すイエんサー

yakiimo000.jpg

「やきいも屋さん のやきいも」って、ねっとりとした食感、香ばしいかおり、そしてとってもあまくておいしい!
おうちでは「石」で焼くことなんでできないし、、、

そこで「やきいも屋さんのやきいも」の再現を目指しました。

【作り方】
①サツマイモを塩水(水1リットルにつき塩7グラム)に1時間以上つける。
yakiimo008.jpg

②サツマイモをキッチンペーパーでくるみ、さらに上からラップをまく
yakiimo038.jpg
yakiimo016.jpg

③電子レンジの500ワットで2分(甘くなる65度~75度に一気に温度を上げる)
※時間は電子レンジの強さによって調節して下さい。

④解凍モード(約150ワット~200ワット)で20分
yakiimo018.jpg
(500ワットで2分+「解凍」で20分)

⑤バターとしょうゆをぬり、オーブントースターで4分焼く。
yakiimo045.jpg
yakiimo047.jpg
yakiimo050.jpg

できあがり!
yakiimo049.jpg

 
【解説】
石やきいも風のやきいもを作るポイントは3つです。
・塩水につける
・電子レンジの「解凍」モードを使う
・しょうゆとバター

<塩水につける理由>
あまいものに塩をふって食べると、よりあまく感じることがあります。
これは味の「対比効果」と呼ばれるもので、2種類の異なる味が混ざると、そのうちの一つの味が強く感じる効果です。
(スイカやお汁粉に塩を加えるのは、あまさを より引き立たせるため。またアメをなめた後にミカンが酸っぱく感じるのも味の対比効果のせいです。)


<解凍モードを使う理由>
低い温度で温められたイモは、中のデンプンがノリのようにねっとりした状態に変化します。
yakiimo012.jpg

そしてねっとりした状態から甘い成分が作られます。甘い成分が最もたくさん作られるのは、温度が65度から75度のときです。
yakiimo013.jpg

しかし電子レンジで(「解凍」を使わずに)長い時間温めると、中心の温度は一気に90度近くまで上がり、ねっとり甘くなる温度を超えてしまいます。
yakiimo014.jpg

そこで、
・まず初めに500ワットで2分加熱
→中心温度を70度近くにする

・その後「解凍」で20分加熱 
→70度近くの温度を維持したまま加熱を続けることができる。

<しょうゆとバター>
番組スタッフがさまざまな調味料の組み合わせを試したところ、バターとしょうゆをぬって焼くのが、最も「やきいも屋さん」のやきいもの香ばしさを再現できることがわかりました。

みなさんも試してみて下さいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(4) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

トラックバック

この記事へのトラックバックURL :
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/106642

コメント

ちょうどお芋があったので、作ってみました。
うちの電子レンジは解凍が170ワットで、10分ぐらいした時からラップがふくれてきましたが、破裂することもなく出来ました。
トースターの焼き芋コースで加熱するより美味しくできました。

投稿者 : ゆうこ

[ねっとり]で無く甘い,焼き芋は,出来ないでしょうか???

投稿者 : RAY

番組をみて何回か試しましたが、このやり方でねっとりする確率は50パーセントくらいでした。芋の大きさや太さで変わってくると思います。加減がわからないです。

投稿者 : ハル

番組を観てやってみたところ、家のレンジの具合なのか自分好みの良い感じにならず…試行錯誤の結果良い加減を見付けたのでシェアします。
レンジの中に小さいサイズの物を3個inして300ワットで5分、ひっくり返して10分、そのまま食べ頃温度まで放置したら良い感じのねっとり&ほっくりのお芋になりました!

毎週なにげに子どもらと観ていますが、「解凍モードでじっくり加熱」なんて、良い情報を教えてもらえて良かったー。

投稿者 : サツマイモだいえっと

コメントを書く

Page Top