が

設置されます。

現状を、盛岡放送局の羽隅将一アナウンサーが

お伝えしました。

 

●文化のひととき

DSC_9795_2.jpg

テーマは、「マルチプレーヤー・細野晴臣」!

細野さんは、ことしデビュー50周年

最近では、日本アカデミー賞で、

最優秀音楽賞を受賞されました

(映画『万引き家族』で音楽を担当)。

DSC_9807_2.jpg

以前も細野さんを取り上げましたが、

今回は“プレーヤー”としての活動を。

DSC_9796_2.jpg

「すぐれたベーシストであることは

言うまでもないですが、

それ以外の楽器もこなす

マルチプレーヤーなんです。

マリンバに、スティールパン、

ハモンドオルガンに、三味線まで。」

 

先日、発表された最新アルバム

『HOCHONO HOUSE』は、

1973年に発表されたソロデュー作

『HOSONO HOUSE』をみずからリアレンジ、

新録したもの。

 

46年の成熟、

現代性を感じさせる、と。

 

DSC_9760_2.jpg

 

明日のパーソナリティーは、ユージさん

おたよりテーマは、「冒険」

ゲストは、冒険家阿部雅龍さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190311_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時37分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月08日 (金)来週の授賞式、どうするの?


●おたよりテーマは…、

DSC_9651_2.jpg

「お土産!」

 

源一郎さん、NHK放送文化賞の受賞、

おめでとうございます!

 

「いやあ、芥川賞もらうより

うれしいよ(笑)」

 

放送文化の向上に功績のあった人を表彰する賞で、

野村萬さんや近藤正臣さんほか、9人の方が受賞。

すっぴん!出演者では、大日向雅美さんも。

 

おたよりテーマは、「お土産」。

みなさんの投稿、お待ちしてます~。

 

●源ちゃんのゲンダイ国語

DSC_9654_2.jpg

テーマは、

「猫は何を考えているか知っていますか?」

取り上げたのは、

『猫語の教科書』(著・ポール・ギャリコ)

DSC_9663_2.jpg

主人公は、交通事故で母を亡くした生後6か月の猫。

1週間ほどの野外生活を経て、人間の家猫に。

この本は、その主人公が子猫、野良猫、

捨て猫、経験不足の若い猫のために

書いた…本です。

DSC_9661_2.jpg

「猫の観察によって、

人間がまる裸にされているね(笑)

僕らはどんなに近くにいても、

その人のことをよくしらない、

ということがある。

相手のことがわからないと、

自分のこともわからなくなる。

考えちゃうね。」

 

詳しくは、聴き逃しサービスでどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

 

●朝の一曲

『ジョニー・エンジェル』(シェリー・フェブレー)

 

●特別企画「帰ってきたMUSIC SCRAP」

ミュージックセレクターは、大友良英さんです!

DSC_9664_2.jpg

いだてん漬けの日々のなかでも、

海外イベントに参加したり、

ライブツアーをしたり、

恩師・高柳昌行さんの足跡を調べたり、

お忙しいかった大友さん。

 

3月には、『いだてん オリジナル・

サウンドトラック 前編』を発表。

 

「オープニング曲については、

去年の2月には、デモが完成していて。

1年くらいかけて調整して、

こんなに時間かけたのはじめて。」

 

さらには、『GEKIBAN1』も発表。

100以上の作品の音楽を担当したなかから

24曲をセレクト。すっぴん!のテーマ曲も

収録されています。

 

初めての劇伴は、映画『青い凧』。

作曲したのも、これがはじめて。

“楽譜の書き方”みたいな本を買って

いちから勉強して(笑)」

  

そして、大友さんといえば福島。

現在は、50年ほどつづいてきた

“わらじまつり”の改革にも携わっているそうで。

昔の楽器を使って、

いま風の音をつくっているとか。

 

新しい祭りのカタチ、楽しみですね。

 

DSC_9665_2.jpg

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_9672_2.jpg

「青森に、あの聖書で有名なキリストの

墓があるの、ご存じ?

その向かいにある土産物屋、

キリストップで土産を買いましたよ。」

 

テーマは、「する?しない?グレイヘア」!

白髪と黒髪が入り混じった状態を

“グレイヘア”と言うように。

 

アメリカの女性誌編集長による

脱・アンチエイジング宣言にはじまり、

去年は“グレイヘア”が流行語にノミネート、

40代で白髪染めをやめた近藤サトさんなど、

白髪に対する意識の変化があるようです。

 

「グレイヘアは、

白髪の量が30~50%を超えたら

考えてもいい頃だそうで。

白髪は人によって癖があるので、

やめどきや、グレイヘアの整え方など

美容院とじっくり相談することを

おすすめします。」

 

日本で、女性のグレイヘアが

定着するかどうかは…男性次第?

 

DSC_9667_2.jpg

DSC_9675_2.jpg

 

●高橋ヨシキのシネマストリップ

DSC_9696_2.jpg

取り上げたのは、

『マチネー 土曜の午後はキッスで始まる』!

キューバ危機まっただなかのフロリダの

映画館を舞台にした青春物語。

 

「B級映画が大好きな主人公の日常と

キューバ危機という歴史的出来事が

平行して進む。

ジョー・ダンテ監督の、

クラシックホラーやモンスター映画への

愛があふれていて、どのシーンも

ニコニコ見てしまう。

 

現実よりも、恐怖映画の方がマシ、と。

 

DSC_9702_2.jpg

DSC_9714_2.jpg

 

来週月曜のパーソナリティーは、宮沢章夫さん

おたよりテーマは、「大切なもの」

ゲストは、音楽家高田漣さんです。

 

それでは、また明日!

