Monica Lewinsky

モニカ・ルインスキー

The price of shame

恥辱の代償

ON AIR
JOI

モニカ・ルインスキー社会活動家

1973年、米サンフランシスコ生まれ。95年、オレゴン州ルイス&クラーク大学を卒業後、研修期間を経て、ホワイトハウス議会対策局の職員として採用。96年、アメリカ国防総省へ配属異動。98年、クリントン大統領(当時)に対して別の女性が起こしたセクハラ裁判の過程で、モニカとの不倫が発覚。現役のアメリカ大統領が弾劾裁判にかけられるという異例の事態に発展。裁判の結果、大統領は無罪となったが、モニカとの“不適切な関係”の一部始終がメディアで報じられ、モニカは誹謗中傷の標的となる。2005年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスへ留学。翌年、修士号取得。14年、アメリカの雑誌「Vanity Fair」に手記を寄稿。今年3月、長年の沈黙を破りTEDカンファレンスの舞台に登場。

モニカ・ルインスキーのプレゼンテーション動画はこちらからご覧いただけます。
詳しくはこちら

Monica Lewinsky and Jon Ronson on the “renaissance of public shaming”
モニカ・ルインスキーとジョン・ロンソンがネットいじめについて語る

ジャーナリストのジョン・ロンソンが、モニカ・ルインスキーに「なぜツイッターのアカウントを持つことを決意したのか」という興味深い質問をしました。(その内容は動画でご覧いただけます)多くの人にとって、ツイッターを始めることは大したことではありません。けれども、モニカにとっては、ツイッターにサインアップする、つまり、公の場で何かをすること自体が、思い切った行動なのです。

続きを読みたい方は、こちらから↓(英語のみ)

TEDブログへ
※NHKサイトを離れます


TEDとは

世界を変える人々の、驚きの発想を
最高のプレゼンで!

アメリカのTEDから優れたアイデアをお届けします。

TEDは、価値のあるアイデアを世に広めることを目的とするアメリカの非営利団体。1984年の設立当初は、「技術」「エンターテインメント」「デザイン」の3つの分野からスピーカーを集めて会議を行っていた。その後、あらゆる分野における最先端の人々が集まる場へと発展。TEDトークと呼ばれるプレゼンテーションの動画を世界に無料配信して注目を集めている。スピーカーのリストには著名人がずらりと並び、wikipediaの創設者ジミー・ウェールズ、amazonの経営者ジェフ・ベゾス、U2のボノ、脳神経科医のオリバー・サックスなどの名前が含まれている。現在は、1年に1回北米で行われる大会を中心に、世界各地に活動を広げている。

TEDオフィシャルサイト

TEDオフィシャルサイト
MEET THE CAST
Google+

次回のプレゼンテーション

  • 「“シェアリング”ビジネス
    成功の法則」
  • ロビン・チェイス
    6月3日(水)放送
3人の子どもを育てながら、
42歳でベンチャービジネスを
起こし成功した女性起業家、
ロビン・チェイスが登場!
車を個人で所有せず、
「カーシェアリング」するサービスを
全米に広め、その後も
都市交通システムを構築する
事業を次々に設立。
起業の理念は
「“ピアーズ”(利用者)を
信じること」。
ネットを活用し、
モノやサービスを利用者同士が
分け合って使う
“ピアーズ”ビジネスを
成功させる秘訣とは何か?
ビジネスパーソン必見のプレゼン!
※放送時間は予告無く変更になる場合がございます。
詳しくは「最新の番組予定」をご覧ください。

トピックス

ツイート