番組ナビゲータ 伊藤 穰一 による解説 JOI's VIEW

Apollo Robbins

アポロ・ロビンス

The art of misdirection

注意をそらすテクニック

ON AIR

Alexa Meade

アレクサ・ミード

Your body is my canvas

あなたの体は私のキャンバス

ON AIR

人々をがんの検査へと向かわせる「技」

アポロ・ロビンスの手品のように人の注意を操る技、わかりましたか? あんなふうにみんなの前で楽しくだまされるのなら、やられている人も観ている人も笑っていられますが、自分のわからないところで勝手にやられてしまうのは気持ち悪いですね。

実は医療の分野で、こういった手法が検討されています。たとえばがんの検査です。ふつうの人たちは、なかなかがんの検査に行きません。でも、必要以上にオーバーにがんのリスクを説明されると、たいていの人は怖くなって検査を受けに行くようになるので、早期の発見・治療が可能になります。

医師がこのように誘導するのは、「倫理的に間違っている」、「嘘つきだ」と思いますか? それとも、結果的によいことだから、正しい行動だと思いますか? 医師の間でもいろいろ議論されていますが、みなさんはどう思いますか?

MITメディアラボ所長 伊藤穰一

視点を変えて現実を探ることの大切さ

アポロ・ロビンスとアレクサ・ミードのプレゼンテーションから、人間の脳は錯覚を起こしやすいことがわかります。われわれの脳は、注意を向けていることや、見ている視点によって、まわりで起きていることは見えていないのに、なんとなく理解していると錯覚してしまう傾向があるのです。

アポロとアレクサのプレゼンテーションは、「われわれの生活の中でも、視点を変えて現実を探ることの大切さ」を教えてくれたと思います。


DETAILS


TEDとは

世界を変える人々の、驚きの発想を
最高のプレゼンで!

アメリカのTEDから優れたアイデアをお届けします。

TEDは、価値のあるアイデアを世に広めることを目的とするアメリカの非営利団体。1984年の設立当初は、「技術」「エンターテインメント」「デザイン」の3つの分野からスピーカーを集めて会議を行っていた。その後、あらゆる分野における最先端の人々が集まる場へと発展。TEDトークと呼ばれるプレゼンテーションの動画を世界に無料配信して注目を集めている。スピーカーのリストには著名人がずらりと並び、wikipediaの創設者ジミー・ウェールズ、amazonの経営者ジェフ・ベゾス、U2のボノ、精神科医のオリバー・サックスなどの名前が含まれている。現在は、1年に1回行われる大会を中心に、世界各地に活動を広げている。

TEDオフィシャルサイト

TEDオフィシャルサイト
MEET THE CAST
Google+

次回のプレゼンテーション

  • 「バイオニック義足で
    走る!登る!踊る!」

    (アンコール放送)
  • ヒュー・ハー
    8月27日(水)放送
革新的な技術を使って、従来の
義足の概念を覆す研究者がいる。
MITメディアラボの
ヒュー・ハー准教授、49歳。
17歳の時、登山事故に遭い、
両足切断を余儀なくされたヒューは、
再び山に登るため自ら義足を開発。
現在は、モーターやセンサーで
制御された人工足関節など、
バイオニック義足の第一人者である。
番組ではボストンマラソンの
爆破テロ事件で左足を失った
女性ダンサーも登場。
「身体に障害がある人はいない。
技術に障害があるのだ」と語る
ヒューの熱い思いとその研究に迫る。
※放送時間は予告無く変更になる場合がございます。
詳しくは「最新の番組予定」をご覧ください。

トピックス

ツイート