すイエんサー

sybonndamairasutozenhan.jpg
絵本の世界みたいに
シャボン玉の中に入れたら・・・
という夢をかなえちゃおう!

【準備】
①強いシャボン液の作り方
②大きなフレームの作り方
③大きなトレイの作り方

【本番】
シャボン玉の中に入ろう!

を紹介するよ!目指すのはこの形!
syabonndamanomokuhyou.jpg

【今回の達人】シャボン玉パフォーマー杉山兄弟
sugiyamakyoudai.jpg
左から、兄・弘之(ひろゆき)さんと弟・輝行(てるゆき)さん。シャボン玉の研究とショーを続けて50年以上になるシャボン玉のスペシャリスト!

【シャボン玉で遊ぶときの注意!】

  1. 道具を作るときやシャボン玉で遊ぶときは、子どもたちだけでやらずに、必ず大人がいっしょに、安全に十分に注意するようにお願いします。
  2. シャボン液に含まれる界面活性剤に過敏な方や心配のある方は、使用にご注意ください。肌が心配な方は必要に応じて、防水の手袋をしてください。
  3. ストローでシャボン玉を作るときは、まちがってシャボン液を吸ってしまわないように、ご注意ください。子どもが遊ぶ場合は特にお気をつけください。
  4. シャボン玉で遊ぶときは、ほかの人の迷惑にならない場所でやりましょう。
  5. ご自身で作ったシャボン液は、保存のための成分が入っていないため、その日のうちに使い切ってください。

 準備①強いシャボン液の作り方

<材料・道具>※今回のトレイサイズ用 およそ4.5リットル分

  • きれいに洗った大きめの入れ物(たらいなど)
  • きれいな水3リットル
  • 洗剤・液体せっけん150ミリリットル
  • 洗たくのり1.5リットル


!材料などに関する注意点!

  •  きれいな水(浄水器にかけた水道水・精製水・軟水ミネラルウォーターなど)・・・水の中に不純物が入っているとシャボン玉が割れやすくなります。そのため、浄水器で不純物を取り除いた水を使うのがおすすめです。また水を入れる容器もきれいに洗って、できるだけ不純物がシャボン液に入らないようにしてください。
  • 液体洗剤や液体せっけん・・・番組でいろいろとためしましたが、液体洗剤や液体せっけんの製品の違いによって割れにくさが大きく変わります。「台所洗剤」で裏面表示が「界面活性剤が30%以上」とある液体洗剤は割れにくい傾向がありました。しかし、界面活性剤以外の成分の影響もあるため、いろいろ試す必要があります。
  • 洗たくのり(PVAを含むもの。ホームセンターなどで購入できます)・・・番組でいろいろとためしましたが、洗たくのりはPVA入りで、裏面に弱酸性と表示されているものが大きなシャボン玉ができやすいようです。多くの洗剤が弱アルカリ性のため、混ぜたとき中性になると、ねばりけが出やすいためと考えられます。

 <作り方>

  1. きれいに洗った大き目の入れ物に、きれいな水3リットル、洗剤・液体せっけん150ミリリットル、洗たくのり1.5リットルを入れる。
  2. 泡立たないように混ぜる。
     syabonnekinotukurikata1.jpg


★強いシャボン液のポイントは「洗たくのり」!★
シャボン液にくわしい東京理科大学の川村教授によると、水と洗ざいだけで作った液は下にはやく落ちてしまうため、膜(まく)がすぐにうすくなってしまいます。すると穴があき、割れてしまうんです。
sentakunoridewarenaiwake.jpg

そこで、シャボン液に洗たく用ののりを混ぜます
洗たくのりにはPVA(ポリビニルアルコール)という成分が含まれていて、ねばりけがあります。(PVAが含まれていない洗たくのりもあります)だから洗たくのりをシャボン液に混ぜると、ねばりけが出て液が落ちるスピードがおそくなり、膜(まく)がうすくなるまでに時間がかかって割れにくくなるというワケ!
sentakunoridewarenaiwake2.jpg

※混ぜるとシャボン液が強くなると言われている材料は、ほかにもあります(ガムシロップ・ゼラチンなど)。番組で調べた限りでは、今回のように大きなシャボン玉を作る場合は洗たくのりがよいようです。

<補足情報>
特定の製品をおすすめするわけではありませんが、ご参考までに今回番組で使った、巨大シャボン玉用のシャボン液の材料は下記になります。この3つを泡立たないように混ぜて使用しました。

  1. 台所洗剤「LION CHARMY Magica 除菌+(ライオン チャーミーマジカ じょきんプラス)」150ミリリットル
  2.  洗たくのり 「大阪糊本舗 ハイ・クリーチ」 1.5リットル(販売価格は概ね100~200円程度)
  3. きれいな水 3リットル

準備②人が入れる大きなフレーム(シャボン液をつける輪っか)の作り方 
★長岡技術大学技術支援センター 宮 正光(みやまさみつ)さんの情報を元にアレンジ
https://www.mirai-kougaku.jp/laboratory/pages/191108.php

 <材料・道具>

  • フラフープ・・・直径80センチほどの大きさがおすすめ(直径60~90センチほどの、組み立て式のフラフープが100円ショップやインターネット等で販売されています)。フラフープの直径が大きい方が、シャボン玉の直径も大きくなって、中に入る人の体にシャボン膜がぶつからずにシャボン玉も割れにくくなりますが、これ以上大きいと持ち上げにくくなります。
  • 荷物用の取っ手(ホームセンターなどで購入できます)
  • 麻やポリエチレンなどのヒモ(ホームセンターなどで購入できます)
  • 包帯・・・80センチのフラフープの場合、市販の包帯(3~5メートル巻き)が4本ほど。

hure-muzukuridayo1.jpg

<作り方>

  1. フラフープにヒモで荷物用の取っ手をつける。
  2. 反対側にもうひとつつける。
    hure-muzukuridayo2.jpg

  3. フレーム全体に包帯を巻く。フラフープが見える場所がなくなるように均一に巻くのがポイント。巻きムラがあると割れやすくなるよ。
    hure-muzukuridayo3.jpg

