すイエんサー

monburanirasuto.jpg
秋のスイーツモンブラン
栗(くり)のケーキなのに
栗を使わないのがすイエんサー!

栗のペーストに変身する材料は・・・
フライドポテト
牛乳
マシュマロ
の3つ!?
tukaunohakono3tu.png


 *すイエんサー流モンブランの材料*
(小さいサイズ、およそ4個分)

monburansuiennsa-ryuu.png

  • フライドポテト 50g(冷凍のものを調理したものでも、ファストフード店などで買ってきたポテトでも可)
  • マシュマロ   30g
  • 牛乳 (ポテト用)大さじ2 (マシュマロ用)適量
  • 土台(クッキー、ロールケーキ、カステラなどお好みで)
  • 生クリーム   適量 ※お好みで!
  • 粉砂糖     適量 ※お好みで!

さらに、ちょい足しで栗の味に近づく!!

  • プリン 1個のカラメルの部分(製菓用ココアパウダー少々でもOK)

 *すイエんサー流モンブランの作り方*

  1. フライドポテト50gに牛乳大さじ2を加え、軽く混ぜる。
    resipiiti.png

  2. ラップを牛乳とフライドポテトに密着させるようにかける。(密着させないとフライドポテトに牛乳がしみこみません。理由はレシピのあとで解説!)
    resipiitni.png

  3. 電子レンジで、500W3分間加熱した後、ラップをかけた状態で10分間置いておく。

  4. 別の器でマシュマロ30gと牛乳適量を500Wで1分加熱する。★この牛乳はマシュマロが少しだけひたるぐらいでOK。(※加熱したときにあふれないように少し大きめの器を使ってください)
    resipiitsyonnpng.png
    マシュマロが溶ける!溶ける理由の解説は、レシピの後で

  5. 【3】【4】の全てを混ぜたら(プリンやココアパウダーもここで入れてください)、“みそこし”でこす。★ポテトの種類や、調理によってはつぶしにくい場合もあります。こし終わっても固すぎる場合は、牛乳を適量加えてください。
    resipiitsann.png

  6. オーブンシートでしぼりを作る。しぼりの作り方はレシピの後で
    resipiitsyonnpngog.png

  7. 生クリームで高さをつけた土台(クッキーやロールケーキなど)の上に細くしぼる。好みで粉砂糖をかけたら完成!
    monnburannresipimakimaki.png


完成図がこちら♪
dodairo-ruke-kimonburan.png
dodaikukki-monburan.png
dodaikasuteramonburann.png


オーブンシートを使ったしぼりの作り方

o-bunnsi-todayo.png

  1. 長方形に切り取ったオーブンシートを、ななめに切る。切った紙の片方だけを使う。
    orikataiti.png

  2. 切った部分を下にして、三角の頂点に向かって垂直に線(図の赤点線)を引く。
    orikatani.png

  3. 紙の下(緑線)を真ん中の線(赤点線)にあわせ、くるくる~っと巻いていく。
    kruukurukururn.png
    飛び出している部分(青線の先のとがっているところ)を内側に折り込むとキレイにとまります。

  4. 上からモンブランペーストを入れ、先端を好みの細さになるように切ったら完成!

これを使うと字も書けちゃうよ
jigakakeruyo.png


【スタッフからの解説】

 ★牛乳とフライドポテトに密着させてラップをかけるのはナゼ?

今回、大変だったのが、牛乳をフライドポテト全体にしみこませること。牛乳の量を多くするとベチャベチャになっちゃう上に、牛乳がたくさんムダに・・・。
betyabetyadayo-n.png

そこで利用したのが「水の性質」!
東京理科大学の川村教授によると、水は広がろうとする力がとても強いんだって。

たとえば水の中に置物を置くとする。このとき置物が水につかっているのは途中まで。
mizuhakokomade.png

この上に、水と置物に密着するようにラップをかける。
rappuwokakeru.png

でも密着しているようで、実はこんな風に細いすきま(オレンジ色の部分)が。
mousaikangensyouni.png

すると水は広がっていこうとして、細いすき間を通って置物の上までのぼっていくんだ。これを「毛細管現象(もうさいかんげんしょう)」っていうんだって。
mousaikangensyoudsann.png

だからモンブラン作りでも、牛乳がラップとポテトとのすき間に広がって、少ない量でも全体にしみわたらせることが出来たってワケ!
mousaikannmonnburann.png 


★マシュマロが溶けるヒミツ

東京菓子専門学校の酒井先生によると、「マシュマロ」は、砂糖の入ったゼラチン溶液を泡立てて固めたもの。でもゼラチンは40℃以上になるとまた溶けるんだって!火で直接あぶると砂糖が入っているからこげやすい。そこで溶かしたいときはレンジでチンするのがオススメ!


 つくってみてね~!

monnburanndaiseikou.png

スイーツ これまでのワザ

固定リンク | コメント(2)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

可愛いモンブランだったな

投稿者 : 中辻快晴

味は想像以上、おいしかったです。悪天候の休日に子どもたちと楽しくおいしくいただきました。
ただ、フライドポテトをつぶすのがかなり大変でした。ゆでたじゃがいもだとダメですか?

投稿者 : やせがえる

コメントを書く

Page Top