(平泳ぎのラク~な泳ぎ方~足の動かし方~はこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/274619.html

“平泳ぎ初心者”のかたにオススメの泳ぎ方は、、、
手の動かし方は「逆ハート」
手と足の動きのタイミングは「すイ」「エん」「サー」

【手の動かし方は「逆ハート」】
正面から見て「逆ハート」の形になるように手を動かします。
まず、手をまっすぐのばし、すこしずつ広げ、胸のあたりまで動かします。

この間にひじを曲げ、水を後ろに押し出すようにかきます。
次に、わきをしめて、あごの前で手のひらを合わせ(できるだけ水の抵抗を小さくして)手をのばします。
hiraoyog300001.jpg

水中では、ひじはこんなふうに曲げます。(
前から見た様子)
こうして水を後ろに押し出します。hiraoyog300002.jpg

「逆ハート」で手を動かすと、息つぎがしやすくなります。逆ハートの形の「とがった部分 」から「ふくらんだ部分」までは、下方向に水を押し出すので、体が浮きやすくなります。
だからそのタイミングで顔を上げればラク~に息つぎができるのです。
hiraoyog300018.jpg
hiraoyog300003.jpg
hiraoyog300006.jpg

【手と足の動きのタイミングは「すイ」「エん」「サー」】
平泳ぎをラクに泳ぐためには、手と足を動かす タイミング が大切です。
特に初心者は、手と足をいっしょに動かしてしまいがちです。
hiraoyog300007.jpg

いっしょに動かすと、手で後ろに水に押し出しても、その水を足(のモモのところ)で受け止めることになり、なかなか前に進まなくなってしまうのです。
 hiraoyog300009.jpg

そこで水の抵抗を少なくするためのオススメの方法は、手と足を動かすタイミング を少しずらす、「すイ」「エん」「サー」のリズムです。
hiraoyog300010.jpg

●「すイ」:逆ハートの形に手を動かし、あごの前で手のひらを合わせます。(足は伸ばしたまま)
hiraoyog300011.jpg

●「エん」:手はそのままにして、ひざが直角になる程度に足を引きつけます。
hiraoyog300012.jpg

●「サー」:手をまっすぐのばし、同時に足裏キック。
hiraoyog300019.jpg

※さらにオススメするのは「サーーーー!」と のびた姿勢をキープ(3秒くらいが目安)。前に進むようになりますよ!
hiraoyog300017.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(7) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

トラックバック

この記事へのトラックバックURL :
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/100571

コメント

平泳ぎの息つぎの際、選手たちは高々と顔を上げています。抵抗が大きくなって不利のように思うのですが。11日のすいエンサーはそうでもないように見えるのですが。

投稿者 : (H.D)さん

一回目の足の動きが大変分かり易かったので、次回を楽しみにしてたのに再放送も見逃してしまいました。(~_~;)ホームページの画像では分かりづらいです。
是非もう一度放送していただきたいです。すいえんさーなので水曜日放送と思っていました。

投稿者 : ソナっち

息子と前週までみてたのですがこの回を見逃してしまいました。再放送お願いします!

投稿者 : よかった!

とっても、分かりやすいです

投稿者 : 匿名

平泳ぎができない主婦です。子供に平泳ぎを教えたくて前回分を録画してを見ていました!が、続きがあったとは!!
足の回がとてもわかりやすかったので、是非手の回も見たいです!

このページがあってよかったのですが、でも、やっぱり手足のタイミングなどわかりにくいので、
ぜひ再放送してほしいです!
よろしくお願いします!!

投稿者 : くろねこ

この番組を知ったのはつい最近。

平泳ぎ、難しい。。。

是非是非是非、再放送をお願いいたします!!!!

投稿者 : 匿名

できんよ〜

投稿者 : 匿名

コメントを書く