すイエんサー

mitiira.jpg
未知の生物「すイエティ」が現れた!
なんとか写真に収めたいけど、
すイエティはデジカメやスマホが大嫌い。
だったら自分でカメラを作っちゃおう
※注:すイエティは番組の設定上の生物です

「ピンホール現象」についての解説は、コチラ


手作りカメラ(ピンホールカメラ)の作り方
*必要な道具*
dougu.png

  • お菓子の空き箱(光がもれないようにフタができるもの。おすすめは円筒のチップスの箱だけど、四角い箱でもOK)
  • アルミホイル
  • 墨汁(ツヤのない黒にするのが重要。「黒画用紙を貼る」「つや消し黒スプレー」でも代用できる)
  • カッター
  • 黒テープ
  • 黒マジック
  • 印画紙(※わずかな光でも反応してしまうので、印画紙を取り扱うときは暗室で作業しよう

*ピンホールカメラの作り方* 
用意した箱に余計な光が入らないかチェック。
pin1.png

②墨汁で箱とフタの内側を黒く塗る。
pipin2.png

③箱の中心を小さくくりぬく。
 ※目安として1辺1cm程度の小さな正方形。
pin3.png

アルミホイルの片面をマジックで黒く塗る。黒く塗った面が箱の内側になるように、アルミホイルを③の部分に貼り(アルミホイルを貼るときは、黒テープを使用)、アルミホイルに針で0.2mm0.4mm程度の穴を開ける。
pin4.png
↑写真では箱の外側に貼っているけど、内側に貼った方が、穴を開けるときに分かりやすい。
pinanan.png

⑤穴から光が入らないように、外側から黒テープでふさぐ。これがシャッター代わりになるので、穴の部分をふさぐテープは接着部分を合わせて箱にくっつかないようにする。※テープが薄いと光を十分にさえぎれないことがあるので、そのときはテープを二重にしよう。
pin5.png

⑥【暗室で】ピンホール穴と印画紙のオモテ面(ツルツルしている面)が向き合うように、箱に印画紙をセットし、ふたをする。
pin6.png
※筒状の箱ではテープを使わずにセットできるけど、四角い箱の場合はテープなど使って固定するのがおすすめ。その時も黒テープを使う。

 ピンホールカメラ完成!

撮影の仕方
①安定するところにカメラを置いて、撮影したいものに穴(ピンホール)を向ける。
pin7.png

②穴(ピンホール)をふさいでいる黒テープをはがす。
pin8.png

③動かず待つ!
pin9.png
※時間の目安
  晴れ・日なた :30秒~2分
  くもり・日陰 :3分~5分
  日中・室内  :10分~20分

④時間が来たら、また黒テープで穴をふさぐ。
※このあとは現像を行う暗室まで、テープをはがしたりフタを開けたりしないようにね!

*現像方法*
スタッフが東京都内の20店の写真店に問い合わせたところ、3店がピンホールカメラで撮影した印画紙を現像できると答えてくれました。現像を専門にしているお店で、白黒写真を取り扱っているお店だと、やってくれる可能性が高いです。

自分でやる場合はコチラ↓
※暗室での作業になります。東京都内だと数カ所、レンタル暗室もあります。取り扱う道具や時間によって料金は様々です。現像液などの薬品を用意してくれるところもあります。

  1. バットを4つ用意し、それぞれに現像液停止液クエン酸を水に溶かしたもの(水1リットルに対しクエン酸25g))定着液を入れておく。ピンセットもそれぞれの液体専用で用意しておく。※液は大きなカメラ屋さんなどで取り扱っています。
  2. ピンホールカメラから、撮影を行った印画紙を取り出す。※この時点では、印画紙には何も画が出ていない状態。
  3. 印画紙のオモテ面を下にして、まずは現像液につける。ピンセットで印画紙をたまに揺らしながら、50秒ほど経ったら裏返す。画が浮かびきったら、停止液の入ったバットにうつす。※画を浮かび上がらせるために現像液につける。
  4. 次は停止液につける。3と同じように、たまにピンセットで印画紙を揺らす。30秒~40秒経ったら、定着液の入ったバットにうつす。 ※放っておくと、どんどん黒くなってしまうため、黒くなるのを防ぐために停止液につける。
  5. 次は定着液につける。3,4と同じように、たまにピンセットで印画紙を揺らす。3分~5分経ったら、水の入ったバットにうつす。※3で浮かびあがった画を定着させるために定着液につける。
  6. もうこの時点で普通の電気はつけて大丈夫。可能ならば流水で、10分間につけておく。※印画紙に付着している、現像液などの余分な薬品を洗い流すために水につけておく。

現像完了!
pin10.png
しかしこの時点の画像は明暗(白黒)が反転している。これを「ネガ」というよ。明暗が元通りの写真(「ポジ」)に戻すにはもうひとガンバリ!

*ネガポジの反転方法*
【必要なもの】

  • 先ほど現像した印画紙(ネガ)
  • 新しい印画紙
  • ガラス板 ※アクリル板でも代用可
  • 60W程度のライト
  • 現像で使用した道具一式(現像液、停止液、定着液、水、バット4つ、ピンセット4つ)

※暗室での作業になります。

  1. 現像した印画紙(ネガ)のオモテ面と、新しい印画紙のオモテ面が向かい合うように重ね、新しい印画紙が下になるようにして置く。 
  2. 1の上にガラス板を重ねる。※重ねた印画紙同士が浮かないようにするためなので、画に影響しない場所でのテープ止めなどでもOK。
  3. 印画紙から1m程度離した場所にライトを置き、2秒~5秒程度ライトをつける。
  4. 新しい方の印画紙を現像していく。以下、手順は【現像方法】と同じ。

反転完了!
 poshi0.png
スマホもデジカメもないのに、
写真が撮れちゃった!大成功~!

カガクで遊ぼう これまでのワザ

固定リンク | コメント(2)

  • 友達にメールで知らせる

コメント

あんな材料でカメラが出来るなんてすごいと思います。私もたくさん作ってたくさん写真をとりたいです。いまかみにつくりかたをかいています。

投稿者 : わんこ

わたしもつくろうとしたのでわかりやすいつくりかたがわかってとてもよかったです

投稿者 : さとうすず

コメントを書く

Page Top