shabondama35.jpg
ポイントは次の3つです。
①「秘伝のシャボン玉液」を使う 
  作り方はこちら http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/koremade/245409.html
②フレームに布をまく
③フレームの形は三角
shabondama24.jpg
shabondama25.jpg


●フレームに布をまく理由
長いシャボン玉を作るためには、シャボン液がフレームからたっぷり流れる必要があります。
shabondama7.jpg
shabondama6.jpg
shabondama8.jpg
しかし、フレームが針金などのままでは、シャボン液がすぐに流れ落ちてしまいます。
そこで、フレームに包帯などの布をまくことで、シャボン液をしみこませることができるようになり、
長いシャボン玉を作ることができるのです。
shabondama9.jpg

●フレームの形を三角にする理由
フレームにしみこませたシャボン液が真横にスムーズに流れてくれればよいのですが、
実は、ジャマな流れができてしまっています。
(これを番組で「おじゃま流」と名付けています。)
shabondama13.jpg
shabondama14.jpg
shabondama15.jpg

「おじゃま流」は、シャボン液の膜を張ったフレームに光を当てると観察することができます。
shabondama16.jpg

フレームの上の部分から流れ落ちているシャボン液の流れが「おじゃま流」です。
(ほかの部分よりもたくさん流れていることがわかります)
shabondama17.jpg

なぜ「おじゃま流」ができてしまうのでしょうか。それはフレームの形のためです。
フレーム(にまきつけた布)にしみこんだシャボン液の多くは、フレームにそって下に流れていきます。
(図の矢印のように)
shabondama18.jpg

しかしまるいフレームの、もっとも上の部分にあるシャボン液は、
フレームにそって流れず、シャボン液の膜を流れてしまうのです。
shabondama19.jpg

これが「おじゃま流」となって、シャボン玉が長くなるのをジャマしてしまい、シャボン玉がわれてしまうのです。
shabondama20.jpg


では「おじゃま流」ができないようにするには、どうすればいいのかというと、、、
フレームを三角にすればよいのです。
shabondama21.jpg

光を当てて、シャボン液の流れを見てみると、、、
shabondama22.jpg

「おじゃま流」は見えません。
フレームが三角のときは、上の部分のシャボン液は、フレームにそって流れるので
「おじゃま流」ができないのです。
shabondama23.jpg

これまでの放送

固定リンク | コメント(6) | トラックバック(0)

  • 友達にメールで知らせる

トラックバック

この記事へのトラックバックURL :
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/88603

コメント

すごいです 僕も作ってみます

投稿者 : 匿名

すごく面白いです。
私もやりたくなりました。


                                                                    

投稿者 : すずやん

面白かったです。液体の流れ?の研究をしている先生がいらっしゃるのですね!もしよければその先生のお名前をもう一度伺いたいです(^-^)

投稿者 : 匿名

私も、やってみたいです!

投稿者 : りぼん


今回の番組制作にご協力いただいたのは、工学院大学工学部教授 伊藤慎一郎さんです。

投稿者 : staff t

とってもおもしろかったです
自主学習でしました

投稿者 : ナノ

コメントを書く