 

20190308_suppinsong.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時48分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

2019年03月07日 (木)ロボコン? ドラゴン?


●おたよりテーマは…、

DSC_9521_2.jpg

「0点!」

 

次回の朝ドラ『なつぞら』への

出演が決まった川島さん。

撮影の空き時間に食事をとろうと

食堂へ行ったところ…、

 

猛スピードでチキンステーキを

かきこんでいた藤井アナと遭遇

 

朝ドラ、たのしみですね。

 

みなさんの“0点”エピソード、

お待ちしてます~。

 

●日本一早い!大喜利コーナー

DSC_9567_2.jpg

お題は、

「カラオケの採点機能で

0点を出す意外な方法とは?」

DSC_9539_2.jpg

歌詞の語尾全てに「?でやんすね」とつけて歌う。

DSC_9576_2.jpg

「あなた」という歌詞を「あーた」に変える。

  

次回のお題は、

「カッパ中学校の卒業式で

ありがちなこととは?」

 

始球式は、気象予報士福田寛之さんです。

DSC_9595_2.jpg

「卒業証書は滝を登って校長先生にもらう。

クラスで一人は緊張で足を滑らせ流される。」

DSC_9591_2.jpg

卒業試験も、兼ねているのですね。 

 

●朝の一曲

『めくれたオレンジ』

(東京スカパラダイスオーケストラ)

「きょうのゲストにちなんで。」

 

●すっぴん!インタビュー

ゲストは、ミュージシャン田島貴男さんです。

DSC_9600_2.jpg

1991年、ORIGINAL LOVEでメジャーデビュー

2011年から、「ひとりソウルショウ」、

2013年から、「弾き語りツアー」など

ソロ活動も開始。自主企画ライブをはじめ、

精力的に新たな挑戦を続けて

いらっしゃいます。

 

「ソロは、“ひとり芸”ですよね。

その“ひとり芸”を学ぶために、

よく落語を聴きに行ってました。

ひとりで、一瞬で世界をつくるところとか

参考になりましたね。」

 

ORIGINAL LOVEとしては、

ことし2月、4年ぶり18枚目となるアルバム

『bless You!』を発表。

“ここへきて、やっとORIGINAL LOVE

らしいアルバムができた”と

思っていらっしゃるそうで。

 

「長い間、土台をつくってきて、

やっと家を建てられたという感じです。

アルバム制作中に、母親が亡くなった

こともあって、みなさんのいのちを

祝福するような曲を書きたくて。

PUNPEEくんとの共作は、

白熱して楽しかったです。」

 

生涯でいちばん聴いたアルバムは、

ビートルズの通称・ホワイトアルバム。

聴くたびに、自分の中で発見があるそうで。

 

歌うことは、“芸”だと思っている。

世界観をつくり、演出を考えるのも含めて

歌うこと。

 

『接吻』を歌うことは、

まだ完成していない、と。

 

DSC_9601_2.jpg

新作のジャケットは、田島さんの撮影!

 

●ひざウチ!ふにオチ!

プレゼンターは、春風亭正太郎さんです。

DSC_9604_2.jpg

「僕が、いちばん最初に買ったアルバムは、

ORIGINAL LOVEですよ。」

 

テーマは、「入浴剤の最新トレンド」!

ことしは、「想像つかない香り」の入浴剤が

トレンドのようで。

 

たとえば…、

 

“お気に入りの鏡の前で身支度するときの

高揚感あふれる清楚でピュアな香り”

“猫が好む香り”

“宇宙の香り”…などなど。

 

では、何をイメージした香りか

当てていただきましょうか。

DSC_9602_2.jpg

DSC_9611_2.jpg

「この水色のは…、柑橘系の香りに

何かまじったような…。

“みかんを食べ過ぎたおばあちゃんの

指の香り”?」

DSC_9633_2.jpg

「そんなネーミングじゃ、誰も買わないでしょ。

正解は、“寡黙で包容力のあるダンディ

(な男性)の香り”です。」

DSC_9630_2.jpg

一日の疲れに、最新の入浴剤はいかが?

 

●ギョーカイ大図鑑

テーマは、「プロレス」!

専門誌『週刊プロレス』湯沢直哉さん

お伺いしました。

DSC_9638_2.jpg

1955年に月刊誌として誕生し、83年から週刊化。

『週刊プロレス』になってから、

2000号という節目を迎えたそうで。 

DSC_9640_2.jpg

合わせて、ロゴを変更(「プ」の字に注目)。

DSC_9645_2.jpg

プロレス界は、新日本プロレスの一強時代。

下火になったこともあったけれど、

“やり続けた”ことが強さにつながったそうで。

女性に加えて、ちびっ子のファンも増加。

DSC_9646_2.jpg

プロレス業界がどうなろうとも、週プロは追い続ける。

めざせ、3000号、と。 

 

明日のパーソナリティーは、高橋源一郎さん

おたよりテーマは、「お土産」

ゲストは、音楽家大友良英さんです。

 

それでは、また明日!

 

suppinsong_20190307.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:07時37分 | カテゴリ:放送だより | 固定リンク

ページの一番上へ▲