すイエんサー

karepan00.jpg

あるパン屋さんでは、カレーパンを作るのにかかる時間は、なんと、のべ32時間13分!
そこで(そんなに長い時間かけるのは大変なので)もっと簡単にカレーパンを作る方法を探りました。パンやカレーを初めから作るのは大変なので、材料には「食パン」と「2日目のカレー(残り物のカレー)」を使います。

かかる時間はたった10分!(もちろん「できたてのカレー」を使ってもOKです。)

【材料】(カレーパン1個当たり)
・食パン:2枚(6枚切り または8枚切り)
 6枚切りのほうが食べ応えがありますが、作りやすいのは(くっつけやすいのは)8枚切りです。どちらにするかはお好みで。。。
・カレー:大さじ2(”2日目のカレー”(残り物のカレー)でよい)
・パン粉:適量
・卵:適量(1個の卵でカレーパン2~3個を作ることができます。)
・シナモン:小さじ1(カレー大さじ2に対して)

【作り方】
①カレーにシナモンを入れてよく混ぜる
karepan28.jpg

②パンをレモンの形に切る
切り取った残りのパンを細かくしパン粉として使うのがオススメ。
ふんわりおいしくでき、パンもムダになりません。
karepan33.jpg

③カレーをパンにのせる
パンからはみ出さないように、できるだけパンの真ん中に盛るのがオススメ。
karepan34.jpg

④パンの周りの部分に水をつけ、2枚のパンでカレーをはさみ、 周りをしっかりくっつける
パンに含まれるデンプンという成分が、水をつけるとベタベタになり、ノリのような役目をはたします。
karepan35.jpg
karepan23.jpg

⑤表面に卵をつける
油で揚げたときに、油がパンにしみこまなくなります。
karepan26.jpg

⑥パン粉をつける
材料の欄にもあるとおり、パンをレモンの形に切ったときの残り(細かくしたもの)を使うのがオススメ。
karepan27.jpg

⑦180度の油で片面1分ずつ揚げる
karepan29.jpg

完成!
karepan31.jpg

すイエんサーガールズが作るのにかかった時間は9分28秒!作った本人が驚くほど超おいしくできました!karepan30.jpg


【解説】
あるパン屋さんでは、カレーパン用のカレーには、カレールーを通常の3倍ほど入れます。
パンの甘さや油などのおかげで、普通のカレーの濃さでは、カレーの味が薄く感じてしまうからだそうです。

しかし、家庭で、しかも二日目のカレーを使う場合、味を濃くすることはできません。
そこで「味を濃く感じさせる」方法を探りました。

人の味の感じ方は、香りに大きく関わっていて、香りが強いと、味も強く感じるそうです。
(その理由は、まだよくわかっていません。)
番組スタッフが、さまざまな食材や調味料を試したところ、カレーの味をあまり変えず香りを強めることができたのが「シナモン」でした。

皆さんも試してみて下さいね。

これまでの放送

固定リンク | コメント(3) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

トラックバック

この記事へのトラックバックURL :
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/106182

コメント

早速、こどもと二人で作りました‼外はカリカリ!中は
ふわとろで、カレーパンを食べなかったこどもが食べてくれました‼感動です。2日目のカレーは無かったので、レトルトカレーを温めず、また、カレーがゆるかったので、食パンの真ん中をスプーンの背で押して少しくぼませて、カレーを乗せてこぼれないようにして、作りました。シナモンを入れることで風味アップ!
すイエんサーの出演者の方々とスタッフ皆さま、ありがとうございます❗

投稿者 : はるるんまむ

シナモンシュガーで代用してもいいかわからないです

投稿者 : (S.M)さん

これ辛くない!

投稿者 : 匿名

コメントを書く

  • みんなのギモン&ホウコク

カレンダー

2018年07月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Page Top