★人が入れるフレームのポイントは「包帯」!★
包帯はシャボン液をたくさん吸収してため込むため、液がすぐになくならず、下に落ち続けていきます。だから大きなシャボン玉を作れるってワケなんです!
hure-muzukuridayo4.jpg
包帯以外にも毛糸などを巻いても同じような効果が得られますよ。


 準備③トレイ(シャボン液を入れる入れ物)を作る
★長岡技術大学技術支援センター 宮 正光(みやまさみつ)さんの情報を元にアレンジ
https://www.mirai-kougaku.jp/laboratory/pages/191108.php

<材料 ※いずれもホームセンターなどで購入できます>

  • ゴムホース(12メートルほど必要になります)
  • ビニールテープ
  • 防水シート大(180×180センチ以上あるものがおすすめです)・・・「防水シート大」はなくてもトレイは作れますが、一番下にしくと床がよごれにくくなり、後片づけがしやすくなります。ほかに大きな布(「防水シート小」と同じぐらいの大きさ)も用意すると、こぼれたシャボン液を吸ってくれて片づけが楽になります。
  • 防水シート小(180×180センチほどのものがおすすめです)
  • はさみ

toreiwotukurou2.jpg

 
<作り方>

  1. 「フラフープで作ったフレーム」の大きさを目安に、ホースで2種類の大きさの輪(フレームより「一回り大きな輪」と「一回り小さな輪」)を作る。ホースをはさみでカットし、つなぎ目をビニールテープでとめて輪にする。
    toreiwotukurou4.jpg

  2. 高さをだすために先ほどのホース2種類をもう1セット作り、それぞれ2つ重ねてビニールテープで固定する。
    toreiwotukurou5.jpg

  3. 床に「防水シート大」、その上に「布」をしく。※この「防水シート大」と「布」はなくてもトレイはできますが、後片づけが楽になります。
    toreiwotukurou6.jpg

  4. 「防水シート大」と「布」の上に、ホースで作った2種類の輪をドーナツ状に置く。
    toreiwotukurou7.jpg

  5. 4)の上に「防水シート小」をかぶせてくぼみを作る。
    toreiwotukurou9.jpg

  6. くぼみにシャボン液を注いだら完成!
    toreiwotukurou10.jpg

本番!シャボン玉の中に入ってみよう!
「準備①シャボン液」「準備②フレーム」「準備③トレイ」を使って大きなシャボン玉の中に入ることに挑戦!

  1. 「トレイ」に「シャボン液」を入れて、そこに「フレーム」をひたす。

  2. トレイの真ん中に、シャボン玉の中に入る人が座る。背が小さな子どもの場合は立っていてもOK。
    syabonndamanomokuhyou2.jpg
    ※中に入る人は、シャボン液が飛び散ったときにそなえて、雨がっぱを着て、長ぐつをはくのがおすすめです。必要に応じて防護メガネもしてください。

  3. フレームの取っ手を一人、もしくは二人で持って、勢いよく上げる。その際に、一番上まで上げたら、フレームを小きざみにゆらすことがポイント!うまくいけば、最初、筒状だったのがだんだんくびれていき、最後には上の部分が閉じて、ドーム型に!
    syabonndamanomokuhyou3.jpg
    syabonndamanomokuhyou4.jpg
    シャボン玉の中にスッポリと入れた!大成功!!!

★ドーム型にするポイントはフレームを「ゆらす」!★
液体が流れる仕組みにくわしい工学院大学の伊藤教授によると、「フレームをゆらすと、シャボン液がスムーズに下に落ちて膜(まく)が長持ちする。すると液体の性質から、自然に膜どうしが近づいてくびれてくる。つまり、膜を長持ちさせられれば上が閉じて最後にはドーム型のシャボン玉ができる!」っていうことなんだって!
syabonndamanomokuhyou5.jpg


おまけ
「包帯を使ったお手軽フレームの作り方」
otegaruhure-mu3.jpg

<材料>

  • 包帯(3~5メートル)1本
  • 針金製のハンガー 1本


<作り方>

  1.  針金のハンガーの枠を広げて丸くする。ハンガーのかける部分が持ち手になる。
    otegaruhure-mu.jpg
    ※とがっている針金の先を、折り返したり包帯をしっかり巻いたりするなどして、針金でケガをしないように十分に注意してください!

  2. 針金全体に包帯を均一に巻いて完成!
    otegaruhure-mu2.jpg

その他のワザ 人気者になるワザ これまでのワザ

固定リンク | コメント(8)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

包帯巻いたり液を揺らしたり色々特殊✌️

投稿者 : seikai

いろいろ楽しかったです

投稿者 : ASMR

質問なんですが、包帯の代わりに使っても良いものってありますか?

投稿者 : R

すごくたのしくできました。

投稿者 : のぶたりおな

こんなに詳しく、シャボン玉の作り方を教えて頂きありがとうございます。やってみたいです。

投稿者 : 俊久

面白い☺

投稿者 : エヴァ初号機

すごい!

投稿者 : さ一Σ

おもしろい!やりたい

投稿者 : woooooooooooooooooooooooooooooooow

コメントを書く

Page Top