すイエんサー

2018年02月13日(火) 手押し相撲のワザ

teosi001.jpg

手押し相撲で強くなるための方法は2つです。
1)内また
2)下から押す

1)内また
teosi002.jpg

両足をまっすぐそろえて立つよりも、「萌え~」ポーズのように内またになったほうが、相手に押されても倒れにくくなります。どうして立ち方を変えるだけで倒れにくくなるのでしょうか。

両足をまっすぐそろえて立つと、下半身の関節は動きやすい状態になってしまいます。
teosi003.jpg

この時、相手に押されると、体が不安定な状態になりやすいので倒れやすくなります。
teosi004.jpg

一方、内またで立つと、太ももの内側にある筋肉に力が入ります。
teosi005.jpg

その筋肉は股関節とひざにつながっているため、関節にも力が入り下半身が動きにくくなります。
そのため相手に押されても、体がぶれることなく安定して踏ん張れるようになるのです。teosi006.jpg


2)下から押す

teosi007.jpg

まっすぐ押すよりも、下から上に向かって押し上げるようにすると、より強い力で押すことができます。
まっすぐに押している状態だと、使っているのは腕の力だけです。
teosi008.jpg

一方、下から上へ押すとひざを使い、足腰で上へ押し上げる力も加えることができます。だから、より大きな力で押すことができるのです。
teosi009.jpg
teosi010.jpg

さらに、3つのワザも伝授!
①「つっぱりすかし」
相手が押してきた瞬間、素早く手を引くことで、相手が勢いあまって前に倒れてしまう、という技。
teosi011.jpg
teosi012.jpg

②「福笑い」
変顔で笑わせ、相手の気がゆるんだ瞬間をねらう技。
teosi013.jpg
teosi014.jpg

③「振り子(ふりこ)うっちゃり」
まず押されて、よろめいたと見せかける。そしてすばやく相手の目の前へ顔を近づける。
teosi015.jpg

すると相手が驚き、体がのけぞる。そこをすかさず押せば小さい力で倒すことができる、という技。
teosi017.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

トラックバック

この記事へのトラックバックURL :
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/106038

コメント

コメントを書く

  • みんなのギモン&ホウコク

カレンダー

2018年07月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Page Top